• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/10/14(Sat)

超ハードコースは紅葉真っ盛り

きっと明日は筋肉痛だよ!(急登は登りも下りもつらかった)


餓鬼岳はなかなかの山でしたよ。奥深いですね。


やっぱり単独では、きついコースでした。


沢に沿っていくので、足を踏み外せば、渓流に真っ逆さまだ。


マイナーなのか北アにしては人も少ないし。


逆を言えば、静かな渓流を堪能できるのだけどさ。


6時頃歩き始め山頂に着いたのが11時30分頃。そして下山が16時30分頃。


久しぶりにバテタ?!


20061014gakitake0089.jpg
山頂より

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reユージンさん

    登山道は沢歩きの所は梯子が横にくくりつけてあり(作道か)手すりもあるので高度感はあるものの、足を滑らしたりしなければ大丈夫だけれどね。沢場の土や岩が濡れていてそっちの方が神経使いました。急登のところもザレているのでね。60リットル以上のザックを担いでいくパーティ5人に逢いましたよ。テント泊OKでしょう。奥穂や北穂みたいな岩場というのはまったくありません。

  • 餓鬼岳の山レポみました

    やっぱ怖そうなところがたくさんあるみたいですね。
    ちょっと紅葉に見とれちゃったりしたら危ぶねーって感じ。
    こんなところでよく写真たくさん撮りましたね。

    たまたま持っている本「空撮登山ガイド槍・穂高・常念岳」に蝶ケ岳
    から燕岳・餓鬼岳~白沢コースが載っていたので、やまおんなサン
    のレポと一緒に見ていました。

    餓鬼岳小屋、テン場もあるみたいですね。
    私は日帰りとても無理そうなので、行くとしてもテン泊かな。
    でもテント装備で怖そうなところ歩けるのか心配ですね。

  • Reロビンちゃん

    餓鬼という名前に惹かれて登山者が増えているとのことでしたが、やはり人は少なく、北アでも異質の存在なのかも。
    体力勝負の山でした。
     
    長野は奥深い所ですよね。
    ロビンちゃんも週末は長野のお山だったんですね。
    ロビンちゃんのレポとっても楽しみですよ~。

  • お疲れ様でしたぁ~

    餓鬼岳 ちょっと前からこの名前がきになってたんですよね。
    なんか、峻険で岩場や崖続きの山であることから、
    崖(がけ)岳が転訛したという説もあるようなので
    CTもながけりゃ 道もてごわそうですもんね。
    さすが やまおんなさん 
    どんどん手の届かないところに言ってしまわれて・・・クスン
    なんちゃって

    ユージンさんとお二人には感謝v-398
    長野のいいとこ情報たっぷり教えてくれるもんね。
    レポ たのしみです

  • 今回参加したのはクラブ会員の中でもバリバリ山のぼら~の方達
    ばっかでしょう。やまおんなサンも含め。
    それで、休憩時間入れて10時間半の行動タイムで日帰り。
    登り、下りのハードさはわかりませんが、このメンバーでこの
    行動タイム、一般の山のぼら~からみて、かなり無茶ですよ。
    そりゃバテますよ。
    なのに、また明日どこか行くんですね。

    じゃあ、こちらもどこかに行くとしますか。天気もよさそうだし。
    レベルは全然違うけどね。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。