• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/09/06(Wed)

お天気だとこうも違うのか!

かなり濃密に山にいっていたので、うれしいことに、筋肉痛なんて久しく体験なかったが、


流石に、妙高の沢登り&急登にへこたれたのか、軽い筋肉痛がやってきたよ。


(あっ 翌日ですよ。ここは強調したいところだ!)


でもお天気だとこうも違うのかと頭にくるようなレポを見つけちゃいました。


しかも、私が行った翌日に! しかも同じコースだ!


でも、うれしいことに(ごめんなさ?い)筋肉痛ではしっかりお仲間だ。


http://gifu.view-japan.gr.jp/tozan/diary/060902.htm


 


やあ雨の運転は疲れますね、しかも明日もしっかり雨だよ。


バックうまくなりましたよ。  一番いやらしい場所は 砂利道のカーブをバックで登った先に、フェンスに囲まれた入り口がある(状況説明が下手だな)助手席側は1メートルくらいの落差あり(落ちたら大変だ)運転席側は山を削ってある。(どんなとこじゃ!って声が聞こえそう)


初日は悪戦苦闘。今日は拍手がもらいたいくらいバッチしだ。やったぜ!と思わず言ってしまった。


 

Home | Category : つぶやき |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • えっ フライング?

    だめだめ、ユージンさん!
    一回フライングしちゃうとさあ、過大解釈の幅がますます広がっちゃうもん。
    我慢してくださいよ。

    って、自分はしっかり登っていていうのもなんだけどね。

    山に行かない日に天気がよくなると、ものすごい後悔。
    そんな日は、逆にストレスになっちゃいますよね。
    わかるわかる。実感だ!
    基本的には土曜日は休みじゃあないんだけれど、明日お休みで、13日(休業日)出勤予定です。ラッキーですね。
    仕事は、いままでと違い、神経を張り巡らすというわけではないので、楽しんでいます(今のとこころはね)
    体力が要りますがね。(そこはほれ、やまおんなですから)
    で、明日は、やっぱやまおんなになりたいと思っていますよ。

  • Reロビンちゃん

    ロビンちゃんの応援
    超うれしいなあ。サンキュウね。
    しっかり火打のレポは見ましたよん。
    秋には火打にはいきたいと思っています。
    妙高はねえ・・パスかも。でもユージンさんも展望に恵まれず、リベンジを狙っているようですよ。


    足がつったときには、シンプルだけど、梅干がいいそうです。
    梅干飴でも。ポカリでもいいけど、単なる水に、梅干を何個か入れると、疲労回復、足がつらない、と 山学クラブで教えてもらいました。
    裏銀縦走には乾燥梅いっぱい持っていったけど、おかげで、ワシワシと歩けましたよ。カリウムがいいとか何とか・・・。
    奥穂もいいけど、北穂最高よ。
    秋の涸沢は恐ろしいけれど、北穂小屋はゆったりで最高でしたよ。

    ぜひお出かけくださいな。

  • 自然が相手だし、ある程度はガマンするしかないですね。
    人間側にもいろいろと制約あるし(体調とか、行ける日程とか)。
    私の初めてのアルプスも1泊2日で2日とも雨でした。

    やっと一週間終わりましたね。
    お疲れ様でした(明日仕事だったらごめんなさい)

    お疲れでも天気がよければお山に行く方が疲れ取れるかも(行くとは思いますが)。
    私の場合、体調悪い、疲れている→山に行かない→体調悪い→山に行かない・・・の悪循環になります。

    明日は天気まずまずのようですね。近くの山に少しフライングして登るか(無理はしませんよ)、まったりウォーキングか悩んでいます。

  • がんばれ! やまおんな!!
    って 東京の空から応援してますよーv-428

    遅レスですが
    火打・妙高は去年の7月にテント泊でいきました。
    開放的で優しい火打に比べ、なんだか樹林帯の狭い急斜の
    登りは男っぽい雑なイメージを受けましたが 
    頂上の景色は素晴らしかったです。
    黒沢池沿いの木道がとっても気持ちよかった記憶あります。
    でも遠いわぁ~  もっと近かったら紅葉v-34見に行くのになー

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。