• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2016/02/14(Sun)

白銀の世界

久々の更新です。
せっかくの休日
曇り予報でも晴れ間は広がり、おおむね晴れ!ラッキー🎶

でも、青空は真上だけで、周りの山々は雪雲にすっぽり包まれている、
こんな日々が続いておりました。

 天気の悪い展望のない雪山を、
              歩くだけでも楽しかったのはまだ若かりし頃。

ぬくぬく温泉でまったりの誘惑を振り切ってウォーキングに励んでおりました。
はい、我が家から長野駅まで歩いてちょうど1時間ってのも初めて知りました。

そして、、、チャンス到来
               もう、まるっきりの晴れ予報
    
         20160211happou (4)


          確かに行く手には青空ありますけど・・・・上空は暗い雲に覆われています。

           でも、こんな時は天気予報を信用して
                                   白馬村にGo!! 




  ゴンドラ、リフトを乗り継ぎやって来た八方池山荘には、スキーヤーのコース外への立ち入り禁止看板

   それでも多くのスキーヤーやボーダーが登っていきます。 


    20160211happou (8)


   20160211happou (56) 


    丸山ピーク辺りは雪煙が上がっています。

    穏やかな風のない日ですが、上は厳しいのでしょう。

          20160211happou (16) 



    左から雨飾山、焼山の噴煙も見えます。

    そして火打山、妙高、高妻と連なる山々は北アルプスとは違った優しさを見せてくれます。

         20160211happou (11) 

   目の前には華麗な衣装をまとった五竜岳 美しいです。

         20160211happou (21) 

  
   黄砂が来る前の白い白い姿で透明感さえ漂わせている。
 
   飛行機の航路になっているようで、

   鹿島槍ヶ岳の双耳峰を飛行機雲で橋渡しだわ。

       20160211happou (24) 

    風紋がこの尾根の風の強さを物語っています。

      20160211happou (38) 



      鋭く天を刺すが如き不帰の剣と、艶やかな肌のこの斜面の対比が好きです。



    20160211happou (63) 

 五竜岳から裾を曳くような遠見尾根の奥は南アルプスだろうか

   20160211happou (61)
    

  覆いかぶさる壁のような迫力で迫って来る

   20160211happou (81)

   太陽の位置が雪肌のコントラストを変えて飽きさせない

  20160211happou (85)



  20160211happou (92)



   今年もこの絶景を楽しめたことに感謝

   やっぱり八方尾根はすごいところです(^^♪  


        そして、♨に入りながらまた雪山を眺め、2度楽しめちゃうのも白馬村のすごいところです。

   
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reロビンちゃん

    長野にいても、天気と休みって、なかなかマッチしないもんねぇ。。。
    山を降りてきて、露天風呂から眺めるのもおつなもんです、おいでなさいませv-410

  • No Title

    今シーズン こんな雪で真っ白な山々みてないっす。
    いいよねー やっぱいいよねー
    真っ白な世界なのに ベタ白でなく ちゃんと
    山々の重なりやヒダがくっきりとわかる。
    みたいわー じっくりみたいわ 暖かな無風の状態の中で(爆

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。