• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2013/05/21(Tue)

白馬八方尾根をゆるりと

前日、仕事を速攻でこなし、駅に監督&エミさんを迎えに。。

仕事が遅くなった場合にそなえ、鍵の場所を教えておいたが、セーフだった


当初の予定では燕岳を目指すつもりだったが、


山頂で一緒に生ビールをとのK林さん親子には悪いけれど

ピッケル無し、6本爪アイゼンでは危険という監督の判断の下、行先変更。


ちょっと,風邪っぽいかも、と、自粛気味のエミさんをよそに

監督とモルツから真澄の冷酒に切り替え話は弾む。。

そりゃ、弾むわよ、4月にエミさんとは会っているが、忙しい監督とは久しぶりなんであります5月5日



 芽吹き始めた唐松を下に眺めながらゴンドラで一気に高度を稼ぐ


 しかし、監督が高所恐怖症だってことすっかり忘れていたわ(栂池でも食う寝るさんと二人ソワソワだったわよね)

 

                    20130505八方尾根 (2)

      ついつい、 滑車とワイヤーに目が行ってしまう監督を乗せ瞬く間に雪の世界に導かれるのでした。







もうそこは鹿島鑓ヶ岳、五竜岳をまじかに見られる大展望地 

いつ眺めても惚れ惚れだわ



ここからだと、

遠見尾根の向うに鹿島が奥ゆかしく佇んでいる感じが謙虚

でも、本当は私が主役なのよね! と言わんばかりの感じね。


  20130505八方尾根 (15)-001

 

  4年前食う寝るさんと共にここにやってきたときは、強風で小屋が一晩中揺れ続けていたっけ

   耐風姿勢で風をやり過ごす監督たちだった。
 
  これはこれで楽しかったわね~


            2009042627happou0084[1]
  
    時には鋭い牙で襲いかかる此処だけれど

    今日は風もなく、気持ちの良い青空が広がっているっていうか暑いくらい
 
     もう、どんどん脱ぎます。

   

  20130505八方尾根 (13)-001



                            この広大な解放感がたまらない
  20130505八方尾根 (22)





  下の樺も冬道を気持ちよく進みます
   20130505八方尾根 (25)


そして、迎えた急登(上から撮るといまいちの斜面にしか見えませんが)

ここで、エミさんの想像力が感極まった!

             そう! そうなんです!




下りのことを考えてしまったエミさんの体が固まった

6月のここを花魁歩きで恐る恐る下った恐怖が蘇ったのでしょうか。


思えばJJツアーでの飯綱山でも、あの激下りで急に無口になったっけ・・・・

樹林帯や岩場の下りは平気でスッタカなのに、ね。

   20130505八方尾根 (27)
   

今日は、のんびりまったり山行よ~♪

コーヒーを飲んで、展望を楽しみましょ♪


   20130505八方尾根 (39)




   20130505八方尾根 (32)



と、、、、

私には信じられん夫婦の会話が始まった。

お二人の名誉のため会話は省略ですが


どうやら自分のゴーグルをお互いになんか。。。

         ピッタリこない、ゆるすぎるわ~とか、

         たしか空気が抜けるはずだのに、へんだわ~とか

         なんか、きつい~とか

         ・・・・・・・とか、・・・・・・・・とか


              あんだけ長い間装着していたのに!

            目の前に自分のゴーグルがあるのに!


                 なんで?
                  他人から見たら こんなにも見た目が違うゴーグルなのに!
      
        

                  やっぱり、夫婦ってわかりません。。。。。。。。。。。。。。。



下りは時にはエミさんに、

腰を落として!ここで、こけても濡れるだけ、ケガはしないわよ~!

とかちょっぴり えらそーに言う私だった。

20130505八方尾根 (41) 




小屋前のリフト乗り場からは、私が落っこちた時と同じクレパスが見えた。

  20130505八方尾根 (54)



麓はカタクリが咲き、桜も満開のぽかぽかしたほのぼのさ。


         
 

             20130505八方尾根 (56)



さぁ、温泉でまたまた癒されて、、

今宵も楽しく酔いしれましょね♪





追伸


翌日は趣を変え、
新緑の里山をこれまたのんびり楽しみ
麓の温泉をも楽しみ、
小布施散策の後は豆腐料理のフルコースをも楽しむという


本当にまったりした、まさにGWな休日でした。

ただし、前夜、メモリーカードをPCに入れ余韻を楽しんだまま・・・・・・・ゆえ、
雁田山の写真は1枚もありません(-_-;)

                         楽しい時をくれたお二人に感謝         
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment9  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    そっか その問題か。

    監督のいう事はもっともで、よーくわかるんだな。
    でも相方さんの気持ちもなんかわかるんだな(笑
    なんとなくの自分の感覚を信じて動くこと。
    そりゃー もちろん無理はしないんだけどね、
    まぁ 石橋を常にたたきながら渡るんですわ。
    あっ コレは私のことかな。
    でも、そんな風に助言してくれる監督がそばにいてくれるから
    相方さんも安心だし、逆に自由奔放になるのかもね えへへ
    よくできた ごふーふ ^^

  • >ろびさん

    「アイゼン、ピッケル事件」ではなく、「アイゼン、ピッケル問題」と言うてますがな。すなわち、アイゼン、ピッケルが必携かどうかという問題です。燕山荘が何と言おうと、本人が状況を承知の上でうまくやれる自信があり自己責任で行くならそれはそれでよいとは思います。しかし「ベテランの方が誘ってくれたから多分大丈夫な筈だ」みたいな思い込み程度ではこころもとないです。ネット等でいろいろ調べると、あの日の状況程度であれば軽アイゼン、ストックでも十中八九は大丈夫だろうと思いましたが、相方が残りの一のリスクに対処できる能力があるかは疑問です。仮にうまく行ったとして、それはそれで変な自信をつけて増長慢に陥ると今後なお始末に悪くなりますし。加入している保険も軽登山対応で、このような場合では多分事故対応を拒否されます。以上を踏まえてクミさんにご相談して、折角のプランを変更していただいたのでした。

  • No Title

    ゴーグル事件はなんとなく解ったけど
    アイゼン、ピッケル事件は謎だ。
    早く解明を頼む。 もちろん某女子が見ていない間に

  • Re監督

    いえいえ、出遅れてませんよ~
    なんたってこのごろはのんびりまったりでして、更新ものんびりですから・・・・・(笑

    ふ~ん、こんこんと言って聞かせたのですか、、、
    監督のセリフは説得力あるからなぁv-17

    でも、おかげでのんびりとした心地よい山行でした。
    1か月後にはもう雪割草が咲き始めてましたよ。

    って、のんびりモードにはまりまくっています。。。

  • おんやまあ。

    すっかり出遅れまくりました、ごめんなさい。
    えー、あのゴーグル間違い事件ね、もうすっかり忘れてたのに生々しく思い出しました。
    アイゼン、ピッケル問題は今回こんこんと言って聴かせて本人も納得してました。あの丸山の手前で引き返したくらいですから、やはりちょっと無理があったと思いますよ。なんにしても結果的にこちらは大満足の連休でした。ニタニタと反芻しつつ、あらため御礼申しあげます。

  • ReK林さん

    絶景を見ながら生3杯ですか!
    それも、また捨てがたいですね~。

    装備に不安を抱えての山行は辞めましょってことでして、
    どこで引き返しても、それなりな八方尾根を選んでみました。
    これはこれで、正解でしたw。

    あのゴーグルはどうやら4年ぶりにギラギラ太陽の下で活躍したようですよ。。。。
    今度は何時になるんかな(笑

  • K林@一休み

    燕山荘の公式見解は12本アイゼン+ピッケルなんで、監督は正しいですね。とはいえ、6本+ストックもいましたけど…
    ということでU太と二人で生3杯(計6杯)でしたぁ!
    (で、その二人の会話気になりますなぁ…)

  • Reロビンちゃん

    胸は快復しましたか。
    暑くなると、胸コルは大変そうだからね~

    そうかぁ・・・。
    夫婦愛だったのか。。。
    まだまだ私も未熟ですな。。。

  • No Title

    確かに監督のご意見 ナットク候
    燕もいいけど八方のすっきりした大展望
    みれてよかったやんね。
    しかし・・・夫婦とは・・・?
    お互い認めてないかもだけど、よー似てまんがな
    それか お互い愛する相手のゴーグルを身につけたかったのか?

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。