• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/10/07(Sun)

2012.9.22餓鬼岳

暑い暑い夏も過ぎ去り、すっかり秋モードです。

なんか、ビールでようやっと夏を乗り切りった感ですが(笑

不思議なもので、涼しくなると共に食欲も戻ってくるからあら、不思議。

夏野菜のなごりと、秋野菜がこれまたおいしいのですわ。


9月といえども、まだまだ暑さは峠を越えていなかった

そんな暑さの残る9月22日
 

余裕の気分で朝になってパッキングをし(小屋泊まりゆえ、楽チン)

家を出たのは7時30分← のんびり過ぎだよな自分


普段連休の取れない私だけれど、お盆以来久々の連休になった。

しかし、世の中的には

たとえ土曜日が赤くなっていても普通の連休でしかなく、

しかも、3連休の後の普通の土、日だし、、、

以外と静かな山歩きができるかも・・・・

といっても、餓鬼岳は北アにありながら、もともと静かなんですが。

日曜日は予報だけど、

なかなか実現しなかった燕岳へのルートに期待を込めて

9時白沢登山口の駐車場着

連休前の忙しさゆえ眼が醒めたのが5時半

北アの日帰りなら、この時点で山行きを諦めるが、

今日はお泊りだからいいもんね。。。


9:15   993mの白沢登山口 ここから1600m余を登りあげる。

  雲間のわずかな青空に期待

               さぁ~、いくぞー

と気合をいれる なんたって行程は長いからね。


常念岳では暑さにやられたが、今日はいくぶん涼しくなっている、、はずだ。

    201292223gaki0001.jpg    201292223gaki0003.jpg


そんなに高度はないが、手すりがなかったら、スリル感たっぷりの橋をまず渡る

       201292223gaki0004.jpg



あっちに渡ったり、こっちに渡ったりとにぎやかだ

       201292223gaki0007.jpg


梯子もすっかり周りの景色に融けこんでいて、違和感無しだ(笑


       201292223gaki0010.jpg



                   君にあえてよかった~ ついくちずさんでしまう

      

                   201292223gaki0006.jpg

                 ミヤマダイモンジソウのこの花弁の自由奔放さがすき



しかし、登山道は険しさを増し、気の抜けないところのオンパレード

これでもか、これでもかと次々とあらわれる

      草木を守るための水平道にあらず、

      梢の間から右手ずっと下に

      岩の上を、音を立て流れる様がチラチラと見え、
 
      このチラチラがより一層の高度感を煽る
 
      滑りそうな梯子のつい左側に体を寄せてしまう


      こんなところで下山者とは絶対に遭遇したくない!


      どっちが戻るか、睨みあいになったらどうしよう!

       201292223gaki0012.jpg

       ここは、左側がスッパリ!

       201292223gaki0016.jpg




      別に、私は沢登りの趣味はないんだけれど、、、

       と思いつつ沢の中に下りてきた。


      ここで、10人近くの団体さんと擦れ違う。

      ここで、本当によかったわ~。


      
      正面にゴウゴウと流れるは魚止ノ滝


      で、どこに登山道が?
      201292223gaki0017.jpg

       左隅に曲がっているボルト状のもの、おわかりでしょうか(拡大すると瞭然ですが)

      左側のわずかに切れているところが道か?

      滝の前を左に登りあげると、また梯子だ

        そして、沢に下る梯子、でも登山道は?
    



  201292223gaki0020.jpg    201292223gaki0022_20121002091101.jpg


下りてきた梯子を振り返る

左の梯子は鉄製だが、頼りなさそうな針金で縛ってあるだけでして、動くんです!

正直3回目なんだけど、、、やっぱりビビリまする。

そして、下の梯子まで移動する箇所も、ジメジメしているから、ツルッといきそうだ。



       201292223gaki0024.jpg


沢の奥に梯子発見!
ってことは、沢の中を歩けってことなのね、フムフム

沢ゆえ、かなり崩落しているようで、前回とは全く異なった展開になっていた。
  
       201292223gaki0025.jpg


まるで、梯子の旅だわ

      201292223gaki0026.jpg


11:00 最後の橋を渡って 最終水場1500m

     なかなかに中身の濃い2時間だったが
    
     餓鬼までまだ4時間30分もある

             201292223gaki0029.jpg




ここからは徐々に沢から別れ、登りあげる 、まさに登りあげる。

鍬の峰の向こうに黄色の田んぼが輝いている、大町かな。

    201292223gaki0035.jpg


板状になった一枚岩を見上げながら、幅30センチほどの道をすり抜ける


    201292223gaki0036.jpg


笹の道をつづら折に登り上げ、ようやく2079mの大凪山(展望はまったくありません)

ここで初めて登山者に会う。

まあね、出発が9時過ぎじゃね(笑

テント装備の彼はかなりへばっていた。

「女性は強いっすね~」

わかるわかる、私もテントデビューが餓鬼だったからね。

どうして、こんなマニアックな山でテントデビューしたのか自分に聞きたいくらいだ。

今は根性・気迫・体力共に軟弱だもんな。。。

              201292223gaki0038.jpg

ここからしばらくは小さなアップダウンを繰り返しつつも

コメツガの樹林帯を行く
  
    201292223gaki0041.jpg


ウ~ン、ガスで餓鬼が見えないぞ~

   201292223gaki0042.jpg


このところの疲れで、心が癒されたがっていたのか、

実は餓鬼に行くのをやめて、

八ツのしっとりとした道をのんびり歩いて

しらびそ小屋に行こうか迷ったんですが



この辺りで、プチ八ツ気分を味わおう・・・

ちょっと無理があるが、これで良しとしようね、、、、と言い聞かせる。

ここのアップダウンがかなり長く感じられますわ。

途中、いっぷくしている登山者に

「やっぱり、餓鬼はきついっすね」と声をかけたら

「もうすぐですよ」
と、のんびりした余裕の声が返ってきた。

この地点で、もうすぐ!? 

ウ~ン・・・・まあね、主観の問題でもあるからね

とも思ってやり過ごしたんですが


   201292223gaki0043.jpg


向いの山肌も急峻で、餓鬼=崖岳だということを今更ながらに実感

   201292223gaki0044.jpg

      
コメツガからダケカンバに変わり百曲がりにやって来た。

見上げるカンバはわずかに色付き秋が静かに始まっていた。

さあ、最後の急登だ!


   201292223gaki0053.jpg


ここまでに、何人かの登山者を抜いてきたが、

後ろから、バサッ、バサッとなにやら鎌で草を刈る如き音が付いてくる・・・・。


15:25

  201292223gaki0060.jpg  201292223gaki0061.jpg


なんと、あの余裕をかましていたのは、

小屋番もしくはオーナーの方だったらしく、裏口から入って行った。


古い佇まいのなんとも魅力的な小屋です。

受付を済ませ、ダウンを着込み600円のビールを片手に小屋から5分ほどの山頂に向う。



   201292223gaki0062.jpg


唐沢岳に向う稜線が懐かしさを伴って伸びていた。



   201292223gaki0064.jpg


ガスが渦巻き、わずかに野口五郎岳らしき稜線が霞んで見える。

  201292223gaki0065.jpg


ガスの向こうは水晶、鷲羽だろうかとビールを共に想像を膨らませる



 201292223gaki0069.jpg


明日はあそこの稜線を歩けるぞ♪

燕岳へ続く稜線がなんとも魅力的

 201292223gaki0072.jpg


真下に見える小屋は樹林帯にガードされているようね。



    201292223gaki0073.jpg


肌寒くなってきた 、小屋に戻ろう。

小屋の薪ストーブがうれしい。

振り返ってみたら、今年初の山小屋泊まりだった。

今年はなかなか連休も取れず、天気にもやられ、縦走が出来なかった。。。

別棟からの人たちも来て、夕食は和気あいあい。

チラシ寿司の夕食が定番だが、秋はおでんに替わっていた。

おぎのやの峠の釜飯 再利用の中はおでん、そして炊き込みご飯



   201292223gaki0075.jpg


部屋はひとつなので、夕食後お兄さんが布団を敷くのを見習い、

後はみんなで修学旅行気分で枕をポイポイ投げ、瞬く間に布団が敷き詰められた。



                  201292223gaki0076.jpg


明日の天気予報は曇りから雨の確率70%に変わっていた。
夜半トタン板を打つ雨音で何回か目を醒ます。


夕食、朝食共に5時
朝も、たたき起こされるから、寝坊はできません。

雨はますます強く、みんなでどうしようか・・・・。

唐沢岳狙いの人、燕岳を目指す人、白沢に下る人とそれぞれの楽しみがあったのだが。。。

燕岳への稜線にも岩場が続く難所あり、雨はともかく、稜線での風が恐い。

白沢に下る登山道も険しく、沢の状態が心配。。。

小屋番さんの、

      「このくらいの雨なら、まだ沢は大丈夫ですよ」


  
下るにも決心が要るのですわ



                   201292223gaki00708.jpg


    昨日の澄んだ水から、茶色く濁り 水かさも増した沢をようやっと抜け

    登山口に着いた時は、本当にホッとした。

濡れた体は冷え切り、ヒーターを入れ、温泉でじわ~と温まる。

翌日、普段の山行きでは考えられないような箇所が筋肉痛になっていた。

やっぱり、緊張して、体の方々に力が入っていたのだろう。。。


                    燕岳への縦走はまた持ち越しだな
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reロビンちゃん

    ほんと、今年の夏に行けなくて残念でした!

    そう、本当にこれ以上メリハリのある山はそうそうないよね。
    >ツウな登山者が集まりそうで 小屋もよさそう^

    ソロの若い女性二人がそれぞれ唐沢狙いだったのよ、これにもビックシ!
    で、ソロの女性も何人かいて、、、
    女のすごさ、強さをつくづく実感でしたv-411
    よ~し、来年はしっかり縦走だね♪

  • ReK林さん

    ハハハ、私だって、いやですよ!
    ここは、やっぱり登りに限りますわ。
    でも、東沢はもっといやだわ。
    なんかね、忘れた頃にまた行きたくなるんですよね。

  • No Title

    よっしゃ よっしゃ 持越したまえ(爆

    >気の抜けないところのオンパレード
    このオンパレードがあるからこそ 気づかないうちに
    1600m登れちゃうんじゃなかろーか
    いいね いいね 面白そうだね。
    ツウな登山者が集まりそうで 小屋もよさそう^^
    来年は是非!!

  • 雨の餓鬼…

    やっぱり雨の中戻ったんですね?
    個人的には、晴れててもあそこ下るのイヤ!
    とはいえ、東沢となると不確定要素が多すぎますしねぇ…
    うーん、とにかくご無事で何より!

  • Re木曽駒さん

    御嶽山行けなくて、本当に残念でした。
    北アでも初冠雪でしたが、御嶽山も雪だったんですね!
    その場に居合わせたかったですよ~。
    餓鬼は、よーし、行くぞって気合を入れてから行きます。
    気迫負けしないようにね。
    それなりだけど、それなりに整備されてます(笑
    だって、整備も命がけって感じですもん。
    でも、隊長&木曽駒さんなら絶対行けますよ~v-411
    北アの表舞台の山にはない魅力が惹きつけるのかしら。
    あの~、、、
    テン泊デビューはテント買った嬉しさに、とち狂ったとしか・・・・
    あっ、トチさんに会いたくなってしまったわ。。
    登山道に栃の実がたくさん落ちていて、本当にトチさんを思い出しながら歩きましたもん、ホント。

  • Re監督

    なんか、日本に帰ったと思ったら、また出張ですか。
    本当にお疲れ様です。。
    でも、帰ったその日に山に行っちゃうんですから、すごいv-16
    写真頼りの手抜きレポを褒めてくださってありがとうございます。でも恥ずかしいです。
    あの~ほら、5年前は私も若かったからね。

  • やっぱりね。

    kumiちゃん、やっぱり大変な道なんだね。
    だから、なかなか行く決心がつきません。
    それなのに、テン泊デビューが餓鬼岳なんて。。。。orz
    私もおせ~~て!!!!

  • No Title

    ほうらね、自分、やっぱり行けなくてよかったっと。金輪際近寄りません。
    しかし、レポは素晴らしい!さりげなく迫力あって美しい。
    >どうして、こんなマニアックな山でテントデビューしたのか自分に聞きたいくらいだ。
    ほんまに、なんで?おせーて、おせーて。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。