• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/02/12(Sun)

久しぶりの雁田山

日本海側の大雪で各地で被害が出ているようですが、

北信でありながらも
長野の平地はこの時季にしては、雪は本当に少ないです。

しかし、一歩山に向えば、ここ二三日でかなりの降雪と思われ、、、


1ヶ月ぶりの山歩き、

鈍った体にはきつすぎるわ。



そんな時にピッタリなのが、里山 雁田山(759.4m)


昔、山頂で出会った「コーヒー牛乳男」

雁田山をプチ八ヶ岳と言っていたのを思い出した。

まあ、多少の無理はあるが・・・

強引に当てはめれば、そうかもね、と思えてくるのもロマン。

確かに、赤岳のようなピーク、そして姥岩辺りが横岳の岩場か。

採掘場となり崩れている辺り が硫黄岳かな。。。

プチ縦走が楽しめるのも里山にしては優れもの。

ちょっと、この角度では雰囲気伝わらなくて、すみません。

家の近くから見える雁田山は

たしかに

鳥(雁かどうかはともかくとして)が翼を広げているように見えなくもない

これも古の人のロマンかな。


           2012_020520120205karitasann0001.jpg

葛飾北斎で有名な岩松院を取り囲むような感じで、

楽しい山歩きが出来ます。

我家から車で20分足らずの気軽さです。 2月5日 (日曜日)

久しぶりに、寒波も一休みで晴れてくるという予報に期待して

のんびり出かける。


10:30

登山口は岩松院の裏手
新しく熊ベルが設置されていた。

へ~え、カモシカや猿にはよく出会うが、熊もいるとはしらなかったなぁ。
ためしに鳴らしてみたら、

あまりの大きな音に自分のほうがビックリして
おもわず、鐘を押さえてしまった、くわばらくわばら。





       2012_020520120205karitasann0002.jpg


日当たりの良い岩場を一気に登りあげます。

この、登山口からして、直 岩場ってのがこれまたお気に入りです。

里山といえば、ダラダラと・・

この意表を突くところが、お主やるじゃんなのですね。

     
      2012_020520120205karitasann0004.jpg



尾根に出ると、岩もみな雪の下、逆に歩きやすいわ。

しばらく、気持ちの良い歩きが続きます。


   
     2012_020520120205karitasann0003.jpg

この辺りから、急登が始まる。         

雪面を掘り起こした跡がここかしこに、

カモシカの遊んだ跡か、食べ物を探った後なのだろうか。

まるで、デブリのようで、乗り越えながら急斜面を登り上げる。

しかし、すぐ息が上がってしまう。

今日は気温も高め、冬装備の体から汗が吹き出る。

アンダー1枚になるが、それでも暑い。

5歩歩いては、足を止め、また5歩歩いては足が止まってしまう。

1ヶ月ぶりの山歩きは、体が重い!


こんな時は、一歩一歩かみしめるようにゆったり歩くに限る。

   
     2012_020520120205karitasann0008.jpg




姥岩まで2時間もかかってしまった

    2012_020520120205karitasann0010.jpg



予報のようには晴れてくれなく、いまいちの展望

    2012_020520120205karitasann0011.jpg



見上げる梢では小鳥が木の芽をついばんでいる。

そのさえずりに春を感じる。


    2012_020520120205karitasann0013.jpg



12:40

東屋のある展望地で休憩

    2012_020520120205karitasann0017.jpg



市街地の奥に裾野を広げる飯綱山の左手には

かすかながらも北アが白く浮き上がって見える
    2012_020520120205karitasann0021.jpg


右手はなかなかスマートな高社山。 別名高井富士とも呼ばれてますね。

手前の登ってきた尾根を見下ろす。

アップダウンの多い登山道は飽きが来なくて気分がいい。
  
     2012_020520120205karitasann0019.jpg


妙高山の奥のひと際白い山は火打山、かなりの積雪量だろう。

     
     2012_020520120205karitasann0027.jpg


のんびり下り、下道を岩松院まで戻る。

あら、あら、15分で戻れちゃうのね。。。

日曜日といえど、今日は一人も出会わなかった。

これが、飯綱山とは大違いの里山の良い所でもあります。


余りに体が重かったので、ひょっとしたら、ストレス太り?

そういえば、ウエスト辺りも、こころなしか・・・。


我家の体重計は45kを指していた、、、1k増えただけだった。。

単に体が鈍っていたに過ぎなかったようだ、ショック!

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Re岐阜ぺんぎんさん

    そうね、長野にしては標高低いけれど・・・
    歩いていて、メリハリのあるところがいいですよ。
    善光寺平の奥に北信五岳がずらりですしね。
    晩秋から春までは静かな山歩きが出来ます。
    にぎやかになる頃は、北アに行っちゃうけれど。。。。
    わいわいもいいかもですね。

  • Reロビンちゃん

    そうそう、前夜いくら飲んだって、OKなりよv-397
    で、、、小布施にはワイナリーもあるし、酒蔵もあるし、、温泉もあるしさ、、、
    下って飲んでもOKなりよ(笑

    行きましょか♪

  • 里山

    標高のわりに いろいろ楽しめる 山ですねぇ

    皆とワイワイやりたいなぁ

  • No Title

    我家から車で20分足らず・・・・
    うんうん 今度行こう!!

    ここは雪の時ににぴったんこやね。
    岩場もあって面白いし、対岸の山々が魅力的に見える。
    前夜に飲んでも・・・いけるな(爆

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。