• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/07/29(Sat)

山の本あれこれ

きのう ことしお初のビアガーデンに行ってきた


生ビールがうまい!! 


で今日は 死んでおります。


皆さんも飲みすぎには気をつけましょう


私は飲み過ぎに気をつけることが出来ない困り者です。


だからいつも、登り始めに ドバッと汗をかくのかな・・・


山は私を健康にしてくれると逆説的に考え、妙に一人納得。


まだまだ生ビールの季節は続くのよね♪

死んだ頭で最近読んだ本のお気に入りを並べてみた


沢野ひとしシリーズ


休息の山・山の劇場・一枚の絵葉書・てっぺんで月を見る


 ほのぼのしていて、ちょっと物悲しくて、気負ったところのない自然体がとっても好きです。飲兵 衛のだめ親父なところもかわいい。


のんびり山に陽は登る   中村みつお著


 ほのぼのとした絵と文章で こちらもほのぼのと


山小屋の主人の炉端話   工藤隆雄


 山小屋の主人ならではの、楽しい話、怖い話、ほろりとする話、感動話がいっぱいです。山を愛し、温かい気持ちで迎えてくれるすてきな山男たちです。


北アルプスやまびと物語   柳原修一著 


いま読んでいる本です。下界では知られていないけど、山に真摯に向き合ったすごい人たちの話です。こういう方々がおられるからこそ、わたしも素敵な山行が出来るんだなあと感謝ですね。


これから読みたい本


ぼくはやっぱり山と人が好き  沢野ひとし著


なんで山登るねん        高田直樹著


本多勝一の探検と冒険     本多勝一著


山の本ばっかだ!

Home | Category : 本のお話 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reユージンさん

    沢野ひとしはなんか飄々としていてとっても好きですよ。
    時間を置いて何回も読んでしまいます。

    「森からの手紙」 ふ~ん 読んでみよっと(ありがとう)

    ベットの脇に本がないと眠れません。山のガイド本でも何でもいいんですけどね。
    で 半分ねながら読むので、何回読んでも新鮮なのかも・・・・・。

  • あれっ偶然ですね!

    偶然というかタイムリーというか、私もちょうど例の2泊3日の例の
    イベントに持って行く本を手持ちの中から2冊を選んでいたところなん
    ですよ。
    1冊が沢野ひとし著「僕はやっぱり山と人が好き」だったんです。
    あと一冊は田渕義雄著「森からの手紙」の予定でしたが、これも何か
    の縁ですし、沢野ひとし著「休息の山」に変えます。これも持ってたん
    ですね。
    内容はすっかり忘れているので、今回もう一度読み返したいと思います。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。