• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/07/10(Sun)

四阿山は百名山だったのよね

6月19日 師匠&ロビンちゃんと

昨日はかなり強い雨だったが、今日は晴れ間も覗く梅雨の中休みのよう。
緑の軽井沢をまったりぶらぶらお散歩にも心惹かれるなぁ。。。
という思いを残しながら

車は新緑の道を四阿高原ホテルまで、グイグイ行く。
今日は運転手じゃないので、
車窓を流れる景色を思う存分楽しめるのがうれしいね。



四阿高原ホテル駐車場発(6:50)-中尾根コース分岐(8:00)-山頂(10:00)3時間10分
山頂下山(10:50)-四阿高原ホテル駐車場(13:15)2時間25分
   

           
           

ホテル下の無料駐車場には名古屋ナンバーのワゴン車が1台だけ。
この時季は百名山といえども、狙い目なのかしら。。

この予想は山頂で覆えさせられたが、そんなことはつゆ知らず、
雨に洗われた、滴るような緑の林を歩き出す。
レンゲツツジの鮮やかなオレンジ色と緑に目が覚めるようだ。 

林床はマルバノイチヤクソウ・鈴蘭が露をたっぷり浴びて輝いている。

                                   002_IMG_7452_1.jpg 

                                               (ロビンちゃん撮影)
木陰の向こうでは、
牛たちが気持ち良さ気に、草を食んでいる
のどかだなぁ・・・ 
牧場の奥に見えるのは、小四阿山と中四阿山です。


                               20110619azumayasann0006.jpg 



牧場の高台にでると、
後立山連峰から戸隠、妙高、そしてその奥にまだ白さが際立つ火打山が霞みながらも見えた。
どこからみても北アの帯は気持ちがいいわね~。

            20110619azumayasann0011.jpg


白樺林のお散歩的な気持ちのよい登山道
足元にはたくさんのイワカガミが濃いピンク、淡いピンクで愛嬌を振りまいている。

                           20110619azumayasann0019.jpg  



分岐を中尾根コースに決定。
名古屋のご夫婦はそのまま直進したようだ。
この辺りは白樺の気持ちの良い道が続く。

                                


                            20110619azumayasann0023.jpg 


中尾根が気持ち良さそうな感じで眼の前に姿を現す。
でも、まずは、尾根に登りあげなくちゃだ。 


                           20110619azumayasann0025.jpg 



尾根から見下ろす淡い緑と白が創りだす
白樺のもこもこが素晴らしい。

                            20110619azumayasann00277.jpg 


尾根にでると、少しの風もうれしい梅雨時だ。


進路を右にとるか、左にとるか、迷い道です。




           007_IMG_7467_1.jpg

                                             (ロビンちゃん撮影)

そりゃ、当然左でしょ!

しかし、おせっかいな下山者が親切心を装って

「嶮しいですよ、回り込んだほうが、楽ですよ」この一言で明暗分けた 

なんの躊躇もなく、師匠に続く私。


                             20110619azumayasann0032.jpg  


やっぱ、高いところには登らなくちゃね♪                           





                              017_IMG_7491.jpg 

                                              (ロビンちゃん撮影)

「ロビンちゃん!おいでよ、気持ち良いわよ~」

かくして、安全策をえらんだ彼女が地団太を踏んだ!
にちがいないわ。
全く問題外のチョロイ岩場でしたもん 。
登山者の親切心が仇になってしまったわね。
まあ、楽な道もいいけれど、、、
楽でない道っていうのも逆にそそられるわけでありまして・・・

(こんなおせっかいって、けっこう山にはつきもんだけど・・・・)



                               20110619azumayasann0033.jpg 


さてさて、この辺りが正念場。
北軽のイメージに、
半袖をザックに入れなかった私は、いくら腕を捲り上げようとも、暑さとの戦い状態。
でも、ミネザクラが今時咲いていて、しばし暑さを癒してくれる。 

牧場からの登山者がにぎやかだ。
やっぱり、あっちがメインのようだ。

                             010_IMG_7474_1.jpg 

                                               (ロビンちゃん撮影)


お~、やっと稜線に出ました。
おっと、しかし、ここが山頂にあらず、なんですよね。
たぶん、この山初めての登山者は、かなりめげるでしょうね。

山頂は・・・・ずっとすっと向こう、しかもガスに隠れんとしております。


                              20110619azumayasann0039.jpg 


でも、森林限界のここからは楽しうれしのお花ロード。
キジムシロの向こうにはイワカガミ

                             20110619azumayasann0037.jpg 



ミツバオウレンとイワカガミが競い合っています。


                           20110619azumayasann0047.jpg 


山頂に近づくにつれガスが濃くなってきました。


                            20110619azumayasann0042.jpg 


「今日も無事来れてありがとう。他の山でも見守っていてくださいね」
調子のいいお願いをしました。
長野県の祠通過。

                             20110619azumayasann0043.jpg 


そして、お隣の群馬県の祠の脇は登山者で溢れていました。
馬の背のような山頂ゆえ、 岩の上でお湯をわかす。



ふ~んこんな固定できる足があったらいいのよね。

こうして、また山道具って増えちゃうのよね。。。


          20110619azumayasann0045.jpg 



さて、なぜに登頂写真?

だあれも、だあれも気付かないでしょうが、、、



          011_IMG_7477.jpg  



ザックには横ぶれを防ぐため、胸のところにベルトがありますが。。。
その位置を皆様はどこにもってきているのであろうか。。。。

まあ、私めとロビンちゃんではモデルにならんぞ!って声がきこえそうでありますが・・・

女性の方はトップにもって来ることは考えられないから、、、、
バストの下か上に当然なるわけだけれど・・・・・

寄せて、上げてを心がけたい! ロビンちゃんであった!

でも、たいていの人は自然に上なのではなかろうか・・・


ついつい、他の登山者の胸に目がいってしまう私を、変な目でみないで。。。



一面のアオノツガザクラの花に包まれている事を想像しながら、下山。

                             20110619azumayasann0049.jpg  



淡いピンクのツガザクラ


                             20110619azumayasann0052.jpg 



笹漕ぎです。
足元の石が見えないので、非常に歩きにくいです。
登りにこのコース選ばなくて良かったわ。

                              20110619azumayasann0055.jpg  


濃い紫のミヤマスミレがお日様いっぱい浴びて、あっちにもこっちにも

                               20110619azumayasann0059.jpg 


朝は閉じていて気が付かなかったハルリンドウも草むらから顔を出している

                            20110619azumayasann0060.jpg  

牧場一面のタンポポがついつい幼心に火をつけ、ハイジ気分になってしまうのよね。





                             20110619azumayasann0065.jpg 




お~い、きもちよさそうだなぁ~


                        20110619azumayasann0067.jpg 


はぁ~?
呼びました~?

                     001_IMG_7521.jpg 

                                              (ロビンちゃん撮影)

                        

       展望には恵まれなかったけれど、のんびりな山歩きでした               
                     
                               
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reロビンちゃん

    ふ~ん、お主もそう思ったなりかv-415
    感性が合っちゃった?
    だから、最初に言ったでしょ、、、、フフフ。
    やっぱ、山にも相性ってもんがあるのよね。。。

    で、私的にはあのピークで満足でして、
    もう、ここで引き返しても、悔い無しでしたわv-411
    でも、やっぱり百名山の名に惹かれちゃうんでしょうね、にぎやかでしたもん。
    しかし、長野県の祠は寂し気でした。。
    長野県民としては、、、
    あれ?なんで私って、群馬県で休んでいるんだろう(笑

  • No Title

    そっそ 小四阿山と中四阿山・・・
    えーっ 小四阿山なんてあったのか。びっくし

    んで あれはねー あのピーク省いたのはホントざんねんこ。
    なんだラクしよーと思ったのか。 そんなに疲れてたのか
    あの辺りは牧場の雄大な景色が心癒すよね~
    まったり牛の表情といい。
    でも 四阿山は1回でいいかな(爆
    (これじゃ くみちゃんと一緒やんかー)

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。