• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/02/13(Sun)

ワイワイ的な飯綱山本編

            2011・2・6

メンバー
 殿ことK林さん・U太くん・うら若きりえちゃん・自称晴れ男食う寝るさん・親指姫のきぬさん

ずっと寒気に包まれてさむ?い、さむ?い長野もようやく暖かくなった。
前夜遅くに集結し、ワイワイ宴会に突入したメンバーもさすがに山男、山女たち
6時起床をばっちりこなし飯綱にやってきた。

雪原をパジェロで駆け遊ぶ食う寝るさん


                2011_020620110206iizunayama0002.jpg


わんぱく坊やのごとく眼がキラキラしていて、大満足ね。
もう、これだけで帰ってもいいんでないかい・・・ 
 なわけはなく  
8:50 :登山口にてアイゼンを装着

2011_020620110206iizunayama0007.jpg

山慣れたメンバーゆえ、ちゃっちゃかとそこは手早い!

ヘ?イまだかいな とばかりに準備バンタンでスタンバイなお二人

今日の狛犬さんはショールを巻いてちょっぴりおめかしね。
       2011_020620110206iizunayama0008.jpg


気持ちの良い尾根道をワシワシ進む。
気温が高いせいで、すぐ汗ばんでくる。(この日長野は10度以上あったらしいわ)
一枚、一枚と脱ぎ、体も軽くなり、しっかりトレースのついた雪道をこなしていく。


      2011_020620110206iizunayama0012.jpg
 

つい、どっこいしょといいたくなるのよね、きぬさん!(たぶん、言っていたにちがいないわ)
2011_020620110206iizunayama0017.jpg
 

天狗の硯岩で軽く食べ、
急登をこなすと森林限界になり
北アの大パノラマが現われる。
今日は無理かなと思っていたが、、、、
霞みながらも帯のように連なっているその姿は何度見ても圧巻だわ。


  2011_020620110206iizunayama0025.jpg


しかし、まだまだ急斜面はつづいていて、、、最後のふんばりどころ。



2011_020620110206iizunayama0030_20110213115558.jpg
 

マイペースのりえちゃんも北アの展望に足が進まない様子だわね

2011_020620110206iizunayama0036.jpg 


数々の山をこなしている殿ことK林さんも飯綱山、気に入ってくれたかしら


2011_020620110206iizunayama0033.jpg 



              2011_020620110206iizunayama00399.jpg
 
山頂直下の斜面の向こうには霞んだ姿の根子岳

今年はまだ1回も行ってないわね

        

   2011_020620110206iizunayama0040.jpg
 

           11:25 南峰着 2 時間45分良いペースです
 
           りえちゃん、頑張ったわね♪                                   


    2011_020620110206iizunayama00044_20110213142837.jpg

高妻山、戸隠山がすぐ眼の前にその嶮しさでそそり立っている

   2011_020620110206iizunayama0042.jpg

そして、高妻から右手にはひと際白い火打山、妙高山
戸隠山の嶮しさとは対照的な優しげな姿


   2011_020620110206iizunayama0046.jpg

山頂は風がビュンビュンで地吹雪状態だ 
体感温度もぐっと下がり、手袋をしていても指が冷たくなる
神社に潜り込むようにして避難です。

ホットコーヒー&きぬさんのおみやげケーキをいただく。
以外や小屋の寒暖計は?3度(もっと寒く感じたのにね)

  047きぬさん  

                                   きぬさん撮影

12:10  
名残惜しいけれど

     さあ、下山しましょかね

   2011_020620110206iizunayama0048.jpg  



    風で風船のようにふくらんだ我等、下ります。
あれ? 先に行ったはずのきぬさんの姿が見えませぬ



   2011_020620110206iizunayama0056.jpg  

「ちょっとぉ? まって???」
あれ?れれれ?
えっと、あせりまくったきぬさん、ズボズボと埋まりまくり、抜け出せなんだ。。。

せっかくのチャンスを写すことが出来なかったのが悔やまれまする(笑
他人がもがいている姿は笑えちゃうのでありますね

  2011_020620110206iizunayama0055.jpg  



下りは途中でアイゼンをはずし、
スケート状態で楽しむ事にしましょ♪
で、いつの間にか登山道からそれちゃったりして・・・


    2011_020620110206iizunayama0060.jpg  


スイ?と行くわよ!


   2011_020620110206iizunayama0061.jpg  


ありゃ、トホホホ・・・


  2011_020620110206iizunayama0062.jpg  


じゃあ、私もお尻で滑っちゃえ!

  6K林さん  

                                  K林さん撮影

おっ、殿も滑っておりますね

 2011_020620110206iizunayama0064.jpg  

あれ、りえちゃんはやっぱりかわいいわ

K林さん7  
K林さん撮影

                        
  13:10 登山口着

青空が広がりポカポカと暖かい道を皆それぞれの思いで 
てくてく駐車場まで歩く                           

 2011_020620110206iizunayama0068.jpg  


近くのホテルに行くも温泉は入れなく
(後で、姉に聞いたら隣に新しくでき、私らが行った方は閉館だったそうな)
で、5分ほど戻り、閑散とした湯船でほっかり暖まり・・・
ついでに(?)きぬさんにドルフィンキックの仕方なんて教わっちゃったりと
オバサン二人はバシャバシャと泳いだのでありました。
さすがに恐れをなしたのか、りえちゃんは妙に遅れて湯船にやって来たのでありました(笑

今日は運転手じゃないので、、、、
う?んビールがおいしいわ♪

                                                              2011_020620110206iizunayama00699.jpg 



また、あそびましょ♪
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment12  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reおさんぽさん

    週末天気良さそうですね。
    比較的冬山にしては安全な山かと思われますよ。
    ただし、駒つなぎの場からの直登の急斜面は、時季になれば雪崩がおきています。
    但し、そう雪も降っていなそうだし、寒気が戻ってきているから、大丈夫かとも思われます。
    それと、稜線に出てから、雪庇(山頂に向かって右側ね)に近づかないこと!
    これだけ守れば大丈夫かと思いますよ♪
    楽しんできてくださいね。

  • ありがとうございました。

    参考にさせていただきます。
    メモメモ。

    飯綱山は雪崩れる山なのかァ、天気よさそうだなァ。
    不安と期待もって、お気楽にいってきま~す。

  • Reおさんぽさん

    わが片隅の拙いブログにようこそv-398
    安曇野にお住まいなんですか?
    うらやましいですわ~。
    常念を眺めながら暮らしているんでしょうか。。。
    生まれて初めて!!!!♪
    お天気に恵まれれば、360度の大展望ですよ~
    そして、一人でも楽しめる山です。
    単独女性の多さがたのもしい山でもあります。
    って、お一人かどうかはわかりませんが(笑

    ①えっと、温泉ではないけれど、、、470円の広々なお風呂(アゼリア)は一の鳥居駐車場から長野に戻る途中(駐車場から10分?)
    今回私たちが泳いだ(笑)お風呂ですね。

    ②ホンマもんの温泉は牟礼天狗の湯
    飯綱スキー場から長野に下る分岐をそのまま直進して15分位でしょうか・・・。
    ③その他市内に入れば、長野東インター手前信号を右折して5分位でユーパレアなんてのもあります。
    良い山行きになることを願っておりますわ。

  • おしえてくださ~い!

    ちょくちょくお邪魔して拝見させていただいてます
    よろしかったら教えてくださいませ。
    今週末、生まれて初めて飯綱山を目指します。
    一の鳥居から南登山道で登ろうと思ってます。
    下山後、安曇のに向かう帰路、高速に乗るまでにおすすめのお風呂ありますか?

  • Remaruさん

    ほんとうにお久しぶりです。
    PC直りました?
    そう、駒つなぎからの冬道ですよ。
    さすがジモラーわかっちゃいますね。
    あれあれ?
    スキー遊びで忙しいと思っていたのに
    maruさんらしくないですね、元気は元気を呼びますから、ガンバ!(もち、遊ぶ方にね)

  • Reきぬさん

    ははは・・・実は私も編集中のがあるんだわね。。。
    黒斑もそうだわ。。。
    まあ、わたしらオバサンはいつも引き立て役なのよね、ふふふ。

  • ReK林さん

    ハムスターツアーはいかがでした?
    こちらは天気に恵まれなかった刈れど、、東北は良かったのかなぁ。。
    殿に写真褒めていただいちゃって、うれしいですわ。
    りえちゃんという素敵なモデルのおかげね♪
    はい、我家をどしどしご利用くださいませ(笑

  • Re食う寝るさん

    へい、こちらこそ、かまってくださいましv-415
    そう、そう、途中で引き返さなくてよかったわね。
    お尻の痛みは引けましたか。

  • お久しぶりです

    この滑り台は駒つなぎの上の冬道でしょうか?
    楽しそうですね。
    うちの息子は、もう冬の飯綱はこりごりのようですが、この写真を見たら行く気になるかなぁ。
    この冬は、精神的にやられちゃってて、あまり活動的でないmaruです。
    このポカポカ日曜日は仕事してました(泣)。

  • 2回目の飯綱山

    ああ~、またレポアップ、びけになってしまったよ。
    実はFC2の編集の中に入っているんですが、途中のまま、
    きのうも疲れて寝ちゃったし、なんかだんだん、いい加減な人になっております。
    飯綱、前回よりも雪少なかったですが、また違った表情を見せてくれましたよ。
    山頂から見る善光寺平は感慨深かったです。
    なんか、あいかわらずなわたし、りえちゃんの引き立て役?のような・・・・
    お世話になりありがとうございました。また、行こうね。

  • ありがとうございました。

    色々お世話になりました。
    車で40分、我家から丹沢より近い感じで行けるところが色々あるのは贅沢ですね(山の趣味を持つ一部の人々の中でですけど)、Topの写真がそれを物語っていますよ(良い写真です)。

  • No Title

    飯綱山行、ご案内ありがとでした。
    前夜の料理も感謝です、いつもお世話になりっぱです~。

    天気もまずまずで良い日でした
    念願の飯綱山、やっぱいい山ですね。
    何度もkumiさんが訪れるのがわかりました。
    また、かまってくださいましv-392

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。