• プロフィール

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/11/17(Wed)

本当は男山なのですわ

16日火曜日の休日にお散歩登山してきました。

 長野は今、どこを通ってもこんな光景が見られます。
 
   2010_111620101116tarouyama0034.jpg


あの可憐な花が立派に育ちました。


真っ赤なりんごがたわわに実っていると、秋の深まりを感じます。
ちょっと早いけれど、タイヤ交換したりと、、、
ばたばたして休日の午前はあっという間に過ぎていく。
雲の切れ間に青空が覗きだした。
あれ、まあもったいないわ。
う?ん1時過ぎか、、、。
日の短い秋は選択肢が狭められる。それに今日は12月並みの寒いひだわ。

ちょっとそこまでのおっ○山しかないわね。
1:45  ウエストバックにカメラ、ホッとココアをつっこみ歩き出す。

午後の陽射しにキラキラ輝く葉っぱの下を通り抜ける。

      2010_111620101116tarouyama0045.jpg


空気は冷たくても急登にほんのり汗ばんでくる。
ちょっとした平らな場所にやってくると、汗が瞬く間に引き、指の先が冷たくなる。

あ?気持ち いいなぁ、、、
ふかふかの落ち葉をかさこそいわせて進む。
今日は火曜日、トレイルランのお兄さんが鈴を鳴らしながら走り抜けていった後は静寂の世界だ。
この時季は小鳥の声さえ聞こえない。



     2010_111620101116tarouyama0052.jpg


    お○山とは我が息子の命名だけど、、、
これが里山にしては岩場もあったりの若穂太郎山と いうりっぱな名前の男山であります。
それゆえ 
      20101116tarouyama1.jpg
     木の根を掴んだり、岩場に手を掛けて、とスリルもそこそこ楽しめちゃうんであります。

家族には、ほら眼の前の山よといって出かけたけれど、
まさか実情は知る由もないのでありますね。
そう、里山のほうがある意味危険なのよね。。。

こしき岩の上にはいずり登り(結構広いのです)
少しぬるくなったホットココアを飲みながら善光寺平を眺める。

   2010_111620101116tarouyama0054.jpg
この山のトンネルから高速道路があたかも大蛇のようにくねっている。
千曲川に架かる橋もいくつもあり高見の見物は、地上に居ては実感できないわね。
自分が日々暮らしている街の中で、、
今、泣いている人もいるかも、笑いこけている人もいるかも、真剣な顔をしている人もいるかも、、
当たり前の日常がここに広がっているのね。。。

左手には斑尾山右手には高社山が 、、優しげだ。


   2010_111620101116tarouyama0062.jpg

後立山連峰がかすかに雲の中から見え始めた。

  2010_111620101116tarouyama0065.jpg

パッチワーク状態のお隣の山の上には白いお月様


  2010_111620101116tarouyama0074.jpg


今日も、上空にはとんびがゆうゆうと旋回している。
 
 幸せってこんなささやかなことだわね。

最後のココアを飲み干し、さて、下界に戻りましょか。

   2010_111620101116tarouyama0079.jpg   


雲から現われた飯綱山も黒姫も妙高も霜で白くなっていた。

  2010_111620101116tarouyama0080.jpg  

そして、鹿島槍もシルエットに。
陽が傾いてきた。風が急に冷たく感じる。

   2010_111620101116tarouyama0081.jpg


今夜は秋田の友が送ってくれたきりたんぽ鍋で暖まろう。。。

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。