• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/10/23(Sat)

阿弥陀岳?赤岳 2

優しい紅葉の八ツ満喫から早くも、一週間、長野の里山も薄っすらと色付き始めてきました。

山で健康になったわ!は、単なる錯覚かしら。

やっぱり里に降りてくれば、、、

山にいるときだけが元気だったようでして、、
散々な日々でしたわ。

何十年ぶりかに蕁麻疹が出たり、相変わらず、風邪は治らないし、、

仕事はきついし・・・。

でも、山に分け入ると元気よ!っていうのもうれしいもんですわね。

ってことで、後半編です。

っていっても、ただ下るだけなんですがね。。。



2010.10.17 予報

ぐっすり眠り、4時に眼が醒めた。

この時季はまだ、辺りは真っ暗だ。

カーテンを開けても、星さえ見えない。

ただ、風のうなり吼えが聞こえるだけ。

また、布団に潜り込む。

6:15

昨夜と同じアングルだけど、、、

コーヒーを飲みながら新鮮な思いで眺める。

あまりの寒さに、談話室に駆け込み

2杯目のコーヒーを飲みながら明けて行く北アの稜線を楽しむ。





              20101016amida0141.jpg


しっかり朝食を食べ、後は下るだけなのでゆっくり行きましょか。

6:30
強い風と寒さの中、完全防備で出発です。

早くも、横岳に向う人が蟻のように見える。

そして、地蔵尾根を下る人の姿も見える。



            2010101617amida0012.jpg

一歩足を踏み出すが、、、景色に見惚れ、足が進まない。
白馬三山に鈍いながらも朝の光が届いたようだ。


           2010101617amida00015.jpg

6:50 

このまま下るのがもったいないような、、、
お地蔵さんの横に座っていっしょに眺めていたい優しい朝です。
予報どうり、空は暗い雲だけれど、北アのほうだけが青空が帯のように広がっています。


          2010101617amida0016.jpg

厳冬期の烈風吹きすさぶ時、春を一番に感じる時、お花たちに囲まれ微笑む時、、、

すべてをこの尾根から眺めている彼は、いまどんな気持ちで眺めているんだろうか。

できることなら、彼と、コーヒーを飲みながらゆっくりおしゃべりしたいもんだわ。


太陽の陽射しは白馬三山からちょっと移動し、蓮華辺りが輝きだした。

足元は嶮しいけれど、ゆったり下るのも贅沢ですわ。

         

        2010101617amida00022.jpg
ソロの女の子に早々出逢う。

この尾根を登りあげているというのに、顔が輝いているわ♪

この寒さの中半袖でがんばっているお兄さんもやってきた。

あれ、いつの間に岩場が梯子に変わっちゃったのね、楽しみにしていたのに。。。

八ツに限らず、北アもどんどん登山道が整備されています。

メジャーな山は、もはや、登山は、レジャー化されちゃっているってことでしょうかね。

唐松岳は何回も、何回も行っているけれど、そのたびに登山道が広く、平坦になっていてビックリよ。

まあ、その恩恵で、ラクラク、安心歩きをしている身なれば、大きなことは言えませんわね。

整備の労力、費用は多大なるもんがありますから。。。

そのうち、あの御小屋尾根のズリズリロードも階段or梯子になっちゃっていたりして。。。。

登山者も、それなりのリスクを覚悟で、歩いているはずなんだけどなぁ。。


なんか、複雑な思いを引きずって、、、
7:30 ?7:50にぎやかな行者小屋

 ここで、冬装備解放&歯磨きタイム&コーヒータイム。

きのうの、イケメンおにいちゃんたちも下ってきた。



        2010101617amida0027.jpg            えっと、写真に写っている方がたは、イケメンおにいちゃんとはなんら関係ありませぬ、、、
彼らの美貌は、山にあっても輝いてましたもん。

まあ、あの御小屋尾根は渋い人しか歩かんでしょうから、、、、
山ガール&イケメンおにいちゃんに出逢うことはまずないでしょがね。。。


メインルートは今日もぞくぞくと登ってきます。

みんな、楽しんできてね?。

充分に楽しんだ余裕が山に向う人に優しくなれるね♪


        2010101617amida0030.jpg

さすがに八ツ、氷です。 


       2010101617amida0031.jpg

優しげな、しっとりした紅葉です


    2010101617amida0037.jpg 

9:10 コーヒーを飲みしばしくつろぐ


   2010101617amida0043.jpg

ここから、長い林道歩きだが、紅葉が眼を楽しませてくれるから、苦にならない。

高い高いところには、鈴なりの山葡萄だ。

子供の頃の、道草を思い出しながら、てくてく。


   2010101617amida00049.jpg

ひと際鮮やかなもみじが今回の山行きで一番鮮やかだったわ。

  2010101617amida0053.jpg

10:00 美濃戸着


  2010101617amida0054.jpg


お昼過ぎには自宅着で、コマツナ、ラディッシュなんかを収穫できたから、、、
八ツもほんと、近いのね。
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reピンクなお方(笑

    きぬさんなら
    あのお地蔵さんに出逢ったら、きっと肩を組んで、きっと話しかけているわよ。。。
    リアルに眼に浮かぶわ~
    あの、、、、山葡萄はおいしいのよ。
    で、ぶどう酒にすると、魅惑的な色になるのよね。
    駒子姉さんに笑われちゃうぞ!

  • No Title

    >できることなら、彼と、コーヒーを飲みながらゆっくりおしゃべりしたいもんだわ
    って、kumiちゃんって、渋好みだね~、
    でも、御地蔵さんと話してたらヤバいよ~
    側を通る人は、引くかもね。
    山葡萄って食べられるのですか?
    氷、綺麗だね。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。