• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/09/12(Sun)

清水岳 9月4・5日前半編

清水岳と書いて、ショウズダケと読みます。

白馬岳から祖母谷温泉に下るルートにある、マイナーな山ですわ。

なぜに、そんな山をチョイスしたかというと・・・・



                  2009081316kitadake0022.jpg


この、ミヤマハナシノブ(深山花忍)が縁です。

どこといって、特に変わった花じゃないけれど、、、

その、清楚な淡い紫の花に北岳で初めて逢いました。



ミヤマハナシノブは北岳と、北アの清水岳にしか咲いていないという。

そこから、私の中で、ぐんぐんと清水岳の存在が気になり始めた。


しかし、花の時季は、天候が不順でチャンスを逃してしまった。

じゃ、さ、

来年のための偵察山行きしましょ♪








9月4日

 
自宅発(7:20)?蓮華温泉駐車場(10:15)?白馬大池(13:25)?白馬岳(16:50)?テン場(17:30)


休日前はどうしても残業になってしまい、、、本当はもう1時間早く出発したいところです。

蓮華温泉は我家からけっこうな距離です、これだけの時間があれば、八ケ岳にも行けちゃいそうだわ。

手っ取り早い大雪渓はリスクが大きいので、ここ何年か歩いていません。

実際は多くの登山者がこの雪渓を登って白馬岳にやってきますがね。

今日も猛暑なようで、ジリジリな太陽を浴びながらの稜線歩きが思いやられる。



10:15  重いザックをエイヤッッと担ぎ歩き始めます。


             20100904syouzu0003.jpg



ダケカンバにガスがまとわりつき、そよとも風が無い。

まあ、このコースは急登はなく、おだやかに登ります。

それでも、汗が吹き出るのは同じだわ。


           20100904syouzu0012.jpg



           20100904syouzu0007.jpg

名前のわからない花というものはなぜか気になります。

後で調べたら、、 ロバナヒキオコシ(黒花引き起こし) 健胃薬

      
余りの苦さに病人さえも引き起こすところからついた名前なんですって・・・
                           
                                    そのまんまやんけ。。。


           20100904kurokumosou0013.jpg

               クロクモソウ・・・タカネシュロウソウの仲間かな


11:55 天狗の庭   残念ながら展望まったく無しです。

     ここは、ムシトリスミレがいっぱい咲いているお花畑でもありますが、

    今は秋の花ウメバチソウが静かに咲いています。

    おにぎりをほおばり休憩。 



     20100904syouzu0019.jpg    



ガスの上にわずかばかり姿を見せる、朝日岳。良い山です。 

    20100904syouzu0024.jpg

花の盛りのような鮮やかさはないけれど、優しい色です。

シシウドの仲間はあまりに種類が多く、、、

わけがわからないので名前ははなから諦めています。

    20100904syouzu0027.jpg


登山道から時おり顔を現す朝日岳のガスも、少しづつ取れていく。

ちょい見が樹林帯歩きの大きな楽しみね。

    20100904syouzu0039.jpg 



13:25 白馬大池は、今日も素敵な広がりを見せている。


     以前、雪倉岳に行った時には、ついつい誘惑に負けちゃったけれど・・・

     今日は、このテン場の誘惑には、負けません!

     天狗の庭で、「大池でゆっくり昼寝ですわ」と言っていた登山者がちょっぴり恨めしかったが。。

     軽く休憩して進みます!
  


   20100904syouzu0044.jpg 



午後は雷や夕立が心配だけれど、今日は良さそうですわ。(根拠はないけれど・・・)

ふ?、まだ先は長いなぁ?。。。

あんなピークを幾つ越えるんだろうか。


   20100904syouzu0048.jpg 


雪倉、朝日岳方面はガスが動いているけど、見上げる空は真っ青だ。


   20100904syouzu0052.jpg 


稜線は、心地良い風が吹き上げ、瞬く間に汗が引いていく。

しかし、この高所でこの暑さ、下界はさぞ暑かろうぞ。


9月ともなれば、2500mをゆうに越えたこの稜線はけっこう冷たい風が吹きつのるのに、

まだまだ夏山ですわ。    


眼の前にくらくらする様な登りが待っている。

まっ、登り始めればそんなでも無いんだけれどね、、、

夏バテのせいか、今日はやけにザックが重く感じられる。

ソロ山行きだからして、宴会用食料も無いのにな。。。







   20100904syouzu0056.jpg 

このコースは花のコースでもあるが、秋の花がちょっぴり寂しげに咲いているのみ。



                    20100904syouzu0059.jpg 
                              トウヤクリンドウ ロードでした

20100904syouzu0065.jpg 
                     イワギキョウ 
        
蓮華岳の手前にくると、ガスが突然切れ、白馬岳が顔を出し始めた。

   20100904syouzu0072.jpg 
 


振り返れば、天井湖の大池への稜線が気持ち良さそうに伸びている。



   20100904syouzu0074.jpg 

ガスの動きがダイナミックで、見惚れてしまう。


   20100904syouzu0085.jpg 


雲海に浮かぶ朝日岳の向こうは日本海。

遥か遠くに海の中に浮かぶような白山も見えました。


   20100904syouzu0086.jpg 


チングルマのホネホネも風に揺られ、気持ち良さそうだわ。


   20100904syouzu0091.jpg 


切れ落ちた長野側からガスがどんどん上がってくる。

その向こうでは、ポカリ ポカリと気持ちよさ気な雲。

なんか、ほんわかとした幸せな気分になりますわ。


   20100904syouzu0097.jpg 


わずか10分余りで、ガスが消え去り、

白馬から杓子、白馬鑓そして、唐松岳までが

陽のかたむきだした中に全容を現した。


   20100904syouzu0098.jpg 


気持ちの良い稜線漫歩が続く。

アハ、こんな道 だあい好きだわ?、、

もう、あそこまで行かなくってもいいもんね的快適ロード。


   20100904syouzu0107.jpg 


白馬岳までに、いったい幾つのピークがあるのかしらん、ヤレヤレ。

アップダウンが体に堪えるわ。。 

白馬大池から白馬のコースは危険箇所もほとんど無いので、夏は多くの登山者が行き来するが、

花も少なく、紅葉にはまだ早い端境期のこの時季は、さすがに少ないようで、

その分、比較的静かな山歩きが出来るのです♪





   20100904syouzu0116.jpg 

草紅葉になるのは、もうちょい先ね。

でも、山の秋は瞬く間にやって来る。。


      20100904syouzu0126.jpg 


三国境、この鞍部で2754m

雪倉岳の向こうには朝日岳が。このコースもロングだけれど、花の時季は素晴らしいです。

北アでも急峻さとは違ったおおらかで、どっしりした山々がまた良い。


ちなみに、真ん中の鉢ケ岳の右側を巻いていくんだけれど、この辺りのお花畑はすごかったですわ。


   20100904syouzu0130.jpg 
                            新潟県・富山県・長野県の境

三国境からは登りになる。

ピークをひとつ越え、山頂かと思いきや、、、あれあれ、、、あっち、かぁ。。。


   20100904syouzu0138.jpg 


 いつも長野から見慣れているから、
 
富山側のなだらかさが白馬岳のイメージを変えちゃうわ。




   20100904syouzu0139.jpg 


16:50

大雪渓を登って来たかと思われる多くの登山者が展望を楽しんでいた。

   20100904syouzu0143.jpg 


巨大小屋の外のテーブルでは生ビールを片手にみなくつろいでいる。


ゴクリと唾を飲み込みながら、その脇を通り抜ける辛さよ!

テン場は下の小屋なのよね。

杓子と白馬鑓がまだ、陽に照らされている。

テン場はもう、丸山の陰になっていた。

   20100904syouzu0146.jpg 

17:30
   
  小屋でテント料 500円払い諸々の注意を聞き、

   自販機でロングを1本♪

  ここ2回ほど 二人テント設営のすばやさに慣れた身。

 まどろっこしい気持ちで、、、

 つい我慢が出来なく、ビールを飲みながら設営。




   20100904syouzu0148.jpg



気がつけば、陽は沈んじゃったようで、丸山から多くの人が戻ってきた

降る星ってこういうのよね♪ これが宇宙なのよね♪

夜中 風にバタバタ揺れるテントから何回も顔を出し、酔いしれるのであった。

でも、窪地で、この風の強さ(生暖かい風だったけれど)

小屋の人が、風がでるからしっかり設営してください!って言っていたのも納得。



9月5日につづく





Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。