• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/09/02(Thu)

JJな夏山ツアー八ケ岳編その1

あまりに楽しく、そして素敵な景色に出会えちゃうと、、、

どこを、どう切り取ってとって良いのやら・・・・。

皆に出遅れたしまったけれど、(あっ、レッドはまだだったのね、フフフ・・)


カンカンガクガクの末、我等JJにふさわしい、静かな山旅を求めて


    裏から天狗岳を狙え!8月7日


前夜10時まで残業だった私は、あわよくば、先に着いて一眠りしようと登山口に向かった。

どうせ、東京組みは渋滞に巻き込まれて遅くなるさと、たかをくくって。。。

8時、ケータイが鳴った。。。

「稲子湯を通り越してくると、ゲートがあるから、そこまで車できてね」

ムムム・・・・・。

東京パワー恐るべしだな。

5時間睡眠なんて、普通でしょ!と軽くいなされてしまったわ。


これ以上無いという、詳細なルートを書き、登山届を提出。

レッド 「え?と、、、シャクナゲ尾根を登って、ニュウを経由して、、、中山峠でしょ・・・・。

    で、黒百合ヒュッテにテン泊して、下山は?、、え?と、根石のほうに下って、本沢温泉から、、

    シラビソ小屋によって、、、稲子湯に戻るっと・・・」

後では、あまりの時間にイライラ気味の係りのおじ様。

足の組み方が、チッチッチといっているような・・・。




     2010_08082010050809tenngu0001_20100829174816.jpg


  そんな係りのおじ様に写真まで撮ってもらい、意気揚々とゲートをくぐったJJシスターズ!



           2010tenngu0236.jpg



                  (そのゲート、くぐっちゃだめよ・・・誰にも天の声は届かなかった)


9:15
     おそろなザックのお姉さまの方が、重く感じられるのはなぜ?


     容量は私のほうがでかいんだけどな・・・・。

     2010tenngu0251.jpg
                                      エミさん 撮影


登山口から程なくして咲いていた、たった一輪の花。


調べても、名前がわからんのよね、気になる花です。


                     2010_08082010050809tenngu0003.jpg

さすが八ケ岳、立派な標識がたくさんあるわね?。

注意:標識はちゃんと、
よーく見よう!



           2010_08082010050809tenngu0005.jpg


JJなわれ等は、まったく気にも留めず、

清流に心癒されながら、マイナスイオンを浴びるのでありました。


      2010_08082010050809tenngu0008.jpg 


10:05

ちょっと、急登になったところで、休憩ね。

オスプレーからでてきたのは、ずっしり重量感の、冷たいゼリーですわ♪(それも4個ですわ!)

いや?、その冷たさ、ほんのりな甘さ、汗もぶっとぶほどの重量感ある おいしさでした。

きぬさんありがとね。

あの、半端じゃないザックから、次は何が出てくるんだろ、、、楽しみですね。

      2010_08082010050809tenngu0012.jpg 

登山道はトロッコの軌道に沿っている。

木材を運び出すための はるか昔のものなんだろうか、ところどころとぎれているものの

そのカーブ具合は、ジェットコースターなみだわ。

かつては、この森も人手が入り、生活の糧になっていたのだろうか。

いにしえの人々は山と向き合って暮らしていたという。。。

豊かな森はその存在だけで、多くの生き物を育み、清涼な水をもたらす。

森のもたらす大きな恵みを大切に、大切にしてきたんだろうなぁ。。。

今、この森に入るのは、その美しさに魅入る登山者だけだわね。

今の文明社会は、山から背を向けているからね。。。



でも、さ、シャクナゲ尾根って、、、こんな道なん?

どこをどう見たって、尾根じゃないし・・・・!

シャクナゲなんて、、、、かけらも無いし・・・!



、くだりと登りが、、、さかさまの逆ルートってことよね。。。

どっちにせよ、グルリップできるんだから、いいんじゃない!




JJであるってことは、ちょっとやそっとじゃ動じないのよね!

でも、、、あのゲートで、、

チチッチな係りお方は登山届けと全く違う方向に向う我等に、、、

何の疑問も持たない顔つきだったわなぁ・・・。。

それとも、JJパワーに恐れをなしたんかしらん。。。



     2010_08082010050809tenngu0013.jpg 

豊かな緑の原生林は、今は人々の心を癒してくれるオアシスだわね。

本当に、滴る緑、気持ちいい。




切り替えがすばやいのもJJの特技よね。


    2010tenngu0252.jpg  
                                                                                                               撮影 JJシスターズ
大きな木の幹に、粋な道しるべ。


はい、今度は確かに、はって30分でみどり池のあるシラビソ小屋なのね。

確認よ!  はって、30分ね♪ フフフフン♪




            2010_08082010050809tenngu0015.jpg 

10:50

JJはプライドが高いので、間違っても這う事はできませぬ。

JJ歩きでしっかり35分かかってしらびそ小屋着です

風情ある素敵な小屋からは、静かな音色がこぼれてきます。

前夜HPで、ちょうど、今日、音楽の夕べがあるとあったから、その練習らしいですよ。


今日はこの小屋に泊まって、楽しむ事はできないけれど・・・

森の中に流れる音色を、ちゃっかり楽しむことはできました。

北八つならではの静かな森に流れる音色・・・いいなぁ。。。

森に音が吸い込まれそうだわ。

う?ん、、対局な、、岩稜の絶壁の、あの北穂小屋で聞くクラシックも良かったけれど・・・・。




     2010_08082010050809tenngu0020.jpg 

充分過ぎるほどの休憩を取り、、、

そう、我等にはまだ先があるのを忘れちゃイケないぜ!なのです。


ダケカンバがこんなにも密生している中を、様々な茸にびっくりしながら(まあね、食べられそうなのは無しね。)


竹トンボに続いていったのでありますわ(笑)

    2010_08082010050809tenngu0032.jpg 



おとぎの世界に足を踏み込んだかのようで、JJな我等は興奮の溜息を漏らす。


私らにも、夢見る少女、乙女の繊細な頃はあった。

(は?、今はたくましくなったものよ!)

そんな童心に帰らせてくれる不思議な森だ。

普段はかしましいJJな女たちも、みな、自分の世界に戻るのかしらん、、、

静かに、静かに森の中を歩くのだった。




    2010_08082010050809tenngu0035.jpg 

                           森ではみんな仲良しなのだ。



    2010_08082010050809tenngu0038.jpg 
 


森の妖精との戯れの後は現実が待ち構えてる。 


最後の急登です。


深い森を抜け出すと、ようやくお花もちらほら。


    2010_08082010050809tenngu0043.jpg 


ワシワシとこなしまする。


    2010_08082010050809tenngu0048.jpg 

 
オスプレー仲間のきぬさんに

 「ねえ?、腰がいたくなあ?イ?」

私はやせっぽちのせいか、腰のベルトが、骨にあたって、痛くなってきちゃったのでありますが、、


きぬさん 「え??、、私、肩が、くいこんで、、痛いんですけれど?!」

 「????・・・肩??・・・!!!」


   2010_08082010050809tenngu0050.jpg  



12:50  ハイ!急登の先の中山峠に躍り出た私であります。



             2010tenngu0256.jpg
                   写真提供JJシスターズ(メンゴ、ロビンちゃんだっけ、エミさんだっけか)


GWに上から覗き込んだときは、すさまじいほどの雪の絶壁に見えたのに、、、


季節が巡れば、、、登りあげちゃうんだから、、、楽しいわね、山登りは♪


13:00 霧が出てきた黒百合ヒュッテ着

   2010_08082010050809tenngu0053.jpg 


はい、ザックを降ろす前に、きぬさんのザック調整をしましょ♪


重くても、重くても、肩が痛い!ってのはね?

肩への負荷を腰ベルトに持って行きましょね作戦で、カンカンガクガク。

きぬさん 「あら、、、、楽になったわ?、、、今までの、あの辛さがくやしいわ」って言っていた様な。。


   2010_08082010050809tenngu0055.jpg 

さて、ザック問題も解決し、テント設営ですわ。

前回、同時期に、同じヒウチ(火打山& 燧ケ岳)でテントを張ったJJなわれ等は

キヌ&エミチーム 対 ロビ&クミに分かれたのであります。



ロビ&クミチーム
すばやい手際のよさで

5分で設営完了の余裕のヨッちゃん的意気もピッタリンコ!!

    2010_08082010050809tenngu0056.jpg 


後は、、、

で?きるかな??♪!で?きるかな??♪?! 

の余裕のロビ&クミね♪


   2010_08082010050809tenngu0058.jpg 

ハイ、ビールは後のお楽しみにとっておきましょね。

身軽になって、中山展望台に向います。


硫黄岳の爆裂火口、すごいわね?。


   2010_08082010050809tenngu0061.jpg 


ルーペの世界を楽しみます。




           2010_08082010050809tenngu0066.jpg 


こんなコケもルーペで覗けば、火星に降り立った気分にさせてくれる。


       2010_08082010050809tenngu0068.jpg 


12:55


中山展望台は季節が巡れば、ほんわか出来る格好の場所になっていた。


残念ながら、ずら?りな北アは雲の中。


  2010tenngu0257.jpg
                                  撮影エミさん・・・だと思う、、、



あれ,どうしたん? 

なんか、ロビンちゃんのカメラの調子が悪いみたいだよ。

レッドが必死に治そうとするも、うまくいかないみたい。。。

音痴なわたしには、わからんけれど、まあ、写ることは写るらしい」わよ♪

山で、いざって時に、、これは、マジ悔しいわよね。

カメラは山の楽しみを切り取ってくれる魔法の玉手箱だからね。。


私も、縦走途中でカメラを壊しちゃったことありますから。。

    2010_08082010050809tenngu0074.jpg 


デジカメの画面設定をするグリーンも名カメラマンの手に掛るとちょっと味のある写真に。


   2010tenngu0258.jpg 
                                 撮影 エミさん・・・だと思う・・・


日頃の激務から解放されまどろむレッド。

贅沢やね?♪ 至福の時だわね?♪ 良い夢みたかな?♪

   2010_08082010050809tenngu0079.jpg 


雲も、ぽかりぽかりと上がってきた。


   2010_08082010050809tenngu0080.jpg 


のんびり、のんびりして、くだりましょ。


この時季、花が少ない中で、オトギリソウがみなを楽しませてくれた。

ここで、ひとつの悲劇と、ひとつの喜劇があった。

もちろん、喜劇の主人公は、、、

いつもなにかをやらかしてくれるレッドだったことは言うまでもないが・・・

悲劇の主人公は、中山峠でのショックに追い討ちをかけられ、打ちひしがれていたにちがいないわね。

これは、あくまで私的同情心だったが、さすがJJ、立ち直りのすばやさに脱帽ね!

共通して言えることは、、、

皆様写真を撮る時の体勢にはくれぐれもご注意を!(これ以上言えないけどね)

(喜劇と、悲劇は裏表、どこに危機が潜んでいるやら)

それはオトギリソウ(弟切草)だけが知っている。。。

この花も悲劇の匂いのする名前だわね。

              2010_08082010050809tenngu0083.jpg 


16:00

テンバに戻ってきた!

最初にすることは、、、決まったるでしょ♪


   2010_08082010050809tenngu0084.jpg 


生ビールで乾杯?!!

山で、生が飲めるなんて、なんて贅沢な私たちでしょね♪


        2010tenngu0238.jpg 


多くの登山者の羨望のまなざしを一気に浴びながらの宴会ならぬ夕食になだれ込む。

ここの小屋は、たとえ、宿泊客が私一人でも、寝室には入れてくれないのよね。(GWに体験済み)

だから、小屋前はたくさんの登山者が思い思いにやすんでいるのだ。


この、ジューシーな香ばしい匂いは、風に乗り、みんなの鼻腔をくすぐったにちがいないわね。

ごめんなさいね、皆様。

2010_08082010050809tenngu0087.jpg  2010_08082010050809tenngu0088.jpg



18:55  雲が染まってきたわよ?♪
 
    小屋前の天狗の庭に登ってみる

     2010_08082010050809tenngu0089.jpg 


夕陽に輝く雲が、海のようにどこまでも続いている。

山の一日の終わりに出会えた事に感謝。

あしたも、また、よろしくね?♪


   2010_08082010050809tenngu00090.jpg 



19:20

ほろ酔い気分で、滑落しちゃまずいので、慎重に、慎重に下りましょうぞ 。

         2010_08082010050809tenngu0103.jpg



 夜中は満天の星空に酔いしれ

火打山での経験を忘れず、今宵はぬくぬくなシェラフに潜り込んだのでした。


明日も、素敵な1日でありますように・・・・・


つづく

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Re maruさん

    ほんとうにね、荷物は軽いにかぎりますわ。
    あのコース、残雪期には楽チンだったのに、けっこう石ゴロゴロですよね。子供にはけっこうきついかもね。
    でも、今の息子さんだったら、へいちゃらだわね。
    本当にたくましくなったもんよ!
    100均情報だけれど、長野にあるかは不明です、ごめんなさい。
    宴会山行きには大きな力を発揮しますよ。

  • Reemiさん

    メンゴ!みんなからいただいた写真のネームを変えちゃったら、どれが誰のやら・・・でした。
    良い写真ありがとね。

    で、JJ虹を見る編は全くの白紙状態・・・どうしようv-404

  • 情報ありがとうございます

    網が100均にもあるらしいんですか。
    あっちのお店に行く前に探してみます。
    蓼科山は女神茶屋の登山口から登りました。
    登山道が直登のコースです。
    初めて行ったときは、息子は泣きながら登ってましたが、今回はそんなことは覚えていないと言いながら2時間で登ってしまいました。
    荷物が軽いと体がよく動きます。

  • ありがとうヽ(´▽`)/

    いやいや9月早ッ!もう一週間経ったのですね~

    kumiさん♪レポアップ♪おめでとうヽ(´▽`)/
    っておめでたいんではないんかな(笑)
    う~ん♪いいですね~♪
    思い出します☆楽しかったヽ(´▽`)/

    写真提供JJシスターズ(メンゴ、ロビンちゃんだっけ、エミさんだっけか)
    撮影 エミさん・・・だと思う・・・
    は~い!私です(笑)
    kumiさんモデルにすると絵になりますよ!
    スリスリ~

  • Re食う寝るさん

    ありがとございます、食う寝るさんにお褒めいただけるなんて(笑

    で、、、?誰から、、、、?どんなこと、、、?
    私はたしか、、、その名のとうり清いグリーンだったようなv-356 v-356

  • Re maruさん

    蓼科山はどっちから入ったのかしら。。。
    JJツアーでも候補に上がったんですけれど・・・。
    暑そうってことで、却下でした。

    寝坊で、即山を切り替えられる、、、
    長野に住んでいるって本当に幸せよね~。

    で、例の網は、某釣具店&山道具店(たしか、会員だったと思いますが)にあります。
    でも、100均にもあったという噂です。
    ここはきっちりと要確認ですね!

    宿題は私も・・・トホホですわ。

  • Reレッドさん

    一瞬フェラーリに乗って登場かと思いきや(笑
    親指姫の妖精だったのね、ビックリんこ!

    えっと、レッドは・・・・・・・・・・・・・
    なあんも。。。。。。。。。。。

    まっ、レポはね、、、自分の記録みたいなもんだから、、のんびりとね。。
    続きは全くの白紙だけど、、、のんびりよ。

  • No Title

    あ、これ素直に
    いいレポですね~!
    が感想。v-314
    なんか、ほのぼのした優しい感じが伝わります。
    詳細は色々と聞いていますので触れませんが(笑

  • No Title

    山に登る理由が「宴会」となっている私にとって、あの「網」にとても惹かれます。
    早速買ってくることにしましょう(笑)。
    先週末、日帰り天狗をやろうと思っていましたが、寝坊したため久しぶりに蓼科山に行ってきました。
    レポの宿題がたまる一方です。

  • No Title

    ああ、また思い出しちゃった、レポまだです。
    ブルーも、しましまもアップ済みだから
    お腹一杯なっちゃって、気おくれしてもうておりましたが、
    グリーンもとなると、後になればなるほど、難しくなりますよね。
    グリーンのレポ、素敵だ!!
    JJも森の妖精と戯れて、若返ったよね。
    で、レッドの喜劇って、なにをやらかしたっけ?

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。