• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/08/29(Sun)

七倉岳山行8/15・16

皆様、暑い夏が続いていますが、夏バテしてません?

私はバテバテ気味ですわ。。。

さすがのエアコン嫌いの私もここ2日ほどお世話になってます。

長野の夜も半端でなく、、ゼーゼーですわ。


でも、やってられんわ、と思いつつも、以外とこの暑さ好きです。

日が短くなり、山々が赤くなると、そこはかとなく寂しくなっちゃうのです。

この暑さのなかでも、秋の虫の音がにぎやかになりました。



それはさておき、ほったらかしのレポですが、、、

前後しちゃうけれど記憶の新しい方からね。。。


北ア・七倉岳 2509mといっても、ピンと来ない方のほうが多い静かな領域です。

小さな小屋のあるこの山は縦走路の交差地点でもあります。

針ノ木峠から蓮華岳、北葛岳を縦走してくるコース

烏帽子岳から不動岳、船窪岳を縦走してくるコース

マニアックな、七倉岳から針ノ木谷、黒部湖へのコース


昔は裏銀座は七倉岳から入ったようですね。

今回はシンプルに七倉ダムから登りあげます。


8月15日  自宅発(6:40)?七倉山荘駐車場(8:00)

       登山口スタート(8:30)?鼻突き八丁(11:30)?

        天狗の庭(12:30?13:15)?船窪小屋(14:05)?山頂散策
        
        休憩含めて5時間30分

8月16日 小屋発(6:35)?七倉登山口(10:00)  休憩含めて3時25分

8月14日


青春切符で長野入りしたエミさんとは、1週間ぶりの再会。

まるで、恋人同士やわね。。(笑

しかし、青春切符で6時間も掛けてくる、その根性見上げたもんです。
 
私的には、外国行けちゃうジャン!ね。

ほら、マイ読書ルームみたいなもんだから・・・

軽くいなされてしまったわ、恐るべしエミさんパワー!

しかも、ザックから出てくるわ、出てくるわ宴会必須品が

ビール&泡盛&つまみの数々(泡盛でっせ!!信じられんわ!)



それは1週間テン泊装備でもこんなに重くは無かろうって程だ。。。。



この調子じゃ、山でも私のほうがへばりそうだわ・・・・。


宿題を長く溜め込んじゃうと、ついついあれも、これもと、思いだし、なが??いレポになってしまいました

適当にすっ飛ばしてくださいませ。

8月15日

昨日は、もはや過去さ!とばかりにさっそうと出かけますわよ♪


七倉山荘前の駐車場は、裏銀座に入ったと思われる人たちの車がかなりの数です。

誘導されたのはりっぱなトイレの前。

隣の静岡ナンバーの車のお父さん、ものすごい真剣な顔です。

一滴もこぼすまいと、

ワインをビンからほれ、ビニールの水筒に(JJな私はとっさに名前が思い浮かばんのよね)移してます。

その真剣さわかります!わかります!

でも、普通は家で、そこだけは準備万端整えてくるんじゃないかしらん。。。

横では奥さんが、そりゃ多いんじゃないかしらっていう冷たい目で見ているのもおかしかったけれど。。。

縦走かと思いきや、烏帽子小屋で戻ってくるそうな(笑

あの真剣さは、槍まで行きそうな気配だったんだけどね。。。


さて、さて、

相乗りを求めるタクシーを、意味のわからん優越感に浸りながら、、、

「ごめんなさい、七倉なもんで・・」と言いつつ、トンネルに向う。

そう、ここは裏銀座の入り口なのよね。

ここはタクシーしか入れません。

100815nanakuradake (66) 
                                          エミさん提供



トンネルに入ってすぐそこに登山口があります。

川沿いの気持ちの良い広い道を進むと登山口です。

ここから、川音を背に登り上げます。

             2201008151nanakurata0006.jpg 

この、コースタイムはかなり甘めです。

以前もゆったり休み、天狗の庭で50分程ゆったりして5時間位でした。


急登の中、すばらしいブナを楽しみます。

八ケ岳の苔むした情緒ある森も素敵だけれど、北の森の美しさが大好きです。

 
 2201008151nanakurata0008.jpg 


                                     100815nanakuradake (79) 
                                                                                                 エミさん提供
                                                                                                    
清清しい緑に心癒されながら登りあげます。

良い森です。

でも、森の中はそよとも風が吹きません。


2201008151nanakurata0010.jpg 

瞬く間に、汗が吹き出ます。


9:30

「まだ、まだ大丈夫よ!」 ワシワシなエミさんよ。

「いえいえ、エミさん、先は長いから、ここで休憩しましょ。」

二人ともハイドレーションを背負っているため、水分補給はこまめに取れる。

でも、とりあえずは、1時間に1回の休憩をいれよう作戦です。

ゆっくり、のんびり行こうよね、なのですわ。

ブナ立尾根の急登より、私的にはこちらの方が急斜面だったような記憶です。



ガスが高い木立の葉の中を泳いで行く。

変な表現で恐縮だけど、静寂の中の、躍動感かな。。。

深い森の中、小鳥の声も、虫の声も聞こえない、、葉を揺るがす風さえも無い。。。。

そんな中、ガスだけがかすかに動いていく・・・神秘的です。

2201008151nanakurata00017_20100824211443.jpg 


森の精気で、一気に汗が引いて行くのがわかるわ。

首を痛いほどそらせても、梢の先を見ることは出来なかった。

下界で、こんなに首をそらせることは無いけれど、、、

ついつい立ち止まってしまう。。。 自然ってすごいパワーだわ。





                 100815nanakuradake (114)

                                        エミさん提供

巨木の森に入り込んだかのような素敵な写真ですね、emiさんありがとう。


         100815nanakuradake (110)   
                                                 エミさん提供.


10:00

急登をこなし、唐沢覗き に着くも唐沢は姿を見せず。

当然スルーです。



          2201008151nanakurata0026_20100824211443.jpg 


尾根道ですから、登りだけではありません、アップダウンありね。

気持ちの良いメリハリのある道を楽しみます。


          100815nanakuradake (198)
                                                エミさん提供

それなりの道ですが、しっかり整備されてます。


         2201008151nanakurata0031_20100824212727.jpg 

     おっと、失礼、、、。でもね、角度がすごいからこうなっちゃうのよね。。。


         2201008151nanakurata0032_20100824212728.jpg  

 



11:20


休憩タイムのちょっとドキドキな唐沢岳。


餓鬼岳から行った時が思い起こされる粋な孤高の山です。

私の中ではかなりの強烈なインパクトのある山ですわ。



      2201008151nanakurata00041_20100824212728.jpg 


「エミさん、これだけ、階段もこなしたし、胸突き八丁もう、終わったかもね♪」と・・・




        ガガーン!!


11:30

この看板、ここで終わったわよ♪ ってことではもちろんないのよね

りゃまあ・・・・・・

胸突きじゃなくて、鼻突が待ち構えてるのか!

ってことは、今までの急登は、あれはなんだ!の胸突きだったのねん・・・



      2201008151nanakurata0045.jpg 


やったろうジャン!  闘志がムクムク!



    2201008151nanakurata0047.jpg 

はい、階段攻撃です。

2201008151nanakurata0048.jpg  2201008151nanakurata0049.jpg


              2201008151nanakurata0050.jpg 


その後も、もはや笑っちゃうほど出てくる。




             2201008151nanakurata0053.jpg

ワシワシとこなすエミさんであった!


       2201008151nanakurata0051_20100824215152.jpg

はい、私もガンバっております。

       100815nanakuradake (224)
                                        エミさん提供

                                      
樹林帯をようやく抜け出すと・・・やっと、お花にであえました


            2201008151nanakurata0056.jpg
                            アキノキリンソウ


            2201008151nanakurata0057.jpg

           ぞうさんのお鼻がかわいらしい ミヤマホツツジ

12:30 天狗の庭


        2201008151nanakurata0061.jpg 


  今日はガスガスで、残念ながら展望が効きませんね。

唐沢岳から、一気に高瀬ダムになだれ込む、その姿にまた感動。


      2201008151nanakurata0065.jpg 


眼下には高瀬ダム湖

       2201008151nanakurata0079.jpg


             

唐沢岳の奥の餓鬼岳は残念ながら雲に巻かれています。

    2201008151nanakurata0067.jpg 
   

当然ながら、今日は槍は雲にすっぽり覆われています。



  ゆっくり、雲のダイナミックな動きを楽しみながらランチタイムです。


 足元には、今が旬なクロマメノキの実がびっしり。

食後のぜいたくなデザートです。
        
                     2201008151nanakurata0070.jpg



13:15
       
のんびり 休憩の後は、稜線歩きを楽しみましょ。

 っていっても、山頂はまだ見えてないんだけれどね・・・ !



         2201008151nanakurata0078.jpg  

13:35?14:00

お花畑にようやっとやって来ました。気持ちの良い道が続きます。

当然ながら、足が進みません。

あっちにうずくまり、こっちにうずくまり、写真とりまくりです。

お花畑で遊びましょ♪
   

       2201008151nanakurata0125.jpg    


そほはかとない気品が、大人の花だわな タカネシュロソウ こんなに紅いのは初めてです。



       2201008151nanakurata0121.jpg

  2201008151nanakurata0094.jpg  2201008151nanakurata0095.jpg  
      薄いピンクがかわいいイワカガミ                    ハクサンチドリ


  2201008151nanakurata0243.jpg  2201008151nanakurata0252.jpg
           秋の花ウメバチソウ           ハクサンチドリの黄色バージョン ホソバノキソチドリ



監督から借りたルーペの世界も楽しみます。



         2201008151nanakurata0097.jpg 



タカネヤハズハハコがぐっと迫ってくるようよ。

         2201008151nanakurata0098.jpg



2201008151nanakurata0102.jpg  2201008151nanakurata0117.jpg
    ミヤマコウゾリナ                        アキノキリンソウ


       2201008151nanakurata0126.jpg

      黄色同士、仲良くしましょ♪ ウサギギクはいつも元気いっぱいね。


雪渓がいつまでも残っていたのか、チングルマも短い夏を謳歌してます。

     2201008151nanakurata0108.jpg


なぜか、カメラを向けたくなるチングルマのホネホネ(すみません、個人的命名ですわ)

     2201008151nanakurata0111.jpg


急登の先のご褒美のお花畑についつい遊びまくってしまいました!

14:05 船窪小屋にようやく着きました♪




       2201008151nanakurata0136.jpg 

あれれれ???あれは???

       エイジさんじゃありませんか!


  こんなところで、バッタリ!ってすごくない?

       2201008151nanakurata0137_20100829072606.jpg 



すぐ、仲間に入りたい、はやる気持ちを押さえ山頂に向います。

         2201008151nanakurata0140.jpg 


小屋からわずかな距離のお散歩ですね。





                  ふふふ・・・2509mでの喜びの舞です。



            2201008151nanakurata0151.jpg





  大きな、どっしりとした蓮華岳から北葛岳


 私の中では、ど根性コースでしたが静かな山歩きが楽しめます♪  

エイジさんの話では、まだまだ、コマクサたくさん咲いていたようで、白いコマクサもあったみたいですよ。


蓮華岳のコマクサは圧巻です。

山容を覆いつくすがの如きです。  


      2201008151nanakurata0152.jpg


めまぐるしく動く雲の動きはピーカンとはまた違った楽しみだ。


     2201008151nanakurata0167.jpg


昨日は20人だったという宿泊者も、今日は少なく、みな和気あいあいでお酒を酌み交わします。


エイジさんたちは、扇沢から新越山荘を得て、針ノ木、蓮華を越えて・・・

ご夫婦は烏帽子から船窪岳のコースで蓮華に向うと・・・

圧巻は黒部湖から読売新道を野口五郎岳まで1日で歩き、、今ここにいちゃってる男性・・

みんな、山が大好きなのねぇ。

そして、みんなお酒が大好きなのねえ(笑

縦走のために担ぎ上げたお酒が、もうここでなくなっちゃう!と焦りまくって、でも飲んじゃってるお父さん。

私たちも、前夜は、、、それ、多いんじゃない?と、ビンに戻した事を深く後悔しましたわ。

テン泊装備のイケメンお兄ちゃんも、今日は小屋どまりなようです。

誰かが、歓迎の鐘を鳴らす。これは、うれしいわよね。

お兄ちゃんも疲れた顔から喜びの顔に変わる。槍までは長い道のりだからね。。。



      2201008151nanakurata0173.jpg 




    エミさん!薪割りじゃないのよ!


2201008151nanakurata0174.jpg 
                        2201008151nanakurata0175.jpg


 小屋のランプに灯がともった。


              2201008151nanakurata0182.jpg


囲炉裏の火が疲れを癒し心を和ませる


             2201008151nanakurata0238.jpg


おかあさんの心のこもった手料理が処狭しと並びます。



              2201008151nanakurata0180.jpg

電気の無い小屋ゆえ、野菜はムロに保存しておくようです。

朝、登山者を送り出すと、おかあさんの夕食作りが始まるそうです。

乾物を水で戻し、、手間隙のかかる料理ばかりです。

お手軽な冷凍食品など、当然あるわけのない素朴でおいしい料理です。



小屋の前にいながらにして、夕焼けに染まる槍から剣まで楽しめる贅沢さです。

山泊の楽しみの時間ですよね。

    2201008151nanakurata0209.jpg


   2201008151nanakurata0215.jpg




8月16日 




  2201008151nanakurata0235.jpg

う?ん、すっきりしない夜明けですわ。

 霧が雨に変わってきた。風も強い。

縦走を断念しこのまま下山する人、強行突破する人と様々だ。


        
             2201008151nanakurata0239.jpg



6時過ぎに出発するエイジさんたちを見送りゆっくりコーヒーを味わう。

     2201008151nanakurata0240.jpg 




6:30  私たちもおかあさんの鐘に見送られ小屋を後にする。

     2201008151nanakurata0241.jpg 



雨も止み、、、お花畑で、また遊び・・ゆっくり下ります。


水滴が宝石のようにキラキラ輝き、瑞々しい。


         2201008151nanakurata0258.jpg 


この雷鳥くん、登山道をずっと先導してくれました。

          2201008151nanakurata0261.jpg 





10:00 ようやく川が見えてきました。


    長いくだりでした!

    2201008151nanakurata0276.jpg 


 ススキか、、山の秋はもうすぐそこだね  

        2201008151nanakurata0284.jpg 

葛温泉で汗を流し、素敵な山歩きが終わった。

      2201008151nanakurata0286.jpg



北アの王道から外れた、静かなそして、素敵な山でした。


いっしょに歩いてくれたエミさんのレポは こちら
からどうぞ♪


Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment12  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Re専属カメラマンさん

    650枚か~!

    ってんで、小屋から山頂へ向う時点で、、、
    エミさん ・・・・393枚
    クミ・・・・・・・・130枚

    圧倒的な差ですわね。
    それでも、私はエミさんに触発され、かなり多いほうなんだけどな・・・。

    数じゃないのよね、やっぱセンスってもんでしょが。。。
    ハイ、私も一眼レフ欲しくなりますわ~。。
    でも、山では、身軽も捨てがたい!
    いつも、狭間で揺れています。

  • ロゴスさん♪ありがとうヽ(´▽`)/

    >エミさんの写真はいいですね。
    なんせ~650枚くらい撮ってます。数撃チャあ当る(笑)

    >モデルがいいから・・・
    そうかも~♪

  • Re食う寝るさん

    そうね、船窪小屋はこれで3回目だけれど、とっても温かみのある小屋で、そこに集うひとたちとも、自然となごやかになれちゃうような小屋ですわ。

    ほらほら、食う寝るさんも迷パートナーがいさ、、、
    つねに、やってくれちゃうから、楽しそうだわね(笑

  • Reロゴスさん

    はい、宿題はパッパとやらないとダメですね・・・。
    間延びしたレポになっちゃいました、お恥ずかしいいです。
    写真は本当にむずかしいわ、撮るときの気持ちと、うらはらなもんの方が多いなりよ(笑
    蝶の世界はまったくわからないんだけれど、、貴重種だったんですか、ひとつお勉強になりました。

  • No Title

    船窪小屋は行ってみたい小屋のひとつです。

    長いレポだったけど、一気に読んでしまえる魅力がありますね。
    emiさんとの山行の楽しさがいい感じで伝わりますよ。
    よいパートナーですね。

  • No Title

    待ちに待ったレポ素晴らしいですね。
    エミさんの写真はいいですね。モデルがいいから・・・
    それは納得。いや、kumiさんの写真のモデルもいいですよ。
    写真は撮る時の気持ちが素直に現れるし、
    人柄がでるのでしょうか。とっても楽しいレポです。
    それと蝶の写真もいいですね。モンキチョウですよね。
    ぼくも見ましたが、クロマメノキのある所しかいない蝶だそうで。
    とっても貴重なもののような気がしますよ。

  • Reエミさん

    はい、こちらこそ、またよろしくですわ。
    専属カメラマンさまよろしく♪
    今度はどこのお山にしましょかね。。。

  • Reロビンちゃん

    宿題まだたんとあるのよねv-395

    夏バテにはまって、、、山に行く元気もなく、日曜の昨日は、汗だらだらで、大掃除でしたわ。

    エミさんの写真素敵でしょ。(まぁ、ほれ、モデルが・・・やめとこ)構図がいいわよね。
    専属カメラマンにしたいくらいよ。
    秋は短し、恋せよ乙女ですわね。。。

  • No Title

    8回ですよね~!!!
    ありがとうござんす☆
    はい~♪kumiさん♪これからもよろしく~ヽ(´▽`)/

    ルーペのタカネヤハズハハコに1本!
    河童さん気分♪

    チングルマのホネホネもいいね~
    ホネホネが開く前はこんななんだ~
    私は気がつかなんだ(笑)

    ろび先生に褒めら嬉しい~ヽ(´▽`)/

  • No Title

    宿題ちょこちょこ仕上げてますなー(笑
    えらい えらい なんちゃって。
    ルーペから覗いたお花 上手く撮れてるじゃないですかー
    へぇー 面白いなぁ
    このルートいい感じ すきな感じ
    秋にいいかも(って秋にいい山ばっかり)

    んで エミさんがくみさん写した写真いーですね。
    構図がばつぐん。おそれいりやした

  • Reエミさん

    ほ~、やっとレポ出来ましたわ。。。

    フフフ・・・たぶん月一の割合ってことで、8回はご一緒させてもらってるわね。。

    相性がいいのね、きっと。

    また、遊びましょ♪

  • ほんと恋人みたい(笑)

    今回で今年何回目のご一緒お山行きでしょうか♪
    ありがとうございました~ヽ(´▽`)/ 
    レポを読むと、また楽しさがよみがえってきますね。

    いやいや~お花のドアップめっちゃかわいい~

    そうそう、なんでだろう、ライチョウのことすっかり忘れとったです(笑)
    さっそく挿入しなくっちゃッ~

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。