• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/07/24(Sat)

花三昧の火打山1

7月17日、世の中は3連休だけれど、私はせっせと、テキパキ仕事をこなし、

5:30には会社を飛び出した。やる時はやるんです!


私  「やっと開放されたよ?、いまどこ?」

ロビンチャン 「今、川中島の古戦場よ、これから行くね」

ふ?ん渋いとこ観光してたのね。。。。 地元の私も行った事がないのよね。

長野はどしゃぶりの雨と雷の日が続いたが、やっと梅雨明けした。


去年のリベンジ山行きを計画していたのだが、


そう、去年はおかげで、雨の高遠でゆったりした時の流れを楽しみ、、、

思いもしなかった木曽駒・宝剣岳に行く事ができちゃったのよね。



このところの豪雨でかなり地盤が緩んでいるだろう・・・

まだまだ、天気は不安定ゆえ、稜線歩きはヤバイかも・・・


師匠の妹分、みさきさんの思いは、またまた持ち越されちゃったわね。

楽しみは、ほら、とっておきましょね。


さて、我家での作戦会議(ハイ、あくまでも大人の会議してたのよ)の結果

「火打山」と急遽場所を変える事になった。

       ハクサンコザクラに逢いに行こう♪





7月18日


前日松本入りしていたみさきさんも朝6時30分には我が家に到着。


8:20 笹ヶ峰キャンプ場の駐車場はすでに満杯だった。

    京都ナンバーのバスからは団体さんもどやどやと降りてくるし、


    恐るべし百名山!

   果たして、テン場を確保できるのか、新たなる不安もよぎる。


   しかし、空が青いわね?、いいね?、夏山だわ!
   
         201071819hiuti0001.jpg

木漏れ日のブナの中を歩き始める我らはとっても爽やか気分。




      201071819hiuti0002.jpg



 暑い!暑い!

 ブナの森はそよとも風が吹かず、流れる汗が目にしみる。


     201071819hiuti0007.jpg


今年初のテン泊装備は応えるわね、よっこらしょ!

はい、心の声なりよ、けして声には出しませぬぞえ。

いや、たしか、心の声だったような、、、いや、たしかに心の声だったはず・・・


十二曲がりの急登をヘロヘロ気味で登りあげる。


昨夜、長野はすごい雷雨だったが、

テン泊装備の下山者に聞くと、以外や降らなかったよう・・・

今夜も降らないで欲しいわね。


    201071819hiuti0009.jpg

12:15 高谷池ヒュッテ。

    テン泊装備でゆっくり、ゆっくり歩いた割には良いペースだったわね。

    さすが師匠のトップさばきは巧みだったわ。




    201071819hiuti0012.jpg


わ?い、わ?いビールだ! (これは、ハイ、心の声ね)

                

                   はい、我慢しまする。 。。




  まずは、テント設営ね。

しかし、雪融け&雨のせいて、テン場はグチャグチャだわ。

誰かが、こりゃ田植えが出来そうだといっていたが、

すこしはよさ気な場所をなんとか確保。

いつも、一人で張っているが、うんうん、二人でやるって、こんなにも早いのね。

瞬く間に2張り終了。

さて、ここからはランランランの超身軽で山頂を目指しましょ。

 
    201071819hiuti0015.jpg



雪渓の上は涼しくて気持良いわね。

しかし、皆様姿勢の良い歩き方だわ、見習わなくっちゃ・・・

   201071819hiuti0020.jpg 


   



今年は残雪が多いとのことだったが、山頂直下も雪は融けている模様

湿原を渡る風が心地良い。



   201071819hiuti0037.jpg 

何度か訪れてはいても、こんなにものワタスゲ揺れる時季は逃していたのよね。


いいね、このゆったりした開放的な広がり。


   201071819hiuti0036.jpg 


振り返れば、妙高山へと続く稜線、疲れがぶっ飛びますね。

階段攻撃もなんのその!



   201071819hiuti0053.jpg 


 お花満載の中をもうひと踏ん張りね。

 しかし、ガスが、ガスが、、、、


   201071819hiuti0058.jpg 


14:45 2461.8mの山頂はすっぽりガスの中



   201071819hiuti0066.jpg 


見上げた空はあんなに青いのに、嫌がらせかよ?。。。

山頂の風が、暑い今日は心地よいわ。


   201071819hiuti0068.jpg 


15:20

ガスが切れてくれないので、、さて下りましょ。

ミヤマキンポウゲ咲き乱れる中をのんびり行きます。

   201071819hiuti0071.jpg 


下りって、気分が楽よね?

さっきまではわが身だった汗だくの登山者にも、やさしい声が出る余裕ね。

湿原を見下ろしながら下る爽快感がたまらないわ。


   201071819hiuti0078.jpg 




さあ、お花ワールドを楽しみましょ♪



そう、いつもは日帰りで気ぜわしかったけれど、今日はのんびりできるのよね。




         201071819hiuti00090.jpg 

          大きなコバイケイソウも小さな小さなひとつの花はそれはそれはかわいらしい。




ねえ、その体勢ってきつくないの?

若い証拠やね、、、私にはもう出来ませんわ、うらやまし、だな。

   201071819hiuti0093.jpg 


 花はぱっとしないのに、、、


緑の湿原に白い綿毛がゆらゆら揺れる姿は絵になるわね。



     201071819hiuti00098.jpg 


ユキワリソウの姉さん格だわ。

ピンクの絨毯がどこまでも続いて、本当に可憐です。

今日はお日様いっぱい受けて気持ち良さげだけれど・・・

あの、すごい雷雨に打ち震えていた姿を思うと、いっそう可憐に思われる。


    201071819hiuti00101.jpg 




今日出合ったお花の一部です。



201071819hiuti0016.jpg  201071819hiuti0039.jpg

キヌガサソウ・・・湿原の側にワサワサ咲いてました。            モミジカラマツ



201071819hiuti0043.jpg   201071819hiuti0045.jpg

イワイチョウ・・・は大群落でした。秋には黄色の葉っぱが楽しめますね。  

小さな小さな星のようなクルマバソウ

201071819hiuti0047.jpg   201071819hiuti0046.jpg

存在感アピール度満天のクルマユリ      自信ないけれど、、、トリアシショウマ

201071819hiuti0050.jpg  201071819hiuti0049.jpg
ちょっと地味なムカゴトラノオ             ミヤマオダマキはきつい登りを癒してくれるわ

201071819hiuti0054.jpg     201071819hiuti0075.jpg
ヤマハハコ                        大きなマルバダケブキ(丸葉岳蕗)

 201071819hiuti0082.jpg  201071819hiuti0088.jpg
鶴のくちばしみたいなヨツバシオガマ       ベニバナイチヤクソウ・・花は下向きよ

201071819hiuti0055.jpg    201071819hiuti0062.jpg
大群落のお馴染ミヤマキンポウゲ         ウサギギクはこの家族だけしか合わなかった
 

201071819hiuti0051.jpg 
ちょっとユーモラスなタカネヨモギ



 今回写真には撮らなかった花を引っ張り出して・・・

名前が思い出せず、、、

ロビンちゃんがオオアマドコロと勘違いして、、ハシリドコロ!(どれも違うわね)と言った

タケシマランはよ?く見ないと見過ごしちゃう地味な花ですわ

            2010708jiigatake0118.jpg
                      (爺ガ岳山行で撮影)


その他写真には撮らなかった花たちは

黒沢岳トラバースの斜面にはオオバミゾホオズキの黄色の群生やサンカヨウ.・

エゾシオガマ・ハクサンチドリ・ミツガシワ・ツマトリソウ・ゴゼンタチバナ・ミツバオウレン・アオノツガザクラ

ハクサンシャクナゲ・イワカガミ・ベニバナイチゴ・・・・・きりがないわ。



さ?て、お花も堪能したし、


やっと・・・やっとこさ


           はぁ??うまっ!


山で飲むビールはなんでこんなにおいしいんでしょね。

同じヒウチに行った仲間はずっこけシスターズだったようだが、我らは大人ゆえ・・・

静かに、穏やかに(笑)夜の部へと突入していったのであった。。。

北アから火打山に変更と決まったとたん、

カバーだけで大丈夫でしょと、ザックからシェラフを放り出した私は、朝方の寒さに震え、、、

ええ、火打を侮っちゃいかんのね。


満天の星もしらずに眠りこけてましたわ。

                              つづく




Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reエミさん

    えらい!
    >一杯で十分です! 
    これホンマ? 信じる人いるかな~。。

    いってきましたよ。
    朝5:00から17:30って、あなた、
    恐るべし、12時間行動ですね。
    きぬエミ隊には付いて行かれませんわ!

    お手柔らかにお願いいたしまする。。。


  • お花きれい~♪

    いいですね~
    ミヤマオダマキは出合えると、ほんとほっとさせてくれますよね☆
    そうそう一仕事後の1杯はたまりません~
    一杯で十分です!
    ヒウチ違いでもどちらもいいお山♪
    こちらも2日目のヒウチ登山で。ずっこけシスターズって言われても仕方のない出来事が~
    はい(笑)

  • Reロビンちゃん

    いえいえ、こちらこそ、楽しい山行きありがとう。
    そして、ステーキ情報ありがと。
    ロビンちゃんたちが、前回ググッと我慢したおかげで、ありつけたからね。
    (まだ忘れられない、オソロシヤ欲望)

    そう、「ハクサンコザクラに会いに行こう」ってパターン私の中では多いよ。
    「剣を見に行こう!」だとあの石畳の柏原新道も行けちゃうしね。。
    今年は、「ミヤマハナシノブに会いにいこー」と思っております。
    で、あのマツボックリを地面に刺したような不気味なのはミヤマウツボって言うらしいよ。。
    う~んミヤマをつければ何でもありなのねぇ。。。

    ハイ、山ではなぜかよく眠れます。

  • さすが

    お花の名前 メモらせていただきました(笑

    おつかれさんでしたー 毎度お世話になりますね。
    なんかさ、今回の『ハクサンコザクラに会いにいこー』っていうノリいいよね。
    たとえ天気がもう一つでもこんな目標があるとね
    お花に出会えただけで もう充分だもんね。
    しかし、今回は天気もサイコーだったけど(頂上のみペケ)
    あのビールの味は忘れられません。
    つくづくいい山だな~と思います。
    ただただ残念、あの満点の星空はみとかにゃーそんそん♪

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。