• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/04/29(Thu)

春を摘みに

4月28日 代休ね

夜中じゅう吹き荒れた雨も上がった。


         20100428iidunakougen0001.jpg

 雨をたっぷり吸った大地が太陽に照らされ、息吹しているようだ。

地熱ってすごいのね!

20100428iidunakougen0002.jpg

はい、一面のクレソンです。

昔々、飯綱山から眺めたら、ここだけが緑だった!???
(飯綱山から見えたかどうかは不明だけれどね)

こんこんと清水がわき、その脇にはクレソン畑!

そして、我が父たちが若かりし頃ここに居を構えたそうな。

小川に沿うように家があります(今でもね)

水道の無い頃は生活用水でした。

かすかな記憶ありね。

その頃は、川の水を大切に、大切に使っていたわね。

昔のかすかな記憶を辿れば、台所の中に小川が流れていた!

長い長い庇が小川を覆っていた。

おばあちゃんは、お釜に残ったご飯つぶを、ときおり川に放り投げる。

岩魚がスッと寄って来て・・・

そんな時代もありましたのよ。。。

春と秋のお祭り前には川掃除を皆でやる。
流れを変えると、水のなくなった小川では岩魚がピチピチと跳ねていたっけ。。

水道の今の時代、この小川に岩魚は住んでいるのだろうか・・・

私も、この地を離れ長い年月をかさねてしまった。


飯綱高原の春は遅い。

緑の野菜の無い春先は貴重な食材だった。

竹ザルにその日食べる分だけ摘みに来る。

そう、摘むのであって、根は残しておくのよね。。。

そうすると、また成長してくれるのよ。

その頃はクレソンなんてハイカラな名前はなかったわね、西洋せりだわ。

そんなはるかな昔に思いを偲ばせながら・・・

摘み取ってきました。




         RIMG2791.jpg

まだまだ、桜も蕾な飯綱高原です。
Home | Category : つぶやき |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。