• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/02/22(Mon)

20分で敗退の雪山

2月21日(日)  予報

楽し、素晴らしい絶景の飯綱山行きからあっという間に時は過ぎ去り

陽射しに春の匂いを感じる好天気の日がやって来た。

あれこれ、悩みつつ・・・

第一候補は八方池散策・・・

しかし、去年のちょうど今頃強風に翻弄された恐怖が甦る。。。

それじゃ、信州百名山のひとつ、虫倉山 はどうかしら。

1378mと標高はいまいちではあるが、眼前に北アの大パノラマの魅力は大きいぞ。

 

                  20100221musikura0005.jpg


登山口まで、しっかり除雪してありました、ありがたや。

しかし、今日はわたしが最初で、そして最後なのか、、、

うっすらと雪の積もった林道を恐る恐る登りあげていく。

長野市内ではここんとこすっかりご無沙汰の積雪期の運転に慣れていないので、下りが気に掛るわ。。。

 

9:00

誰もいないうっすらと暗気な登山口でアイゼン装着。

杉林をジグザグに登る。

そして沢伝いに歩き始める。

里の雪の少なさにビックリしていたのに、なんですかこの雪の多さは!

そのギャップに恐れおののく。

                                 20100221musikura0018.jpg 



そこかしこに雪崩の後 


                                 20100221musikura00177.jpg


飯綱山とちがって、沢を登りつめていくって感じなんだけれど・・・

かすかなトレースらしきものは一応ある。本当にかすかに、、、ね。

しかし、沢のなかの雪は風の影響を受けないためか、もぐる!もぐる!

今日は気温が高くなりそうだ。。。
雪崩は恐い


ソロで誰が来るとも知れない山で、まずいっす。

信州百名山とはいえ、やっぱりマイナーな山なのね。

3月末ともなれば、あの山頂からの絶景を楽しめるかもね(う?ん春霞って言う強敵もありだが・・)

ここを登る勇気も無謀さも ないからして、そく踵を返す。 

                                    20100221musikura00199.jpg


風がないからか、樹氷がツンツン針のように伸びています。 

                                   20100221musikura0044.jpg


登れず振り返った山はことの外美しかった。 

                      20100221musikura0054.jpg


   それは、私を寄せ付けてもくれなかった。



                  20100221musikura00588.jpg 



今の私は遠くで眺めるでけで、満足だった。

くやしいけれど、自然の素晴らしさ、恐さには太刀打ちできないわ。



20100221musikura00611.jpg 




そうとなれば、もうひとつこれまたまったく違うキリリとした冬山を眺めつつ



温泉にでも浸りましょ♪





オリンピック道路を白馬まで足を伸ばす(すぐそこですから)

あ?あ、やっぱりね、選択肢を誤ったのね。

青空の下、神聖という言葉が似つかわしいほどに、きりっとした姿が眼の前に立ちはだかっている。





   20100221musikura00822.jpg

遠見尾根にガスが漂い五竜岳が人を寄せ付けない荘厳さで輝いている。

これぞ冬の北アだ、ゾクゾクしてくる。

 

   20100221musikura009444.jpg

あーあ、あの尾根の向こうの素晴らしい世界に最初から足を運んでいたらなぁ・・・

      20100221musikura0079.jpg

この好天気にどっちの山にも登れす、、、、

絶景ばかりを堪能し、、、、

ほんわか、ほんわかなで、のんびりして帰ってきました。

帰り道に道路から眺めた虫倉山は

 

                20100221musikura0103.jpg

 

朝の輝きはなくなり、やさしげな里山に見えたわ。。

まっ、こんな晴天の過ごし方もあるわな。。。。

 

 

   

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment11  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Re監督さん

    おお~カトマンズですか。
    古い映画or歌にあったわね~・・・
    郷愁を誘うような響きですわね。。。
    あっ、でもお仕事なのよね、ご苦労様です。
    >攻めと守りのバランスがいいですね。
    いえ、いえそんな・・・ただの思いつき山行きです。
    でも、虫倉山も素敵な山なんですよ。

    飯綱山は、本当に素晴らしい景色の下でうれし、楽しの山行きでしたわよ。
    今度は男の子も混じえて、つっこみしてもらいましょか、フフフ。。。

    でも、やっぱ、唐松リベンジしたいわね~。

  • さすがはkumi長さん

    攻めと守りのバランスがいいですね。感心、感心。
    送れ馳せながら、ここカトマンズで5人塾女の飯綱レポ巡り、じっくり反芻させていただきましたよ。雄大な自然の中でボケの連発、これ以上素晴らしい山行はありませんね。

  • Reケッチャプリンさん

    はいはい、イチカバチカの勝負はしませんわよ!

    冬山は、恐いからね~。。。
    あ~ぁ、師匠のお小言が聞こえてきそうだわ。

    そう、そう、私的には、白馬三山より、五竜の男っぷりに惹かれまする。

    今日の長野の夜はストーブもいらない暖かさよ。
    朝は-1度だったけれどね。。

    方々の山で雪崩があったんじゃなかろうか。。
    戸隠のれいのデークの話しだと、
    戸隠山の雪崩の音が中社まで響いて来るそうな。

  • No Title

    いい景色だねー 圧巻。
    オリンピック道路から白馬までいくとこんなに近くに見えるんだね。
    クミちゃん
    この時期、雪もヤワくなって 単独で人の入らない山は注意ですぞ。
    そんなイチカバチカの勝負せんでも 長野はたっくさーんの
    美味しい景色や感動が転がってるんだからね。

    五竜って魅力あるよね。なんでかな

  • Reきぬさん

    一歩も歩かずにこの絶景って、、、
    逆にストレスになるのよね。。
    やっぱ、絶景は
    ワシワシと登った山から見るのが一番よ!

  • No Title

    あはは、温泉で終わりかと思ったら、続きがあった!
    また、寝ぼけたかと思った。
    人を寄せ付けない、神聖な山々を前にして
    ただ、唖然とたちつくすしかないですね。
    登るのもあこがれるけど、
    立ち尽くすもの好きです。

  • Reきぬさん

    ごめんごめん、出勤前に写真だけ貼っといて、、、、帰宅後って思ってたのよね。
    で、きぬさんがコメントくださった後にも続編ありですわ。。。
    ごめん、ごめん・・・ビールを飲みにちょっと席をはずしました、失礼。

    あの~、私の後に続くとさ、晴天のチャンスを逃すなり~。。。。

  • No Title

    あらら、なんと、コメント書いて、見に来てみれば
    字が増えている。。。
    さっきは写真だけだったのにな~。
    一瞬、夢かとおもったぁ。
    「寄せ付けない雪の山」益々、魅力を感じますね。
    「滝」は温泉の打たせでいいかもって、ひよりました。

  • No Title

    うんじゃ~、
    本部長に続け!
    我らも滝に打たれにいきまっしょい。

  • Reロビンちゃん

    ふふふ、お清め大好きなれど、、、
    ほんまもんのお清めはね、私には恐れ多くて・・・

    その後、しっかりぬくぬくな温泉でお清めしてきましたわよ~

    や~、いい湯やったわ~。。。

  • No Title

    すんげーっ
    お清めの後に 滝に打たれにいったん?

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。