• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/01/20(Wed)

飯綱山のつづき編ですわよ

 1月17日 (日) 277 &278

9:15 登山口

 狛犬さんがなんか恐ろしい事になってますよ

  ちょっぴりかわいそうではあるけれど・・・

 自然ってすごいことやっちゃうのね、、、、

鳥居の前で独り大笑いをしてしまいました。

 

                           20100117ioizunayama0002.jpg

新雪の上にトレースありですわ。

先行者は3人ぐらいな模様 、ヨシヨシ。

男性二人を追い越します。

(本当は追い越したくなかったが、譲られると、ついいやとは言えない私)

駒つなぎの場所を過ぎると、冬道直登の急斜面が、待っている

けっこう滑ります(アイゼン必須場所)新雪で足場が安定しないためキックスッテプで登りあげます。


      20100117ioizunayama0007.jpg

おじ様がフーフー言いながら下ってきた。

おっ、はや?と思ったら、

「もう心臓がバクバクしてだめだ、途中で引き返してきたよ」

あれ??前にもそんなこと言っていたおじ様がいたが、同じ?

「いっしょになって、登って行った人は、65歳だってさ、本当に女は強いやね、俺はもうだめだわ」

青空がないと、寂しげな景色ですね。

年末に来た時とはえらい違います。

この辺りになると、ふかふかの雪です。

小さく見える方は、さっきのおじ様いうところの65歳の強いおんなな方ね。

      20100117ioizunayama0012_20100117165545.jpg

 その65歳の強い方は、

「西登山道との分岐ってどこら辺りかしら、分岐までと思って登ってきたんだけれど・・・・」

「え?ここが分岐だと思いますよ。でも、もうすぐ南峰だし、行っちゃいましょうよ」と私。

そんな会話をしている私たちの脇を女の人が追い抜いていった!

ふ?ん、この光景をおじ様が見たら(笑)

ふふん、女は強いのよね♪

       20100117ioizunayama0013.jpg 

 年末に来たときには、鳥居の下の段にカメラを三脚代わり置いたが、もうすっぽり雪の中

         20100117ioizunayama0014.jpg

11:55 南峰到着       

        20100117ioizunayama0020.jpg

 これは12月27日(3週間ほど前ね)の時の神社の様子

                            20091227iizunayana00222.jpg  

  中に居ながらにして、神社の中から苗場山方面の山々を眺める事ができました

                           20091227iizunayana0049.jpg

 そして、今日は、匍匐前進(こんな字なのね、読めんわ、私にゃ)しないと入れそうにない。

っていうより、滑り台のごとく、神社の真ん中にヒュ?、ドタンだわ。

(まあ、屋根まですっぽり雪ノ下ってこともあったから、そう多い方というわけではないけれどね)

              20100117ioizunayama0018.jpg

 分岐までといっていた方も、もう一人の女性も休むことなく、山頂のある北峰に向っていった。

わたしはといえば、

ふ?ん、元気な先輩だわね?、、でも、この天気じゃ、展望も無いしね・・・

      20100117ioizunayama0019.jpg

神社の中で休もうという目論見が見事に外れたので、適当な場所を捜す。

おっ、あそこの木の窪地が風を防いでくれそうよ

          20100117ioizunayama0021.jpg

広い山頂の新雪の上をパフパフいわせながら窪地に・・・

風は避けられるものの、

オーバー手袋をはずすと、すぐ熱が奪われ、指先の感覚がなくなる。

一応、インナーの手袋にはホッカイロを貼り付けてあるんだけれど、手のひらは温かいのに、指先がきゃー

今朝の長野は?9度だった。

いったい今何度なのやら・・・(ハイテク腕時計が欲しくなる瞬間だわね)

神社の中には温度計あるんですがね。

        20100117ioizunayama0022.jpg

      まずはホットコーヒー(ハイ、即飲めるインスタントだけど)で温まり、

      スープとパンでランチね。

      青空が広がるものの、北アも雲の中、戸隠山も雪が降っているのか、寒そうな姿。

 12:30 寒いので、さっさと下ります。    

         20100117ioizunayama0026.jpg   

       

 それでも、さすがに飯綱山、  何人かの人たちが登ってきた(今日は15人くらいかな) 

 天狗の硯岩でスノーシュからアイゼンに履き替え、たったか下ります。

雪道は、岩も木の根もみんな覆い隠してくれるから、楽チンですわね、、、

しかも雪がクッションになってくれるから、膝への負担も少ないしね・・・・    

        20100117ioizunayama0028.jpg

 13:30  登山口着

     好かれているのかしらん、狛犬さん♪

     やっぱりまた笑ってしまったわ

      20100117ioizunayama0032.jpg

  14:35  街に戻ると 抜けるような青空が広がっていた が

     (志賀方面の山にも雲がかかっているわね)

          20100117ioizunayama0033.jpg

 

          飯綱山も雲の中に隠れてしまっていた。

 

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reテレマルカーさん

    ほんとに、ありゃりゃでしたわよ。
    鏡池にまったりお散歩っていうのも魅力的ですね。
    テレマルカー家はガンガン滑っているみたいで、これも楽しそうですねv-410

  • Reきぬさん

    そうそう、65歳になっても遊んでね(笑)
    女の方が持久力があるのよね。。。。
    そうか、雪子さんだったのか!
    なんか、頬ずりしているみたいだったわ。。。
    どうりで狛犬さんの鼻の下が長く見えたわけだ。

  • ありゃりゃ

    きぬさんのコメント「雪子さんに抱きつかれているみたい」に感心してしまいました。
    私は全く別なことを想像してましたので、ちょっと恥ずかしいです。
    今年は雪が多いですね。
    久しぶりに鏡池までお散歩したいなぁ。

  • No Title

    あはは、私らも65歳になっても
    雪山めざしましょ。
    おじさん、わざわざ65歳だとか言わんでもね~
    年齢であれこれいう男衆のひがみだわ。
    狛犬さん、大好き!って
    雪子さんに抱きつかれているみたいに見えますね。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。