• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/11/29(Sun)

雲を突き抜け紺碧の浅間外輪山へGo!

2009.11.22

12時に長野駅に着いたエミさんと今回お初のきぬさんを乗せ

どんよりとした天気の中、戸隠に向かう。

事前に新蕎麦の魅力を堪能しようと連絡してあったから、

車中でおやつなんて・・・そんなことは・・・ そこはグット我慢していたにちがいない(笑)

蕎麦、蕎麦モード満載でおなかをすかせた3人は

私お気に入りの「極楽坊」へ一気に突入。

しかし、この三連休は戸隠もすごい賑わいでして

待つこと40分!でありました394

女3人のおしゃべりで気が紛れるものの、、、、

田舎者は、、、

あえて言うなら、たかが食べ物に並ぶなんてのは、耐えられないのよね。。。

それでも、きっぱりな 、二人の 「待つわよ」 の声にホッと410 

            20091122okusya0001.jpg

更科の上品な細麺ですが、驚くほど腰があり、つるつるっと入っちゃうんだよね。

今まで何度となく来ているが、エミさんにいわれるまで気がつかなかったわ。

そう、この箸袋。

気持ちが蕎麦にだけ向いていたせいかしらん。。。

和紙の素敵な箸袋は奥様が一つ一つ書いているという。

3人の箸袋を並べてみると、微妙に筆の感じが違うのよね。

この、おもてなしの心にあらためて感動。

この日はあまりの忙しさに、厨房から顔を出すことはなかったが・・・

横浜から嫁いでいらした素敵な女性です。


                          gokurakubou.jpg

   

さてさて、新蕎麦を堪能し大満足な後は、戸隠神社奥社にお散歩。

きぬさんは苔と雪の小さくて、繊細な自然美に心を奪われた模様ね。
 
          20091122okusya00010.jpg

 杉の濃い緑の中に朱の色がひと際鮮やかな隋神門  

樹齢400年といわれる杉並木をこの門から見ると、額縁のようで素敵です。

平安時代はかなりの賑わいをみせたという、2000年の歴史ある戸隠神社。

今日も多くの人が訪れていました。          

              20091122okusya0008.jpg

 お尻をぐっと上げた狛犬の先にはギザギザな戸隠山

           20091122okusya0015.jpg

 

          20091122okusya0019.jpg

           冬はこんなにも雪が積もり、神社を上から見下ろすという、

           ちょっぴり後ろめたいような気分を味わえますわよ。

           雪崩のために新しく建てかえられています。

          29隠奥社 037

           




冬のスノーハイクはこんな感じね←クリックどうぞ

 

「私、山に登る前夜はお酒飲まないの」

なんて言葉がこの方から出たなんて誰が信じようっていう飲みっぷりでして。。

女三人、いや87歳の我が母も加わって(彼女が一番興奮していたな)、女4人の夜は

かしましくふけて行ったのでした。。。



11月23日 

予報は晴れ、でもまったくその兆しすら見えない。

まあ、その前の予報では雨マークだったから、登山口の温泉って線もありだな。。。

でも、以前の体験からして、雲の上に出ちゃうって事もあるからね、、と言いつつ

カーブをどんどんこなし車坂峠に向かい高度を上げていくと、

どうよ、まさに雲海の上に出ちゃったわよ♪

してやったりだね♪

         20091123kurohuyama00001.jpg

                               真正面は八ケ岳ね  

    2000mの登山口はもはや雪の世界だった。

       20091123kurohuyama00005.jpg

 ウキウキ気分で雪の中を歩く。

しかし、車坂山を越えていくので、急な下りが心配、でアイゼン装着です。

「多聞、使わないとは思うけれど、、軽アイゼン念のために持ってきてね・・・・」

やっぱ、山を甘くみちゃいけないわね、必須でした!

 

 

私たちを軽快に抜き去った三脚マンのおじ様方が、坂の途中でアイゼンをゴソゴソ。。

これ見よがしに、さっさと抜きさるってのも 気持ちがいいもんだわよね。

 

律儀に説明書をちゃんと入れておくって、すごいなぁ・・

変なところに感心する私の側で悪戦苦闘する、

私より2ヶ月お姉さまなお方←ここ、けっこう重要ね(笑)。

今シーズン終わりにはきっと、

説明書はザックから姿を消しているにちがいないわね、お姉さま♪(しつこい?)

 

         20091123kurohuyama0010.jpg

        朝だけの透明感溢れる景色。

         20091123kurohuyama00012.jpg         

  八ケ岳から北アが雲海の上に浮かび上がっている!   

  朝、家を出るときに、こんな素晴らしい景色に出会えるとは思いもよらなかったわね。

         20091123kurohuyama00014.jpg 

 ちょこんな烏帽子岳(多聞ね)の奥 左は鹿島槍右は五竜。 白く輝いてますよ♪        

         20091123kurohuyama0015.jpg

      案内している私が、実は一番興奮状態だったかもだな。。

     だって、やっぱり、、、

    この山の良さを楽しんで欲しいと思ってたから、

    この素晴らしいまでの出迎えにもう、もう、ご機嫌なのよね。

 

   この素晴らしい展望地でなぜか30分の休憩よ。

  エミさんがどうやら、帰りのバスのネット予約で、

  なぜか今朝6:00のバスのところをポンと押しちゃったらしい399

  で、もちろんのごとく、ケータイが鳴った。

  バスが発車しちゃいますよ?ってなことになったわけでありまして・・・・

きぬさん 「もうどうでもいいわよ?。この景色見たらなんでも許せちゃうわ?♪」   

その気持ちわかります、わかります。

       20091123kurohuyama0017.jpg

 その後も遊び心ってか、幼心たっぷりの二人は、

おやつに私がザックから取り出したマシュマロを芸術作品にしちゃおうっていう魂胆よ、ハハハ。

      20091123kurohuyama00019.jpg

     ここらあたり、ちょっと頑張りどころね。

    グイグイと高度を上げます。

     20091123kurohuyama0023.jpg

     でも、横には全山 霜霜霜・・  気持ちがいいまでの霜霜霜だわ。

     横目で眺めつつ、汗かきまくりです。

     20091123kurohuyama00021.jpg

    登山道から垣間見えfる浅間山に興奮気味な二人を

   ググィっと押さえつけ、ガマン!ガマンね!!!!

   それもこれもダイナミックな前掛山が突如眼の前にバーン!

 これを、味わって欲しかった♪ 

    20091123kurohuyama0024.jpg

   この、興奮が私にも伝わってくる。

   だって、私も初めてこの姿を見たときには忘我だったもんね。

   凍てついたトーミの頭から見る浅間のシマシマ模様はこれまた圧巻なのよね。

   20091123kurohuyama0029.jpg

 

   雲海の上に出ちゃったていうのはすこぶる気分の良いもんでして、、、

  富士山から八ケ岳、中ア、御嶽山(存在感ありだね)、乗鞍から始まる北ア(槍もバッチシだし)  後立山連峰、そして北信五岳から火打山まで、ズラ?だもの、興奮だよね♪   

20091123kurohuyama0031.jpg

足元はといえば外輪山ならではの高度感を味わいつつ・・・

とどまることもなく、ワッセワッセと行きますわよ。

黒斑山では何人かの登山者が休んでいましたが、

その先に行く人は少ないようでして、登山道が一気にフカフカした感じに変わりました。

 

   20091123kurohuyama0043.jpg

   気持ちいいよね??

   20091123kurohuyama0039.jpg

   イワイワな蛇骨岳に到着で?す!

   20091123kurohuyama0046.jpg

  こんなお二方にニンマリな私♪

                        20091123kurohuyama00488.jpg

   さらに足を進めます。

   浅間山がどんどん近くなってきますよ?

   ちょっぴりな北ア的スリリングさを味わった後はこれまた素敵な稜線歩き。

   今日は風も穏やかで最高のコンデションで二人を迎えてくれました。

   20091123kurohuyama0053.jpg

 きぬさんと私は仙人岳までな気持ちだったが、、

エミさんは、やっぱり帰りの事が気になるらしい・・・

まあ、時間的にもここら辺りがリミットかな。

岩陰で風を避けながら、ランチタイムね♪

浅間の噴煙に乾杯!か? コーヒーから立ち上る湯気を見立てたんか?

朝、3人でバタバタと作ったバターロールに生ハム&チーズのサンドがほんにおいしかったわね。

女3人の朝はテキパキ、テキパキだったもんね。

男だとこうはいかんもん!やっぱ女は良いよね?♪

  20091123kurohuyama0063.jpg

   監督がきたらなどんだけ喜んだろうか・・・  (もち、エミさん談)

大丈夫だって、エミさん、まだ、冬は始まったばっかだもんね。

  ねっ、監督にも魅せてあげましょう、山は待ってまっせ♪  20091123kurohuyama0057.jpg

  やまおんなの風格バッチシだ!

  絵になるねぇ。。

   20091123kurohuyama0065.jpg

   今日は好天気にのほほん気分で気持ちよかったが、、、

   気象の激しさが岩肌にものの見事に現われていました。

  20091123kurohuyama0066.jpg

 午後の気の緩んだ森はツララが下がっていた。

明日の朝は、また透明の世界に変わり、そして冬本番がここにやって来る。

そんな冬山のはしりを味わえ、大満足な山行きでした。

   20091123kurohuyama0070.jpg

 下山後は大パノラマの温泉に浸かり、

  20091123kurohuyama0078.jpg

  ラウンジでの優雅なコーヒーのひと時・・・

  なんて贅沢なんざんしょ。

  16時 陽が傾き、ほんのりピンクに染まってきた。

  20091123kurohuyama00074.jpg

  フンフン お風呂上りのソフトにめがないお二人はまだまだ、お子ちゃまね。。

  あっ、一口づついただいちゃった私もやっぱ、.お子ちゃまの仲間か・・・・・な。

                20091123kurohuyama00076.jpg

 

 この後、闇夜のドライブが延々と続くとは、誰にも予想がつかなかった!

ある意味、山登りより、嶮しかったわね399



一番早いエミさんのレポは→ ここ からどうぞ

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment13  |  Trackback

コメント ▼


    
  • Re2か月のお姉さま

    まっ、ここまできちゃうとさ、
    エミさんもひっくるめて、同い年感覚ですよね(って同い年かぁ・・・キヌさんすごく若く見えるわよ)

    エミさんからちょこっと聞いたけれど、
    なんかスケジュール満杯なようですね、、、
    ここは持ち前の若さで乗り切りましょうぜ・・・v-440

    12本爪・・・冬山ワシワシ・・・・かぁ。。
    どないしよ、、置いていかれそうだわ~

  • おはようございます、
    PC不調につきジタバタ中、そうそう本人も不調か?
    残業、宿題、行事満載で、若さだけでは乗り切れましぇん。
    やまおんなさんはわたしよりも2カ月も年下だから、、、
    きっとお元気なことでしょう?

    雪の浅間に出会うあの瞬間の一歩を
    お初のわたしたちに譲ってくださるお心使いには
    浅間の美しさにも感動でしたが
    やまおんなさんの優しさにもグッときちゃいました。

    ああ、わたしも早く記事アップしよ!
    って、そろそろ、出勤してきます。
    あっ、今度は12本ツメのアイゼン装着練習もしておきます。

  • Re青空が似合う食う寝るサン

    どうよ、どうよ~~~。

    青空だと、何もかもが輝いちゃうんだよね。

    そうね、今度は女だけじゃなく、男も加えてあげましょうぞ♪

    ただし、晴れ男限定ね。

  • これは素敵な山行でしたね~
    感動の景色ですわ
    オイラも行きたい場所なんですよね
    女三人でさぞかしかしましかったのかしら^^;
    そんなん、いいですね~
    楽しいレポありがとでした

  • Reロビんちゃん

    ロビ姉さまでとおそうと思ったけれど、、、や~めた。

    あ~た、あんなところで、コサックダンス!って・・・!!!

    人間不信に陥りそうだわさ

    しかし~、そんな嬉しさの表現をしちゃうロビンちゃんにv-275

    う~んやっぱ、ロビ姉さまだな、うん。。


    う~ん、でもやっぱ、師匠の味方だな、うん。。(コサックダンスって平地でも踊れんし)

  • >ロビンちゃんがあまりに身を乗り出し
    ちゃうちゃう 崖のすぐ横でコサックダンスして怒られたんだわな

    わからんかなー その嬉しさの表現が(爆

  • Re監督さんReロビンちゃん

    >守屋山の初陣で、ロビ姉さんがやさしく教えてくれたんだった・・・(←遠い目)

    ふ~ん、ロビ姉さんが、優しくねぇ・・・・・・・v-403

    東信は冬でも比較的天気が良いからね、この冬も期待大ですわよ。
    2年も待っちゃってるのね、、、私は40分でもビックリだったのに!



    Re,ロビ姉さま


    そうそう、遥かな(んでもないか)記憶では、
    ロビンちゃんがあまりに身を乗り出し
    師匠にしかられたんだったっけか・・・?

    きぬさんは、はい、よく似た仲間でありましたわよ~♪

    女4人にウチの母親を加えたら・・・・
    あら~すんごい事になりそうやねv-399
    でも,楽しそうやんけ♪


  • ヒョ~  てるさん

    ほんに、お久しぶり~。
    でも、またすぐ逢えるかな、って楽しみですわよんv-410

    そうね、砂糖フリフリな繊細さはこの時期がいいかもだわね。
    てるさんにはちょっぴり、物足りないかもですわよ~。
    でも外輪山の端っこに立ったときの浅間もまた良いもんですわよ。

  • Reエミさん

    いやはや、、、、
    本当に感激的でしたよね~
    やぁあっぱ、3人とも日頃の行いがよかったのかしらんv-411

    また、楽しみましょね♪

  • >ロビ姉さんがやさしく教えてくれたんだった・・・(←遠い目)

    えーっと ロビ姉さんは今も近くにおりますよ(爆
    あっ 時が遠ざかったってことか・・てへへ

    いやいや いい山をセレクトしましたねー
    ここはアイゼンやスノシュお試しにはばっちこーいな山
    それにあのエプロン山がどーんと見えたら・・・はれっ あれは浅間じゃ
    なかったっけ? まっ いいか。(ボケの初期症状)
    今度私もその女性軍団まぜてもーらおっと。
    きぬさんもよく似た仲間やねー いや、それ以上か!?

    お母様も元気そうでなによりー

  • >待つこと40分!でありました
    読んでるだけで、お腹がすきました!(笑)

    >アイゼン・・・
    守屋山の初陣で、ロビ姉さんがやさしく教えてくれたんだった・・・(←遠い目)

    >前掛山が突如眼の前にバーン!
    >監督がきたらなどんだけ喜んだろうか・・・  
    ひえー、やられた!こちとら、それをもう2年も前から狙ってたのに・・・
    千曲の高速バス:小諸ー立川の往復が5960円だもんね。

  • お久しぶりです!
    emiさんとこでも前掛山の写真見ました。
    すごくきれいですね。
    厳冬期だともっと真っ白になっちゃうのかな。
    で、残雪期だとこんな砂糖がふりかかった状態ではないのかも?
    今の時期が一番きれいな気がします。
    お二人の写真を見て、ぜひ行ってみたいと思いました。

  • ありがとう♪♪♪

    やまおんなさん♪
    素敵な写真です~
    あのときの楽しさをまた味わえました~☆(^O^)☆
    戸隠のスノーシューがいいって話は
    レポ見て実感しました☆
    これからもよろしく☆(^O^)☆


    きぬさん♪は毎週予定が入っているのを帰りの電車で聞いたんでアップはなかなか無理だと・・・
    気長に待っとりますよ~
    な~んて、たまたま早かった私(笑)

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。