• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/11/13(Fri)

今シーズン最後の北アかな その?

寒波が押し寄せ、雪を降らせたが、その後好天気に恵まれる中、仕事に勤しんでおりました。
薄っすら白くなった北アを眺めながら。。。

そして、珍しく、週末は模様ね。

コリャなんとしても行くっきゃないでしょ、今シーズン最後の北アに♪


しかしながら、10時まで残業,2時に寝た身ではとっても早起きは出来んワナ、、、
そして、心配なのが、道路の凍結なのよね

まだ生活圏ではノーマルタイヤですからして

食料もある、シェラフカバーも買った、でも無い物がある、この時季テント泊をする勇気だ。

だって寒そう。。。
ここは、ちょっぴり奮発して、小屋に泊まろうか、なんたって、ぬくぬくな小屋がいいわぁ。。

となれば、まだ開いている燕山荘しかないか。。



11月7日

中房温泉駐車場(10:00/10:15)?合戦小屋(12:25)?燕山荘(13:50/14:15)?北燕岳山頂(15:10)
まあ、休憩含めて約5時間でした


11月8日

燕山荘発(7:30)?東沢乗越分岐(8:30)?餓鬼岳分岐(9:35)?中房温泉登山口(11:55)
まあ、休憩含めて4時間35分でした

11月7日


洗濯をすませ、のんびりやって来たら、あららら・・

この時季にして、この車の数、、

やっぱり開いている小屋に皆さん殺到するのねえ、、読みが甘かったわ。

200911078tubakuro0001.jpg 

今日は風も無くなんか暑いです。

北風と太陽よろしく、どんどん脱ぎTシャツ1枚になってしまった。

それでも、汗が吹き出る。

完全防備の下山者はびっくらこいていたけれど・・・

そう、この時季の山は防寒対策は万全だけれど、暑さ対策ってのも必要なのよね。

ハイ、簡単でありますが、すぐTシャツ1枚にすばやくなれるってのも必須条件なのよね。

12:25 合戦小屋

おにぎりとなぜかコーヒーで一休み。

雪はあれど、やっぱり陽射しがジリジリでして、皆さん汗だくですわ。

まあここまでは樹林帯ですから、風も無いしね。

200911078tubakuro00055.jpg 

 つまらない登山道の先のこの一瞬が楽しみです。

っていうより、この一瞬を楽しみたいがため長々歩いているのかも・・

そして、もうひとつの楽しみはもうしばらくのお預けね

200911078tubakuro00066.jpg 

小屋が見えてからがけっこう長い。

下りではアイゼン必須だが、まあ登りはいらなかったです。

200911078tubakuro0009.jpg 

槍ガ岳がどんどん浮き上がってくる。

実際歩いていると、これってたまらんです。

200911078tubakuro0012.jpg 

ダケカンバはもう冬模様

私も、稜線に備え、長袖を1枚羽織る。

200911078tubakuro00144.jpg 

13:50燕山荘着

200911078tubakuro0015.jpg 

小屋泊の手続き後、

ビールを黒部五郎に向け乾杯!

なんか思ったより雪が少なくちょっと迫力に欠けますね。

なんか、あの稜線だって平気で歩けちゃいそうだわ。

今週は好天気が続いたからね。。。

200911078tubakuro0021.jpg 

14:15 ほろ酔い気分でお散歩です。

しっかりタイツもはき、ニット帽で完全防備です。

風が弱いとはいえ、やっぱり稜線あるきですからね。

200911078tubakuro000166.jpg 

素晴らしい空です。

今シーズンお初のコバルトブルーかも。(あっ無修正ですよ、もち)

賑わっている山頂はパスして、北燕岳に向います。

200911078tubakuro0025.jpg 

 

なぜか、皆さん燕岳で大満足なようで、こちらに来る人はいません。

こんなに気持ちの良い歩きが出来るのに、もったいないわね。

200911078tubakuro0028.jpg 

山頂直下がちょっとヤバメでした。

雪が付いているのでスリップしそうだ。

 

 

 

 

200911078tubakuro0029.jpg 

岩に手を掛け、ひょいと登り越えれば、この展望。

剣岳展望独占ね。

200911078tubakuro0034.jpg 

振り返れば、燕岳にはたくさんの人が、、、

その先に白く輝いている大天井はまだ未踏なのよね。

表銀座コースはまだ歩いていないのであります。

五竜から鹿島に縦走した時の先輩女性の一言

(彼女は、唐松から鹿島の縦走でしたが)

表銀座は歳をとったときの楽しみでいいんじゃないかしら・・・

は?・・・・・。  そうかぁ、そういう考えもあるのね。。。

で、なぜか私も楽しみをとっておこうって思っちゃっているのであります。

200911078tubakuro0035.jpg 

さて、のんびり方々の展望を楽しんだ後の、この下り

登りはなんとかこなせたが、緊張しつつ、丁寧に下ります。

ずるっはまずいっすから。。。

200911078tubakuro0038.jpg 

緊張の後はまた、まったり歩きの楽しさを味わいつつ・・・

200911078tubakuro0040.jpg 

 山の日暮れはなんでこんなにも心を魅了するんでしょうか。

200911078tubakuro0054.jpg 

200911078tubakuro0051.jpg 

 ご来光の時には歓声が漏れるが

静寂のまま今日の陽が沈んでいった。

 

200911078tubakuro0062.jpg 

さてさて、陽が沈んでしまえば、、、、

2畳に3枚の布団ですが、今宵は2人でした。

敷布団に比べ掛け布団が妙にってか、異常に薄い!

でも、心配することは無かったわね、ハイテク布団らしく、暑い位でした。

               200911078tubakuro0017.jpg 

そして、今夜は鍋祭りってことで

おかわり自由な野菜たっぷり鍋が飛ぶように売れてました

                 200911078tubakuro0063.jpg 

肉じゃが・サラダ、豚の角煮、カレイのタルタルソースかけ、&デザート

まさに雲上のレストランですわ(宿泊料9500円)

                 200911078tubakuro0064.jpg 

 

まあね、北アの中で大御所的山小屋ですから、さもありなん、、。

朝日小屋や船窪小屋を思い出してしまったわ。

 

 

 




8日はまた後ほど・・・
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback

コメント ▼


    
  • Reきぬさん

    はじめまして(笑)コメントありがとうございます。

    たのしかったね~。
    399ワインを飲みにこなくちゃだねv-218

  • こちらでは、はじめまして。きぬです。
    このたびは大変お世話になりまして、ありがとうございました。
    戸隠のお蕎麦、きりたんぽ鍋、黒斑山から見た浅間山、きわめつけは、夜の峠ドライブ、
    たくさんの楽しい時間をご一緒できまして、心から感謝です。

    私は9月に燕岳から北燕岳を歩きましたが、ほんとにあんなに燕山荘前にいた人たちは
    こちらまで来ないんですよね、もったいないなあと思いました。
    いつか、餓鬼岳からも歩いてみたいな、大天井岳へも行きたいなぁと、
    夏にはここにテント張ってみたいです。
    夕暮れ、朝日など撮影したデジカメの画像もなぜか、
    帰り道に全部消えてしまったので、
    永遠の彼方に行ってしまいましたが、
    やまおんなさんの写真を見ながら、
    あの時の陽の輝きや山山を思い出しました。

    コメント欄への記入で恐縮ですが
    まずは、お礼を伝えたくて、書かせていただきました。
    ああ、心残りはツルやの399ワインです。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  • Reロビンちゃん

    ははは・・
    >残念ながら下からはあるけましぇん
    あと20歳若かったら(うまれてないよ

    げっ・・あっモチ私もうまれてないって事にしようっとv-405

    まあね、車でのスピード違反は認めますが、、、
    軽トラをあおったり(笑)


    ついつい花のない時季ってのは、ひたすら歩いちゃうんだよね。。。
    頭の中が空白になって、けっこう好きですわ。

    今回はお天気がいまいちだけど、火山のシマシマ模様を楽しめたらと・・
    ロビンちゃんがあまりに身をのり出しv-405
    師匠に怒られちゃった(違ったかな)山が第一候補よ♪

  • 残念ながら下からはあるけましぇん
    あと20歳若かったら(うまれてないよ
    情熱の勢いで歩いたでしょうな。 わっはっは

    んで 2日は4時間ちょっとで戻れるんだっけか?
    また スピード違反? だめだめですなー クミちゃんは v-391

    んでーーーー 今回はどこいくん????

  • Re食う寝るさん

    もっともっと白く輝く積雪期がすばらしいんだけどね。。
    下から歩く根性があれば、お正月って案もありですわよ~~。
    ゴールデンウィークにまきくまさん&ハッシーさんがテン泊に挑戦していましたよ。
    風がビュンビュンで寒そうだったけれど、以外にもテントの中は暖かったようです。
    5月半ばに私が行ったときも、まだまだ残雪豊富で楽しめましたよ~。
    積雪期の方がテン場は広く感じられました。
    巨大雪庇のせい?

  • 雪の燕岳いいですね~
    行きたいと何年も思いつつ、行けてないのです。
    あそこ雪の時期天場ちゃんとしてるのですかね?
     
    燕山荘のご飯も食べてみたいな~

    それにしてもいい青空です!

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。