• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/10/26(Mon)

 巨木の谷

               20091026nabekura0156.jpg
 

          












26日(月)休日ですが、朝から冷たい雨の一日

今シーズン初のストーブの日となりました

って本当に暖かいわ?

こんな日はレポアップしなくちゃだわ。。

ひそかに黒姫山のレポもHPにてアップしました(笑

 

 

 2009.10.25  44  単独  鍋倉山   1288.8m   飯山市

ブナで有名な鍋倉山です。

関田峠からは何度か歩いているが、巨木の谷コースはまだ歩いていない。

このコースいつも見過ごしてしまい登山口がわからなく、行きそびれていました。

前に関田峠手前の茶屋池のあまりの混雑に辟易だったのを思い出した。

カメラマンが入り乱れていたのよね(アマチュアカメラマンのツアーに遭遇)

      

 それもそのはず、入り口に竹の棒が1本立っているだけですから、、、

 駐車場にいた軽トラの保護レンジャーの人に聞かなければ、やっぱりわからなかったわね。

9:25 

       20091026nabekura0070.jpg

      登山口の中に入ると立派な案内板がありました(笑

      20091026nabekura0071.jpg

森の中が光り輝いています

空気はヒンヤリしているがほんのり汗ばんできます。

次から次へと現われるブナに眼が奪われてしまいます。

20091026nabekura0072.jpg 

 しかし、登山道は冬の雪の多さを物語っています。

はい、脇見をしていたら、2段構えの障害物にしてやられますから、油断はできないのよね。

そう、今日は帽子は車の中よ。

                  20091026nabekura0124.jpg 

          20091026nabekura0073.jpg

 

 9:50         

 ひと際大きな大きなブナ「森姫」 が森の中に静かにたたずんでいました   

         20091026nabekura0162.jpg

 

               痛ましい程に弱っていますが、生命力を感じます。

               300年以上も風雪に耐えてきた威厳と迫力で圧倒されます。

            20091025nabekurayama0005.jpg

20091025nabekura0006.jpg  クリックで大きくなります

 20091026nabekura0075.jpg 近くのブナの幹には「おんどとりが」

                       13.4℃ データーを録っているんですね            

                    20091026nabekura0076.jpg

             たくさんの仲間たちに見守られながら

             20091026nabekura0163.jpg 

10:10

20091026nabekura0080.jpg 

                      首が痛くなるほど見上げても、ってっぺんが見えない

        20091026nabekura0079.jpg 

     太い幹のコブの隆起に歴史が感じられ圧倒されます

    それは、側に座り込んだまましばらくの間身動きが出来ないほどの迫力。

     20091026nabekura0077.jpg

20091025nabekura0014.jpg クリックで大きくなります

 森姫や森太郎ほど長生きしているわけじゃないけれど、個性的なブナがたくさん

 君たちにも名前を付けてあげたいくらいだね。

   20091026nabekura0086.jpg

    紅葉盛んな日曜日なのに、行き交う人も少ない静かな森です。

    こんな森の中は静かにゆっくり歩きます。

    20091026nabekura0090.jpg 

    大地にしっかり根を張り水を汲み上げる森のダムブナ

    20091026nabekura0108.jpg

         その根元で

         20091026nabekura0101.jpg

        ひとつのブナの実が芽を出し、小さな世界を作り出す。  

           厳しい冬を乗り越えまた新しい春を迎えてくれる事を願っているわよ                                  

               20091026nabekura0161.jpg

           そして、君もこんな若い森の仲間に育って欲しいね

           20091026nabekura0116.jpg           

           高度を上げると、晩秋の佇まいに変わっていた 

    20091026nabekura0111.jpg

             梢を渡る風に、パラパラと葉が落ちてくる。

             鳥のさえずりが樹の間を横切っていく。

             心に沁み込むような雰囲気です。

  20091026nabekura0113.jpg   

    山頂は展望も無いし、

    きっと関田峠からの登山者でにぎやかなことだろう

    ほっかりな陽だまりの古い倒木に腰を下ろし、コーヒーを飲んで戻りましょうか

 

見上げたその先は 

  20091026nabekura0126.jpg

                                 艶やかな姿だわ

20091026nabekura0122.jpg

 

陽だまりでは落ち葉をカサコソいわせながら、バッタが元気に飛び跳ねている

 

                    20091026nabekura0128.jpg 

12:10 登山口

なんか、ゆったりした贅沢な時間でした。 

雪がしんしんと降り積もり、長い冬の世界に閉ざされるのも、もうすぐね

今度は残雪と芽吹きの頃に逢いに来たいわね。

                                                                        このモコモコ感がたまんなくイイですよね

20091026nabekura0159.jpg 

 

まだまだ時間はたっぷりだ。

しばらく行っていない木島の馬曲温泉に寄りました。

            20091026nabekura0155.jpg 

 露天風呂からの景色が良いのよね。

 ここはさすがに日曜日とあって大賑わいでした。

 よって、露天の様子は撮影できなかったけれど、って当たり前か(笑

 さすが信州らしく、湯船にりんごがポカポカと浮いていて良いにおいでしたにっこり

 

 

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback

コメント ▼


    
  • Reテレマルカーさん

    言っている事と、やっている事の違いは私の十八番かもね。。

    そうそう、常念では大変でしたよね・・・。
    グランドシートかぁ・・・また山道具が増えるわねぇ。。


    私は、夢うつつに、なんか雨が降っているなぁ・・・と思っただけでして

    溝を掘るなんてことは、私の頭のどこを捜しても、見当たらなかったのよね。。。

    そうそう、あそこのテン場を利用する時はv-275を持っていくこと!!
    これ、必須ですわよ(笑)
    水も豊富ですし、トイレも快適な良いテン場でした。。

    甲斐駒の直登コースは奥様の許可がない限りはお勧めできません(絶対に許可は出ないと思いますけど・・)


    トラバースコースも、展望がよく、良いコースでしたよ。

    花崗岩の白さが魅力的でしたわ。
    来年の楽しみが増えましたね♪




  • 天気悪かったんですね

    言ってることとやってることが違ってごめんなさい。
    昨日HPレポ読んだんですが、コメントできませんでした。

    甲斐駒も黒姫も天気はイマイチだったんですね。
    私も黒姫は2回登りましたが、2回ともイマイチでした。
    甲斐駒は来年こそはと狙っていますので参考になりました。
    テント場は寂しいより賑やかなほうが好きなので、バス停から近いほうにしておきます。
    テントへの浸水は下からですか?
    相当降ったんですね。
    私も今年常念のテント場ですごく降られて下からじんわり水がしみてきましたが、グラウンドシートを中に敷いているので影響はありませんでした。
    直登コースは急そうですね。
    私が登るときは避けようと思います。

  • Reテレマルカーさん

    よっ ほんにお久しぶり♪

    そうだったんですか、いろいろ大変なのですね。。。
    まあ、生きて行くってことは、いろんな事が待ち受けていますから。。

    私は仕事でトラぶれば、本来気の小さい人間ですから(?)ものすごく落ち込んじゃいます。

    でも、開き直りも早いのよね。

    これで、死ぬってことは無いんだもんね(笑)

    って考えるようにしてますわ。。。

    でも、コメントしてくださる余裕ができてよかったわ♪

    鍋倉山は春スキーがとってもいいようですよ。

  • Reロビンちゃん

    ははは・・・ロビンちゃんのお仕置きなら、受けてたちますわよ(笑)

    鍋倉山はね、こんな時間でもゆったりなのよね・・・・
    本当にブナの白い(グレーなのか)幹は森の中に浮かび上がる感じでいいわぁ~

    冬もよし、もち新緑は最高、紅葉もよし、晩秋もよし、1年中なぜか気になる素敵な樹ですわ。

  • ご無沙汰してます

    ちょっと仕事でトラぶってしまい、ブログを全然見ない状態が続いていました。
    現在、常連さんたちのブログを拝見しています。
    ブナはやぱりいいですね。
    私はここを訪れたことがないので、写真を見ながら癒されてます。
    やまおんなさんのレポがアップされたということなので、HPの記事を拝見してからまた戻ってきますね。
    今昼休みが終わっちゃうとこなので、また明日になるかもしれませんが(笑)。

  • あのねー
    黒姫山といい この山といい
    9時10時に出発するなんて 山やとしてどうしたものか?
    ペチペチ お仕置きじゃー!!(笑

    ブナの紅葉は実に素晴らしいよね。なんだかさ、
    白い(グレーなのか)幹が光って見えるよね。
    新緑もまたよし。 さすがじゃ・・・ふな(照)

  • Re食う寝るさん

    すばやいコメントありがとうございますv-411

    この森はやっぱビール似合ってますよね(笑
    鍋付きが最高!

    山歩きって言うより散策っていう雰囲気ですわ。。。
    芽吹きの頃も最高ですわよ。

    ほっかり、まったり、癒しの森ですわ~。
    って、誘いたい山がどんどん増えておりますわ。。。

  • 素敵なブナの森ですね~
    いつか訪れたい場所です。
    その時はBEER持って(笑)

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。