• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/07/06(Mon)

白馬岳! でも山頂踏んでないし・・・

梅雨の隙間をついて、行って来ましたよ、お花見に。


でも、こんな山行きはどこに入れたらいいんだろう。
白馬岳山頂直下で右にそれちゃったし・・・
小蓮華山は単なる通過点に過ぎなかったし・・・。
ここはでっかく後立山連峰とでもしたほうがいいのかしらん。

まあ、山頂を踏む踏まないはどうでもいいんでして、充分堪能してきました。


本来なら、テントを担いで、ゆったり、まったり雪倉岳辺りまでって思っていたんですが
まだ、梅雨明けしていないこの時期は天気予報とにらめっこなんですよね。

そう、そうまでしてなんで白馬岳?

そう、そうまでしても旬の花が見たかったんですよね、ただそれだけです。

梅雨が明け、夏山になってしまうと、もう遅いのです。

ウルップソウ不思議な花です。

コマクサやイワツメクサみたいに高山の強風に打ち震えながら健気に咲くっていうイメージでもないし
チングルマやハクサンコザクラみたいに可憐でもないし、
ハクサンイチゲやミヤマキンポウゲみたいに大群生の華やかさもないし、

本当に不思議な花としか言いようがないです。

水分をたっぷり含んでいそうな艶やかな葉っぱと、これまた瑞々しい紫の花

とっても礫地に咲く花とは思えません。

群生してはいても、個性が強いのか、それぞれが独立した自分の世界を持っている
そんな雰囲気を感じます。


そんなウルップソウを見たいがために
2時間車を走らせ、6時間近くも歩いてようやくでした。

見る価値充分の花でして大満足、大満足ね。






20090705hakuba0143.jpg



蓮華温泉はやっぱり遠いわ?。
白馬村まで自宅より1時間、そこからぐるっと新潟県の糸魚川市に入り、1時間
まあ、裏側から登るんですもんね。

かなりハードでした。
ちょっと無理しちゃったかなって感じがしないでもありませんが、
あ、陽の長いこの時季なら・・・ってことでして。

この時季特有の湿気と虫攻撃に天狗の庭辺りまでやられ、ペースが上がりませんでした。


稜線に躍り出てからは、、、

お花攻撃にまんまとはまり、これまたペースが上がりませんでした。

やっぱりこんなところは、ゆったり、まったり歩くものなのよねぇ・・・・。

焦りは禁物!?
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback

コメント ▼


    
  • REじもらーさん

    ほんとうにウルップソウって不思議な花ですよね。

    まさにお花ロードでした。。。
    あれ、じもらーさんも日帰りやったじゃないの・・・
    雪渓を下ったんでしたよね、あのレポもすごかったですね・・・
    この稜線はついついのんびり歩きたくなっちゃうんですよね

  • ウルップソウぼくも好きな花です。
    なんか元気な感じしませんか?
    日帰りはかなりハードですが、さすがです。

  • Reテレマルカーさん

    はぁーい、行って来ましたよv-218
    最近はなんか、山の楽しみ方がちょっと変わったかもですよ。

    8月の白馬岳はまた違った花満開だし、まさに夏山の空気で楽しめること請け合いですよ。
    で、どこから入るのかな?
    ってことも興味ありですね。
    う~ん、テレマルカー家の今年の夏は燃えてますねv-42
    頼もしくなった仲間とj楽しんでくださいな。

  • 今回は目的地に行けたんですね。
    ウルップソウ私も見たいなぁ。
    でもテレマルカー家の白馬岳登山は8月になってからの予定です。
    楽しみはとっておくことにします。
    山頂を目指すのではなく、お花見に行くってのもちょっとかっこいいな。
    そこにてっぺんがあればついつい無理して行きたくなっちゃうけど、山ではいろんな楽しみ方があるんですよね。
    私も焦らずに楽しみたいと思います。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。