• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/06/29(Mon)

ひょうたんから駒?はとっても感動的だった!

6月28日(日)  
月末は忙しいため連休にはならないんで、日帰り山行きを・・・

蓮華温泉より白馬岳を目指す!

別に白馬岳登頂を目指しているわけではなく

ウルップソウ、あわよくばツクモグサを見たいというだけのプランです。

おりこうさんなことに、4時に起き、5時過ぎには家を出た。


しかし、

蓮華温泉への道はゲートまでしか行けないってことを失念していた!

そうねのよね、ちゃんと前にHPで見ていたのに、うっかり忘れてたのよね。。。。。



後で山頂で出会ったおじさまから聞いた話によると・・・・

「あそこは、山菜採りシーズンが終わるまでは閉まっているんだよ。

じゃないと、道路脇はみんな車で、えらいことになっちゃうからねぇ。。。。」


そっか、それで7月初旬なのかと妙に納得でした。



さて、どうする?


栂池コースを行くのも悔しいし、日帰りだと制約があり厳しいぞ。
かといって、大雪渓を登るには時間が遅すぎるし
アイゼンは持ってきているが、あそこは行きたくないよな。。。。
何回か雪渓コースを行っているんではありますが、
最近はあの精神的リスクを嫌うようになったので。。。

風吹大池じゃあ、4時に起きてやって来た割には物足りないぞ。

じゃあ、雨飾山にしようか・・・


京都ナンバーやら福島ナンバーやら関東圏ナンバーに申し訳ない思いで
小さくなって駐車。
でも、大型バスが気になるぞ。

雨飾山というと、ついつい紅葉の時季をイメージしてしまうが
百名山恐ろしなのね、油断は禁物なのねぇ。。。
20090628amakazariyam0001.jpg




登山口駐車場からいきなり山頂で恐縮ですが



20090628amakazariyam0109.jpg
団体さんたちはありがたい事に山頂下ですれちがってくれた。
それでも、混み込み、写真の奥にはにぎやかなおば様軍団ね。

そっか、、、、

山頂から眼をやると、なんかいい感じに稜線が延びているじゃありませんか・・・
20090628amakazariyam0111.jpg

すみません、すみませんと言いつつ

心の中では

あのねぇ、自分たちだけの山頂じゃあねえんだからよぉ、そんなに、おおっぴらに弁当広げるんじゃねえよ!!!(ハイ、心の中だけですよ)

オバ様たちの胡散臭い視線攻撃を浴びながら、掻き分け、、、、

スリル感ありな感じですが、今まで気がつかなかったからして、オバ様たちに感謝かも。

20090628amakazariyam0114.jpg

ここがとっても良かった
雨飾山にこんなところあったのねぇ・・・新発見でした。
20090628amakazariyam0127.jpg

思えば、高妻山も、火打山も裏ってのがあって、良かったよなぁ・・・

ここから見る雨飾山はこんな感じです。
山頂のオバ様たちの笑声が響いてくるのがなんですが、まったく違う姿ですねぇ。。
20090628amakazariyam0123.jpg
岩の間から高妻山
20090628amakazariyam0151.jpg

そして
たぶん私には行く事が出来ないだろうと思える嶮しい山々の連なりが
眼の前に霞みながらもそびえている。

20090628amakazariyam0173.jpg

そして、そして


新たなる花との出会い
これって、絶景に出会うのと同じくらいの感動なのです。


今では何度となく出会い、感動が薄れてしまったけれど・・・

岩に手を掛け、そこに咲いていた戸隠山のシラネアオイには本当にびっくりして手が止まってしまった。

貴婦人のような高貴さで、凛とした感じのサンカヨウに初めて出会ったのはどこの山だったろうか。


唐松岳で初めてクロユリに出会ったときは、大人の花なのねえと、その艶やかさにひそかな感動を覚えた。

ミヤマダイモンジソウに出会ったときは、こんなに自由奔放な花弁ってあるのねと、、、、

そして、今日であったのはミヤマハンショウズル


20090628amakazariyam0144.jpg

みんな俯いてばかりで、顔を上げてくれませんね・・・・・

20090628amakazariyam01455.jpg
深山に咲く花っていう奥深さを感じさせる花でした。


このコース、、、、気になりながら、人気がなさ過ぎな感じで、、、、一人では不安で、、、
今回も鎌池分岐で曲がってしまった。
でも、なんかおいしそうでないかい?!
20090628amakazariyam0138.jpg

秋の混雑時はこの静かそうなコースで、来てみよう。

20090628amakazariyam0139.jpg


ちゃんと整備されているようよ。。。。

すてきなブナにも出会えそうだしね。


えっと、あまりにもたくさんの花たちに出会ったので、後日HPにて・・・・
すみません、あくまで後日ってことで・・・・



Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback

コメント ▼


    
  • Reテレマルカーさん

    せっかくの連休なのに草取りで終わってしまったわ。。。

    ウルップソウの群生は見事でしょうね。。。
    去年の夏の朝日岳行きで、三国境から先に広がる大群生はすごかったですよ。
    といっても、もう時期が遅くて、花が見られなかったのが残念!!
    ってことで、目指そうと思ったんだけれど、、、
    まあ、地図を広げたら、端っこの方に雨飾山があったから、
    って言うだけの理由でして、決断というほどのことじゃぁなかったんですけど。

    大網コースの最後は上から見るとなかなかスリル感がありそうな雰囲気でした。
    でも、メインコースも笹平手前はけっこうきついから、似たようなもんかもしれないですね。

    私的には、ザレている道よりは岩場のほうが気が楽です。
    下りがヤバ目でしたから・・・ズリズリって感じ・・・
    秋の輝かんばかりの紅葉の中、本当に良いですよね。


  • ウルップソウは私の憧れの花なんです。
    なかなか見る機会がないので残念です。
    ところで、やまおんなさんの決断力には脱帽です。
    私ならとっさには雨飾は思い浮かばなかったと思います。
    山頂から先の稜線、険しそうですね。
    こんなルートがあるの知りませんでした。
    私が以前行ったのも夏でしたので、今度は混んでいるのを覚悟で紅葉を見に行きたいな。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。