• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/06/21(Sun)

権現岳から赤岳?


前夜、携帯で天気予報を見ると、

小淵沢は 午前中晴れ間も出るものの、天気が不安定で
午後からの雨の確率60%


う?ん、これはヤバめです。

キレット小屋にザックをデポし赤岳ピストンして、、、、権現に戻る。

権現までは凌げても、その先雨にやられることは確実だなぁ。。。

稜線で雷なんてなったら最悪だし、、、

ここは重いザックを担いで赤岳に行くしかないな、と覚悟。

昨日はその後テントの数も増え6?7張りだったようです。6月14日(日)

5:45 ガスが濃い中を出発
お兄さんたちは天女山口から入ったので、真教寺尾根コースで下るという。

濃いガスの中の初めてのコースというのは危険なので、
私は素直な最短コース下山を選択。

小屋の方の粋な計らいに敬意を表して足を乗せる
                      2009061314gonngenn0121.jpg

小屋脇にはコマクサがたくさんありこれから眼を楽しませてくれそうだ。
でも、もう蕾なのねぇ
                       2009061314gonngenn01222.jpg

ガスが濃く先がわかりません・・・
ここはペンキマークを頼りに行くしかなさそう・・・
そのペンキマークもガスで掻き消え、再び現れるのを待つ・・・
時間がかかるが、いたしかたない。
               2009061314gonngenn0133.jpg


2009061314gonngenn01311.jpg

それでも岩にへばりつくように咲いている花に感嘆
2009061314gonngenn0129.jpg

イワヒゲ
                           2009061314gonngenn0130.jpg
   イワウメを踏まぬように岩場にかける足に気を使う




ガスが動き、目の前に突然の岩にビビる
            2009061314gonngenn0135.jpg

ふっと途切れたガスの中に下山者が現れる。(結局一人に逢っただけだけれど)
ザレた岩場は登りもいやだが、下りには使いたくないところだ
             2009061314gonngenn0136.jpg


小さな岩の隙間に咲くイワベンケイ                                   2009061314gonngenn0140.jpg

クモマナズナ
2009061314gonngenn0137.jpg         ハクサンイチゲが風に打ち震えている
                          
2009061314gonngenn01288.jpg



嶮しい岩場に咲く花に心慰められ、元気をもらいながら先に進む
はしごはなれたけれど、その先がガスで見えなく、雲の中に行っちゃいそうな気分ね
でも、はしごのむこう側は風が強そうで、やだなぁ
2009061314gonngenn0141.jpg

7:10 赤岳分岐
いつの間にか、難所突破していたのね。。
まあ、ガスのおかげで高度感を感じることなくクリアしちゃったわけだけれど・・・
いつかまた、ガスのない時に来たいな。
                 2009061314gonngenn0143.jpg


このガスじゃあ赤岳に行っても意味ないのでパス。
文三郎尾根に向います。
                      2009061314gonngenn0145.jpg

コケモモ  が露をたっぷり浴びてかわいらしい             
2009061314gonngenn01477.jpg


さすがにここまでくると、多くの登山者と擦れ違うようになり
今までの深い霧の中の静寂の世界が嘘の様に思えてくる。

「ツクモグサ咲いていましたか」と声をかけられ
そうか、もうそんな時季だったのかとあらためて思う。
2009061314gonngenn0151.jpg

ざれた道をとっとと下り

8:17/8:40行者小屋着
2009061314gonngenn0156.jpg


コーヒーを飲みながらやっと一息つく。

八ケ岳の山は姿を現すことなく、どこか遠くで雷の音がする。

やっぱり下ってきちゃって良かったわぁ。

           2009061314gonngenn01577.jpg


まあ、まだ先は長いけれど、ここまでくれば一安心だ。

長かった岩場歩きが嘘のような八ケ岳の森が心を穏やかにしてくれる
2009061314gonngenn0161.jpg

登山口に近い森の中にホテイラン
初めて見る花なので穏やかだった心が興奮に包まれる。

                   2009061314gonngenn01855.jpg

10:25 やまのこ村着
                      2009061314gonngenn0188.jpg

タクシーを頼む
ってことは、長い林道歩きが待っているのよね、やれやれ。

タクシーが30分ぐらいで来るというので、ガンガン歩き。

 それでも,良いこともありましたよ。
イカリソウ新たな出会いでした
                2009061314gonngenn01922.jpg


ラッキーな事にタクシーの運転手さんは
今年3月に転職したという、新人さんだった。
観音平への道がわからないらしく、会社に聞いている・・・


ここは交渉ね・・・・

6000円になったところで、メーターを止めてくれちゃったわ、サンキューでした。

(実際は8000円くらいな感じでした)

11:40観音平駐車場着


無事下山、長い2日間でした。

今度はもっと空気の澄んだ時季にまた来たい・・・・

車の中に、テント一式を広げ、窓を開けて走る。
家に着くまでに、乾かしちゃおう作戦ね。

走り出してからしばらくして、雨が降ってきた。
雷も鳴り出した。
セーフだったのね。
結局この日は八ケ岳は雲の中だったようね
2009061314gonngenn01988.jpg

帰路はゆっくり、白樺湖から上田に抜け(このコースは以前仕事でよく通ったからね)
自宅着 15:15

2日間で走った距離 257k・・・やっぱり遠いなぁ。

高速代2600円+ビール代1000円+タクシー代6000円・・・
あら、1万円でお釣りがでたのね。
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback

コメント ▼


    
  • Reテレマルカーさん

    私の場合は8時前に歩き始め、権現岳登頂が12:30頃
    もうちょっと早く出れば.日帰りも充分可能かと思われますよ。

    でも、青年小屋でテン泊だとゆったりっていう感じですね。
    広い良いテン場でしたよ。

    白馬岳はやっぱり花が良いですねよね。
    私ももうあの大雪渓は、卒業かなっていう感じです。
    リスクがけっこう大きいですからね。。。
    蓮華温泉コースおすすめです。
    栂池コースは、夏場だと、けっこう石(岩?)の歩きにくいコースです。
    お金もかかることですし・・・

    池テン泊も良いかもしれませんよ。
    身軽になって、稜線歩きが楽しめますから。。。

  • 天気の判断が絶妙でしたね。
    私ならタクシー代をケチって、雨にやられていたことでしょう。
    前々から、編笠~権現の日帰りをやってみようと画策しているんですが、さすがにきびしいかな?
    とりあえず編笠オンリーで計画してみようと思います。
    白馬は夏休みに行ってくる予定です。
    大雪渓は怖いので、栂池ゴンドラもしくは蓮華温泉から入ろうと考えています。

  • RE食う寝るさん

    青年小屋は
    若い学生さんたちでとってもにぎやかでしたv-410
    ついつい私もここでのんびり~って思っちゃいたいくらいでしたよ。
    でも、まだ10時半ですからね・・・・
    一人宴会にはあまりにも早すぎでしょ。。。。
    ってことで、誘惑を振り切りました!(笑
    でも、のんびり来るにはいいところですね。

  • そんな天気でテント背負ってキレットなんて。。。。こえぇぇぇ
    オイラなら間違いなく青年小屋で宴会です(笑)

  • Re監督さん

    今日は雨模様の休日だったので、なんとかUPできましたv-356

    権現までは、暑いし、なんか長く感じたけれど、、、
    そこからキレット小屋までは、ザレた下りや、けっこう厳しい登りで、緊張していたせいか
    短く感じましたよ。
    ザックは、一度下ろしたら、本当にげんなりするくらい重かったです。。。
    担いでしまえば、そんなに感じないんですけれどね。
    まあ、ソロの時には軽量化するようにしているんですけれどね・・・・

    のんびりテン泊も好きですし、、、、
    こんなちょっぴりハードもまたメリハリがあってたまにはいいもんですわ。。。

  • おおー、怒涛のup!
    それにしても、テントかついで観音平から一気にキレットまでいっちゃうなんて、私らではとてもついていけまへんわ~。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。