• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/02/23(Mon)

風がびゅんびゅん

先日、長野の平地でも25cmの積雪の天気予報に、おそるおそるカーテンを開けたら
なんと、雨でした。まあ、ちょっぴり積もってはいましたがね。

上田から通勤している会社の人は、上田はかなり積もったと・・・
穂高から通勤している会社の人は50cm位積もったと1時間遅れで出勤してきた。
通勤時間10分の私からみれば、本当にご苦労様としか言いようがないのだが・・・

そんなこんなをふまえ白馬もそれなりに積もったことだろう。。。
山荘から上がどんな具合なのかわからないので、安全策をとって

スノーシューだな!

予報は春のような暖かさで、太陽 しかし下り坂で夜にはamagasaらしい・・・。

ってことは早めに行けば、青空の下でのあの大絶景がみられるかもしれない・・・・・にっこり



えっと
写真失敗でした
ISO感度を下げすぎたため、かなりダークな写真になっちゃいました。
ってことを踏まえてご覧ください。
って画質からもお分かりのように単なるデジカメなんですがね。。。
ちょっと偉そうに言って見たかっただけかな。。。。ぷぷ
青空の下、久しぶりに白馬への道を向う。
ゲレンデの上はどんな世界なのかと、ちょっぴりの緊張感を抱きながら・・・・

今日は国際ゲレンデ(無料ね)に車を置き、やっぱりスキー持ってくれば良かったかな・・・と、
ちと後悔。

スノーシュー背負って、スキーってのもなぁ・・・と、そこは潔く(ってか、迷いに迷ってね)スキーは無しねとばかりに置いてきちゃったんであります。
ってことで、ゴンドラに乗ります(往復1600円

これが、すごい長蛇の列でびっくり。
ここ最近の八方では久しぶりの大賑わいっていう感じです。
スキー人口が減った?どこのお話?という盛況ぶりです。
どこも雪不足のせい?それとも増えに増えた外人さんのせい?
待つこと20分余り。その間隣のおじ様とのお話で紛れたけれどね。

相乗りOKの列にすばやく行き、、、
兎平から継続リフトに並ぶも、なぜかピタリと止まってしまった。

皆さん宙ぶらりん状態で不安でしょうね。。。

いつ動くかわからないので、隣のペアリフトに並び替える。

そこでスタッフのおねえ様に止められてしまった。

これは上まで行かないので、今止まっているリフトがもうすぐ動くから、そちらにて往復券を買って・・・・

はれ・・・まぁ・・・また並び替える。

まったくなことに、最後のリフトも整備中だって・・・どうりで歩いて登っている人がいるわけだ。
        20090222happou00011.jpg


夏と違って直登ですからね・・・

         まっ、しかたないかと、私もワシワシと高度を稼ぐ。

        20090222happou00022.jpg

この時点でもう10:40だ。やれやれ
スキーヤーのグループが出発するところだった。
それっとばかりに私も後に続く

         20090222happou0004.jpg

           この際を歩くのちょっとドキドキです。
           20090222happou0006.jpg
ゴンドラやリフトに乗るために費やしているうちにというか、もたもたしているうちに、あの抜けるような青空はどこかへ行ってしまった。

モノトーンの世界で、しかも風がビュンビュン。
まあ、ここは風の世界だからね。

ガリガリの雪はスノーシューよりもアイゼンが欲しいところだ。
吹き溜まり以外はテッカテッカでガリガリ。
黄砂がもうやってきているらしく、ところどころが覆われている。
ってことは白馬はあの上雪でも積雪が無かったようですね。
20090222happou0009.jpg
向こうの方に雪煙がつむじ風のように舞い上がる
きた?
すばやく背を向け、吹き通るのをやり過ごす。
戸隠の時のような林を通り抜ける雪煙は楽しんでいられたが、
ここは白馬八方、油断はできないのです。
         20090222happou0015.jpg

         白馬三山も雪煙に霞んで見える
         20090222happou0031.jpg

五竜、鹿島のあのあこがれのダイナミックな姿も今日は霞んでしまっている。
朝は、あのピンとした耳が青空に映えていたのに。
今、鹿島はすごい世界なんだろうなと想像。
          20090222happou0053.jpg

不帰ノ剣が見えてきた
これこれ、やっぱり八方はこれなのよね
20090222happou0055.jpg
色の無い世界であります。
青空の下のあのダイナミックさとは又違った世界ではあります
おひょ?、すご?い、やっぱこれだよね!これが北アだよね!
とワクワク ドキドキするような躍動的な感動はありませんが。。。。
なぜかこの荒涼としたモノトーンの世界にも静かな感動が広がります。
といっても、心とは裏腹に
ときに突風は立っていられないほどの力で攻めてくる。
風が一瞬止むと、静寂の世界ね。

20090222happou00277.jpg
それは自然の力ではなく、生物のような力で襲ってくる

季節が巡れば、ハクサンコザクラやチングルマが可憐に咲き誇るこの広大な世界
当たり前のことなのに、自然の偉大さを感じてしまう。
今、眼の前に広がるこの景色からはとても想像できない事を自然ってやっちゃうんだよね。。。

スキーヤーの人たちはどんどんと登って行ったが、
ケルンの陰で一休みし、バリバリになったチョコをかじる。
20090222happou00566.jpg

ゲレンデに戻ると、風が妙に暖かく感じる。
あの上の世界が本当に嘘みたいで、みんなスキーを楽しんでいた。
          20090222happou0063.jpg
国際ゲレンデのリフト湧きからは土肌が見える
           20090222happou0066.jpg

駐車場脇の土手は春のような穏やかさ
暖冬なのねぇ。。
春はもうすぐそこまで来ちゃっているんでしょうか。
まだ2月なのに。。。
           20090222happou0064.jpg


Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。