• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/10/06(Mon)

北アの岩山の迫力を楽しんだ後はゆるゆる山行き

今年の私は雨女なのかぁ?
土、日曜日と天気は良くても、私の連休である月曜日は雨のことが多いようです。

そしてすばらしい秋空を眺めながらの仕事だよ、まったくだな。

来週の3連休の混雑の前に行こうか、はたまた行きたいなと思っていたのは

立山 剣岳 or  槍ガ岳南岳

どっちも来週は超混みこみ模様ね・・・・・。

今回も雨模様の予報にすっかり気をそがれ、日帰りできそうな山をあれこれ考える。

もちろんターゲットは北アなんだけれど(他の山はまだまだこれから楽しめるから)

蝶はなあ、展望を楽しむ山だから、こんな天気じゃあなあ・・・・
餓鬼の燃えるような紅葉はもうちょっと先だし・・・・
天気が悪くても楽しめるっていえば、雨飾か風吹大池か・・・・

と迷いつつ布団にはいったんであります。。。。

しかし、布団の暖かさが心地よいこの頃

しかし、またまた、寝坊だ!

まあよし!行くぞ! っていう気迫がないんですね。

朝の時間は瞬く間に過ぎ、どこも今からでは間に合わない・・・・・



別に根子岳に不遜な思いを抱いているわけではないんでありますよ。

この山は11月のキンキンに冷え込んだ朝にすばやく登って、

真っ白なガラス細工のような世界と裾に広がる晩秋の唐松

その時のお楽しみまでとっておきたい山なのよね。


しかたがないな、超近場の山にでも行くか・・・・
20081005nekotake0092.jpg

昔は禰固岳と書いたんですね。

畜産組合とあるのは、かなり上部まで昔は放牧をしていたようで

  冬場に行くと(どこでも歩けるからね)ダケカンバの林の中に石垣を見る事ができますよ。

  延々と続いているその石を積み上げるのは大変な作業だったことと思われます。

  今はそのおもかげを感じるのみですが。


三重ナンバーや神戸ナンバーの車に申し訳ないような気持ちで脇に停める。

牧場の草を食む牛を見ながらゆっくり登り出す。

登山道にも牛の落し物があるので脇見ばっかりもしていられない。

溝の深い登山靴の場合は悲惨だからね。
      20081005nekotake0004.jpg

朝日岳で見たのとは違ってマツムシソウもアザミも色が淡いです
             20081005nekotake0005.jpg                   20081005nekotake0006.jpg


           のどかな景色です
        20081005nekotake0077.jpg



しまった、天気が思ったよりもったらしく、北アまで見えちゃうぞ

寝坊しなければあの山のどこかに・・・・まっ後の祭りだな。


         20081005nekotake0018.jpg




 
        一面の鮮やかなじゅうたんだ
         20081005nekotake0031.jpg


        山頂はスルーしてお気に入りの岩場にやって来た

        ここにも鮮やかなクロマメノキ

         20081005nekotake0037.jpg


         気持ちの良いのびやかさが拡がっている
         
         北アでは得られないほっこりするようなけしきだね

    20081005nekotake0045.jpg
    
  20081005nekotake00400.jpg

         
         20081005nekotake00233.jpg
   
  バックの紅葉にも負けない黄色が鮮やかでした
        
  20081005nekotake0088.jpg
        

 前回の唐松岳の下山に選んだ観光用木道で足が痛くなってしまった。

ストックがあったから良かったが、リフトまでたどり着けるかちょっぴり不安だったのよね。

そこで、樹林帯に入ってからは、高速下山をしてみた。

やっぱり、あの足の痛みは木道&階段だったことが判明でした。

どうも、歩き方のバランスを崩しちゃうんだよね。 

要注意だな観光地 。

朝日岳から五輪尾根を降りるときも、そこから蓮華温泉に登りあげる時もこの攻撃だった。

遠見尾根もアップダウンごとにあるぞ。

火打山も延々とあるしなぁ。

岩菅山はそれがために嫌いな山になってしまった。

願わくば、階段、木道は増やして欲しくないんだけれどなぁ・・・・ブツブツ・・・・・・。


       気をよくして、久しぶりになめたソフトはとっても味が濃かった

         
       20081005nekotake0094.jpg
         




Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。