• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/05/26(Mon)

ブナ、お花、そして大展望の贅沢三昧よ

昨日はきのうとて、霧に浮かび上がる新緑のブナを楽しみ・・・
今日はこれまた、青空のもと輝くばかりのブナを楽しんで・・・

は?あ、なんて贅沢な休日なんでしょう。。。


2年前に高妻山に初めて登った時に山頂で出会ったおじ様。
しかし、単なる登山者のおじ様ではなかった。
昔は、ガンガンのエキスパート、そして北岳の山小屋で働いているとのことでしたが。。。
そのおじ様が、明日は中西山に行くといっていたのが
ずっと心の隅っこに引っかかっていた。


しかし、、、、引っ掛けたまま、行くことはなかった。


というのも、登山口が奥裾花自然園だからであります。
実は奥裾花自然園には長野に戻った頃のGWに行った事があります。
その時の大渋滞ったらなかった。
私は少し早く行ったから良かったものの、、、、
と言っても、自然園では、数珠繋ぎ状態で、そりゃひどいもんでした。
水芭蕉咲きそろう湿原の規模はすごかったが・・・・
そして、うんざりして車で下る時には、なんと登ってくる車が数珠繋ぎ。。。
たぶん、駐車場の車が満杯で、入れないからして、延々の大渋滞でした。
たぶん3時間経っても入れなかっただろうと思われるほどでした。

それがトラウマになって
水芭蕉の時季にはぜったいに鬼無里には行かんもんね怒る

しかぁし、もう大丈夫じゃろってんで行って来ました。

鬼無里は様々な伝説のあるとっても山奥深いところです。
平家の落人もきっと裾花川をどんどんさかのぼって、隠れ里にしたのでしょうね。。。。

長野市の東のはずれにある我が家から西へ市街地を横断すると、
裾花川に出合います。
そこから延々と川をさかのぼっていきます。
距離的には昨日の鍋倉山や志賀の方がずっと遠いのに、
本当に山奥深くまで、とっても遠く感じます。
そして
地質学的にも貴重なところですよ。
地層がそのまま剥き出しで残っている(と、小学校で習ったんであります)
2008526nakanisiyama0129.jpg
秋の紅葉はこれまた素敵です
2008526nakanisiyama0131.jpg
渓谷美を堪能できます。
でも、ここは助手席からうっとり眺めたいところ・・・
川沿いの道は本当に曲がりクネクネで、脇見をしていたら大変なことになりそうよ。。。。


今日は登山口に着く前に、楽しんじゃったぞ。そして
またまたその前に
裏から見る戸隠山です

2008526nakanisiyama0016.jpg
2008526nakanisiyama0018.jpg
長野からは向こう側から眺めているので、左右が逆ですよ
新鮮でした(下の写真は飯綱山からですよ)

20080309iitunayama00455.jpg


う?ん中西山にたどり着けませんね
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reじもらーさん

    あっやっぱり同じところで反応しちゃったんですね。
    P1,P2、P3の後が爺さん、婆さんこの落差は大きいですよね。
    それと裏から見ると、西岳が迫力ありで、本院岳が貧弱に見えちゃうんですね。。。
    ましてや八方睨みなんて本当にかすんじゃってるんですよね。
    ある意味ショック!

    アイゼンのおかげでワシワシでしたよ、貴重な情報ありがとさんでした。
    まさに、生きた情報でしたね。
    いや~あ、今の時季、最高のお山でしたよ。
    ターゲットにして大正解でしたよね、お互いに。
    キクザキイチゲ堪能しまくりでしたもんv-411v-411v-411

  • あ~

    行ってきましたねv-410

    どうでしたか?
    そろそろ混雑も少なくなってきて十分に楽しめたかな~
    戸隠連峰の右端にある、婆さん 爺さん って山には
    v-411v-411v-411でした。

    中西山には登れましたか?

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。