• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/04/07(Mon)

今年も出会う事ができた、この景色に

えっと、売れない週刊誌なみにHPのレポアップが週遅れになってしまっている今日この頃でありますが・・・・・・・






私、生まれも育ちも長野であります。

そして、大人という言葉の広い広い範囲の後半。、
と言えば先輩方のひんしゅくをかっちゃうかもだけど。
う?ん、深く考えると、大人って定義は難しいなぁ。
いい歳こいているのに、っていうか、歳だけは怒涛のごとく積み重なっちゃっているのに、
いまだに未熟で、大人になりきれていないよな。
そんな困った私ではありますが。。。。。。。。。。。。。。。


まあ、人生いろいろってことで
冬季オリンピックの終わったあとに長野に戻ってきました。

そして、初めて登った山が唐松岳でした。
その衝撃は今でも忘れる事ができないんでありますが・・・・
その人その人の山の原点っていうのがあるとすれば
私の場合はやっぱり唐松岳ってことになるんでしょうかね。
それから今日まで季節を追う様に20回近くは足を運んでいる。
恐いめにもあいました
雨の日には、足元の花を愛でながら楽しんだこともある
ピークからの あの、景色が見たいだけに歩いたこともある
唐松山荘の裏手から見える剣岳が見たいだけで行ったこともある
唐松岳という山頂には全くこだわらず
こんなに楽しませてくれ、飽きない山も私の中では珍しいのよね。
山には人それぞれ相性があると思うけれど
やはり私の場合は好きな山の一つであります。

そして、2008年今年もこの山とどんなお付き合いが出来るか楽しみでもある。

2週間前に私の中の幕開けは曇りのモノトーンの八方池で始まった。
淋しげな雰囲気の山の表情を充分楽しんできた。

そして、4月6日の日曜日
って昨日じゃん。。。(呆けたんかいな)

あ?今年も、この山の晴れ姿に出会う事ができた。

もう、ありがとうって言うしかないのであります。



20080406happoumaruya0008.jpg
このヒマラヤ襞にはゾクゾクしちゃう
この角度からしか雪山の鹿島、五竜はいまだに見る事ができないでいる私でありますが
たぶんこの姿が一番だろうなと思ってしまうほどの素晴らしさだ
20080406happoumaruya0020.jpg

20080406happoumaruya0038.jpg
こんな艶やかな姿が眼の前に、視界いっぱいに迫って来るんだもんね
20080406happoumaruya0039.jpg


へ?
肝心の唐松岳がないじゃん!?(ほら、最後の写真にはちゃあんとありでしょ)
う?ん、展望の山なのよね。。。。。
頑張って頂上を極め、初めて景色を堪能できるっていう山(これはすごい魅力ありよ)ではないのよねだって、登り初めから、、、、初めから、どこを切り取ってもすごい景色を楽しめちゃうのよね

努力とか根性とは無縁の山なんである
まさに私にはうってつけの山なのよね

でも
剣を真正面から見たいなら山頂よ。
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Re大介さん

    本当にお久しぶりですね
    そっか、転勤の季節ですもんね。
    ってことは、ちょっぴり通勤地獄から開放されるってことでしょうか。。。
    今の私にとっては、昔々のことになっちゃっていますが、、、ご苦労様でした。
    まあ、私はほら、長野に住んでいますからぁ。。。。(山ん中に住んでいるようなもんですから)
    里山であれ、高い山であれ、心に響くものがあれば大満足です。
    大介さんの様な遊び心があればと、逆に羨ましいんだけれど、私には無い物ねだりのようで、、、、
    本当にエネルギーいただいちゃってますよね。
    私の場合、その割にはエネルギー満タンにならんのは、我がままなんじゃろか。。。
    長野の山案内しますよ。その節はご一報をv-392

  • 久しぶりです。相変わらず、行かれてますね。本格的過ぎて付いて行けません。
    小生は、また、四月に転勤になり、長距離通勤から開放されて、少しは、体力が戻ってくるかなといったところで、里山を、少しずつ巡っております。休日は、ほとんどが山登りのようで、羨ましい限りです。こちらは、年に一度、高い山に登れるかどうかですから、えらい違いですが、山は、どんな山でもエネルギーをくれますから、ありがたいものです。その内、夏山の参考にさせていただきます。近況まででした。

  • Reテレマルカーさん

    あら、テレマルカーさんも学校登山で行ったんですね。
    私もそうだったんだけれど、長野の中学はみんな燕岳なのかしら。
    あそこも展望の素晴らしい山ですよね。
    合戦小屋を過ぎて、左手に槍の穂先がちょこんと見えると
    期待感が高まっちゃいますよね
    小屋の稜線に出るまでのドキドキ、ワクワク感
    そして、ワ~、ワ~ v-405  たまりませんね
    今年はにぎやかで、楽しい燕岳になりそうですね。
    あら、私も燕岳行きたくなっちゃったわ・・・・

  • 唐松岳、私も大好きです。
    でも、私の原点の山は燕岳なんですよね。
    中学2年のときに学校登山で登って、
    そのときに見た槍ヶ岳に感動してしまったんです。
    唐松同様、燕岳からの展望も最高です。
    山登りを再開して、ここ3年、息子と一緒に登っていますが、
    今年は家族4人で登る計画を立てています。
    唐松に最初に登るときに、息子と二人で大丈夫かと不安でしたが、
    やまおんなさんにアドバイスをいただいて安心できたのを懐かしく思い出しました。
    (おととしの話なんですけど・・・)

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。