• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/03/10(Mon)

3月・冬と春の萌しを味わう・・・私にも春の萌し?

さて、私め2008年出だしからちょっぴり体調を崩しております。
(その割には1月はガンガン出かけておりましたが)
2月は天候にも恵まれず(長野も日本海に面してるんじゃあなかろうかという週末が多かったですね)、その上、体が不調だとついつい消極的になってしまいます。
全く悪循環ですよね。
まあ、そんなときは読書が進むってもんですが・・・・
相変わらず私の新田次郎フェアーは続いておりまして、吸い込まれるような勢いで堪能しちゃいました。
確か今年映画化されると記憶しておりますが、楽しみでもありますね。
tennnoki.jpg

医者には止められていたけれど、いかんいかん、と気合を入れ直して先週は独鈷山に行ってきた。
それがあなた、調子いいじゃん!
そして、違う医者では「大丈夫でしょう、良いことですよ。治療を続けながら様子を見ましょう」?ときたもんだ!
そうなりゃこっちのものさ!

かといって、、、、自重してしまうところがまだまだなんだな、、、、
一応安全パイを選んで、、、
お手軽、お気楽その上独立峰であるからして展望は申し分ないし・・・・
と、
なんだかんだ自分に言い訳しながら駐車場にやって来た。
しかし!

一歩も車から降りることなくUターンでっせ!




それは



登山靴を忘れた!!!!!
からであります



賢い私は車から降りるまでも無く、気がついたんであります、助手席の足元にあるべきもんが無いってことに!それも登山口の駐車場に着いたとたんよ!
冬は助手席の足元に置くと暖かいからね(あ?なんて賢いんだろう私って)
その賢いはずの私
確かにいろんな物を忘れて山に入ったこと多々知れず(先週はストック忘れたばっかだしぃ)
しかし、しかし、我が登山人生(過剰表現かな)において
登山靴を忘れたことは自慢じゃあないが1回も無いぞ!(威張るとこじゃあないか・・・・)
とうとうヤキがまわったのか
それとも、やっぱり気が弱くなっちゃて、集中力に欠けたのか・・・
自問自答しながら
玄関の戸をそっと開け、すばやく靴を引っ掴んで、同じ道を走る!
実にロスタイム1時間30分だ!



それでも我が市民の山は余裕なのよね

相変わらず、上品だよね、高妻は20080309iitunayama0064.jpg


春の萌しだよ、ばんざ?い

20080309iitunayama0075.jpg

バレーリーナ 春を踊るの図

20080309iitunayama00744.jpg



私も自然界の高尚さを見習らわなくっちゃだな
にっこり
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reテレマルカーさん

    お返事が遅くなっちゃいました、ごめんなさい。
    我が家からは市街地をつっきるのにけっこう手間取っちゃいますね。
    まあ、スニーカーで冬山ってわけにはいかないところがかなり辛いところであります。
    スキーウェアがないってのも、スキーには辛いもんですよね。
    まあ、今回は大物だったけれど(大物過ぎる?)小物はしょちゅうですからして、かなりのドジさかげんが証明できたってことでしょうか・・・・・・・・・それともトシのせいか・・・・も。

    お気使いありがとうございます。
    山の雪が融けるまでには、、、、、と思っておりますですよ。山バカです。

  • タイムロス

    1時間30分のタイムロスならいいですよね。
    私の家からだともうちょっとかかっちゃいます。登山靴をもし忘れたら、その日はそれでアウトです。
    3年ほど前に、飯綱スキー場へ着いてから息子のスキーウェアを忘れたことに気づき、どうしようまなく、帰ったことを思い出しました。
    やまおんなさんは、体をこわされているんですか? ご自愛くださいね。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。