• プロフィール

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/12/19(Wed)

バッチリとトレースつけてきましたよ

我が家の面々はどうしてこうも間抜けぞろいなんでしょね。。。。

飯綱に実家があるわけなんですが、冬の間は母親も里に降りてくる。
今年は11月に早々と降りて来た訳なんだけれど・・・・
先日地区の人がパトロールをしてくれたら(別荘地ってこともあり、昨今の世の中、やばいからね、ホント助かります)
なんとベランダのドアに鍵がかかっていなかった!
と電話をくださった(ヨシオちゃんありがとね)

こりゃただで行くわけにはいかんメイ
ってことで、どっちが本来の目的かわからないけど、行って来ましたよ
16日の日曜日は朝から雪が降っていたからしてパス
月曜日はまあ、曇りながらも雪は降りそうにないよ(ハイ、日、月とお休みだったのよね)

飯綱山 1917m 長野市

一の鳥居駐車場(8:05)?登山口(8:20)?駒繋ぎの場(9:52)?南峰(12:10)3時間50分

南峰下山(12:34)?登山口(13:44)1時間10分

登山口まで車で行かれなくなったため、市の駐車場に車を停めます。
除雪の後はなしですね、たしか、今までの冬も除雪してあったことは無かったような・・・
今年はどうなるんでしょうね、気になるところですよ。


    20071217iizunayama0001.jpg

日曜日には、なんとスポーツ店を3軒もはしごしちゃった(リサーチって言い方もあるけれど、、)

でっかい買い物は年末にどうやら揃いそうなので、今回はぬくぬくな手袋を買っただけでした。
というのも、前回の篭ノ登山行で、指先が余りに冷たかったからですよ。
モンベルのフリース手袋をインナーにしていたんだけれど、だめなのよね、冷たいのだ。
ってことで、ミズノのブレスサーモ機能のインナーを購入しました。
この上に、モンベルのフリース手袋をして、もう一つその上に冬用の手袋をしちゃえっていうこれ以上無いような重装備よ。。。
だって、新しく冬用の手袋を買うとさ1万近くしちゃうのよ(リサーチしたところでは本当に暖かそうだったけれど、ぐっと我慢なのよね、出費が控えているからさ)

そして、○○イスポーツのお兄さんから日曜日朝には、40センチもの雪が積もったって情報も入手(このお兄さんは飯綱から通っているのよね)
そっかそっか、と寒さ対策もバッチリ(前回の寒さで懲りたからね)
スノーシューにアイゼンと雪山装備もバッチリさ!
の意気込みで登山口にやって来た。
おお!飯綱山もバッチシじゃん!


    20071217iizunayama0003.jpg


昨日雪が止んでから、歩き始めたのか、一人の足跡がありますよ。
サンキュー、楽チン楽チンと歩き始めたけれど
どうやら、一気に積もった雪のようで、フカフカの雪ノ下の岩がスノーシューに当たり、歩きにくいことこの上なし。
足が岩にあたりよれちゃう。。。(即刻脱いだのは、当然ですが、、、)

    20071217iizunayama0006.jpg


駒つなぎの場までやって来ると、トレースがなくなった!
どうやら、時間切れなのか、ここまでと決めていたのか引き返したんですねぇ。。。
行く手には雪面だけが伸びていた。

    20071217iizunayama0008.jpg


マジ!?
しょうがない、ラッセルするかぁ!
    20071217iizunayama0010.jpg

冬道はまだ笹の先がかなり出ているので、急斜面の笹はいやだからして、遠回りではあるが、ここは素直に夏道を行きます。
といっても、こっちもかなり大変ですよ。
雪の量が増えてきて、最初膝下辺りだったのが、膝を越えるようになった!

後から、鈴の音が聞こえてきた!ラッキー!!
天狗の硯石を越えると、吹き溜まりでは腿を越えるようになった!
段差がたくさんあるので、ストックを突き刺して足場を確認しながら石を乗り越える。
鈴の音は私の後ろにピッタリくっついたままだ!
「や?、助かりますよ、すごい雪ですね?」おいおい、おっちゃん!
ここまでトレースつけてやったんだからさ、か弱い(!!!)女を先に行かせるなよ!
このラッセルどろぼうめ!
なんて、はしたない言葉は口には出さなかったが、心では呪っていたね、たぶん。。。
それとも、逞しい男に見えたのかしらん。。。(それはそれで問題ありだけど、、)
とうとう、稜線まで後にピッタリ付いて来たよ。。。
とにかく、一歩、一歩かみしめるように歩くことしか出来ない。
10歩歩いては、立ち止まってしまう。
その一歩も、足をグイと上げなければ、雪の中でただもがくだけなのよね。
そして、気温が上がって、風もまったくない。
もちろん、ジャンパーも、フリースもとっくにザックの中に入ったというのに、汗がでてきた。
冬山では汗はかきたくないのよね。
そして、力がでない!
シャリバテだな。(朝パンを一枚かじってきただけだもんな・・・)
さあ!私は休憩よ!おっちゃんお先にどうぞ!よ。
    20071217iizunayama0011.jpg

おっちゃんも悪戦苦闘していますよ、サンキュー!
やっぱり、トレースが出来ていると、本当に歩きやすいワイ♪

西登山道との分岐までやって来ると、下ってくる人がいた。
ワカン装備の彼は、一足先に西登山道から山頂を踏んできたらしい。
ってことは、3人分の足跡が出来ているってことね、ますます楽チンだな。
ってことは、おっちゃんがラッセルしたのは100mもないのか、なんか不公平だなぁ。。。。
    20071217iizunayama0012.jpg

それでも、山頂に着けば、お互いよく頑張ったね!と健闘をたたえあう。

おっちゃんも、「一人では来れなかっただろうと思うよ、なんか力をもらった思いだったよ、ありがとう」

と言いながら、下って行った。。。

    20071217iizunayama0013.jpg
4時間近くかかって、飯綱山に来たのは、初めてだなぁ。。。

独りの山頂はとっても広い。

高曇りの今日は北アは雲の中だけれど、富士山も霞みながらも見える、というまずまずの展望。

風もないので、フリースを羽織るだけで、寒さを感じない。

コーヒーを入れ、あんぱんを頬張りながら、山頂を楽しむ。

     20071217iizunayama0016.jpg

 

雪を被った戸隠山がいっそう険しく見える。

子供の頃、戸隠山に救助に向うヘリを良く見た。

パーティが遭難・・・・なんてニュースをみると、何で、山の上でパーティーをするんだろうかと

不思議だった。。。。

まるで、別世界のことだったよな。。。。

そんな私が、雪の飯綱山から、戸隠山を眺めているんだからして

本当に人生っておもしろいのよね

    20071217iizunayama0020.jpg

 さすがにじっとしていると、寒くなってきたし、もう12時30分だ

今日はもう一仕事あるんだったっけ

忘れるところだったよ、、、いけねえ、いけねえ。。。

西登山道との分岐辺りまで下ってくると、女の人がやって来た。

だんなさんはどうやら途中で、へばって、登頂をあきらめ待っているらしい。

最近良く見るパターンだね。

まったく女は強いよな。。。。。

気温が上がり、雪も重たくなってきた。

これでかなり締まり、少しは歩きやすくなるんだろうね。

そしてその上にまた雪が積もる。。。。

まだ冬は始まったばっかだもんね。

登る時には、難儀した岩も、下りはすんなり。

 

20071217iizunayama0021.jpg

ラッセルしてくれる人のありがたさを認識した山行でしたよ。

狛犬さんも目が見えなくてかわいそうだけど、届かんのよね。。。

明日になれば・・・・、きっと・・・・、

20071217iizunayama0022.jpg






Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reロビンちゃん

    クリスマスイブなのに、今朝はv-279がじゃんじゃん降ってますよ。
    まあ、高い山は雪なんでしょうけれど・・・。

    フ、フ、フルーツパーラーって、あなた今は死語かもよ
    お年がバレバレよv-12
    でも、花も恥らう乙女(今とは偉い違いだ!)の頃にはよく行ったなあi-261

  • うわぁー すっかり雪景色
    今年は暖冬だとか言ってたけど、んなことなさそうですな。
    家にはカギを・・危ないですぞー
    パーティーが遭難の話かなり笑えますが、私も同じようなものでした。
    いまだに、パチンコ屋の○○パーラーなんてみると
    フルーツパーラーかと思ってウキウキしてしまうのだ(笑

    また 根子でシリセードしたくなってきたぞっとv-398

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。