• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/09/24(Mon)

「テント泊についての考察」とはちとオーバーかな

週末の土曜、日曜日休みを頂いたのだが、男供に振られてしまい


そっか、テント泊デビューのまたとないチャンスだ!!




っと、唐突に話は全く変わって、、、


 


去年の会社での健康診断時 が左側です。 今年は? (詳しい詳細はまだでていないけど、いわゆる成人病も気になる点でもあるのよね)


単純なところを比較すると・・・


      去年                 今年


体重・・・・47k                 44.2k 


体脂肪率・・・・16.6%             15.6% 


肥満度・・・・・・-15%                                         -20%


まあ、いかに仕事がハードなのかプライベートがハードなのか定かではありませんが、、、


痩せて、脂肪がなくなっているのは明らか(誰かさんに嫉妬されそうだが・・・)


ますます、やまおんなというより、おとこ模様に傾きつつあるような我が体に


15kのザックは、あ?た、それなりのもんがありました!


わたしゃ若くないもんねと強調しどころ?


思えば15kなんて荷物を背負たことがあっただろうかとわが人生を振り返る・・・


まあ、我が子ぐらいのもんだろうな・・・それとて15kはないよなぁ・・・


仕事では、10k、20kなんて物も持つことはあるけれど、まあたかだか1m位移動させるだけだし・・・


 


登りはワシワシと何とかこなしました。


あら、まあすごいですね、軽身のわたしでさえしんどいのに、まるで山屋さんみたいでカッコいいわ!


なんてお世辞に、普段は低くて天井を向いている鼻も、ついついグッグッと天狗のように長くなる。


しか?し


下りに落とし穴が待ち受けていた。


まるで、背後霊が背中に張り付いているようだ。


険しい、ザレた急斜面では、かなり踏ん張らないと、全総量で、いやがうえにも体がズリズリと前に行ってしまう。


そうですね、ふんばりがものすごく要求されるのよね。


その結果、体のあちこちに力が入ってしまう。。。。


えっと、今なんかわけのわからんところが筋肉痛で?ス。。。


普段の山歩きではなりえない様なところですよ。。。。


今回行った山は、お気楽登山道は全くといって良いほどなかった。


山歩きとしては、とっても変化があって良いコースだったが、テン泊向きではなかった?


それとも、私が重い荷物に慣れていなかっただけなのかぁ?


それなら、テン泊はお気楽登山道向?


縦走をする場合、夜明け前のうす暗がりで、テントを収納するのも大変そうだな・・・・


 


なんてマイナスイメージが幅を利かせつつあるが


夜中に、ファスナーを開けると、満天の星空が見えたのは最高だったなぁ♪


まあ、また、まったりコースでテン泊しましょ。。。


ってなわけで、私のテン泊デビューはつつがなく終わったのであります。


まあ、めでたし、めでたし・・・だな。


 

Home | Category : つぶやき |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reテレマルカーさん

    貴重なる体験談ありがとうございますv-12

    >とっさの判断で、自ら後方にジャンプ。
    ふむふむ、、これはテレマルカーさんでなくちゃできませんね


    確かにバランスを崩しやすいかもですね。。

    危険な箇所よりなんてことのない場所での、油断からくるつまずき、転倒これは本当に要注意ですよね。。。。

    「ザックが重いときは、いつもよりゆっくり歩き、休憩をしっかりとろう」

    しっかり心に留めこれからもテント担いで行きたいと思います。。。
    ありがとさんでしたv-238

  • 披露

    「後学のためにもぜひご披露を、、、、」と言われてしまえば、仕方ないですね。ちょっとだけご披露します。

    (その1)合戦尾根にて
    油断して階段を登っていたとき、わずかにザック側に重心が傾いたと思った瞬間、引っ張られるように背中から落下・・・・・。かと思った瞬間、とっさの判断で、自ら後方にジャンプ。着地地点に何もなかったので事なきを得ましたが、木の根でもあったら・・・・・・。

    (その2)柏原新道にて
    石畳のあたりで、後ろにいた息子に話しかけた瞬間、石につまずき前方に転倒。右手で受身をとったものの、左手側は石がなかったのでそのまま滑落・・・・・・。かと思った瞬間、木にひっかかって事なきをえました。
    そのかわりすねを思い切り石に打ちつけ、ひどい出血をしてしまいました。

    (その3)蝶ケ岳から横尾への下りにて
    かなりの急坂で、足に疲れがたまってきたなぁという頃、足を滑らして後方に転倒。完全に背中からの転倒でしたが、このときは大きなザックがクッションになって何もありませんでした。

    このほかにも細かいことは沢山起きています。
    こういう転倒が遭難につながっていくんだろうなぁと考えてしまいました。
    ザックが重いと、とっさのときにリカバリーがききません。
    教訓としては「ザックが重いときは、いつもよりゆっくり歩き、休憩をしっかりとろう」です。

  • Reユージンさん

    購入してからなかなかチャンスがなく、かなり遅いデビューになっちゃいましたよ。

    20kなんてのは私には到底考えられないわけでありまして、関西の鉄砲玉と言われているお方の若さ、根性はすごいとしかいいようがありませんよ。
    テント担いでのキレットはよほど慣れていないとバランスを崩しちゃったりして危険という認識を新たにしましたよ。
    慎重に行ってもリスク多すぎですね。
    こんなところはやはり軽身で行きたいもんですね。

  • Reテレマルカーさん

    ありがとうございます。
    そうなんですよね、あの星空は最高でしたよ。
    テレマルカーさんは息子さんといっしょだからもっと重いのかな・・・。
    (それに加えてさ、ほらほら、担ぎ上げるのは水だけじゃあないもんね・・・・・水と同じように必要だもんねv-275
    尊敬しちゃいますよ。
    そのハプニングが非常に知りたいわけでありまして、、、、
    後学のためにもぜひご披露を、、、、

  • テント泊デビュー やりましたね!
    少々重くなるけど、小屋泊より快適でしょう?
    もちろん、ある程度天気が良いという条件がつきますが。

    今回はてっきり、若者に重い荷物を持ってもらってのテント泊
    デビューだと思っていましたよ。
    テント担いでの縦走は、キレットを安全に通過できるかが
    ポイントですが、私にはまだ自信ないですね。
    でも、ビスタ~リさん達は20K程度のテン泊装備ザックで
    こういうところを通過しているので、慎重に行けば問題ないん
    でしょうけど。

  • おめでとうございます

    テント泊デビューおめでとうございます。
    夜中にファスナーを開けたときに見える満点の星は大きな魅力です。
    ただし、今年はいつも天気が悪くて、1回しか見れていません。
    最近、テント泊装備の重さに慣れつつありますが、疲れてくると、軽い荷物のときでは信じられないようなハプニングを連発しているテレマルカーです。あまりに恥ずかしいので、ブログには書いていませんが、一歩間違えばかなりやばい状況も中にはあったので、気をつけようと思います。
    下の記事はどこの山なのかな? レポを楽しみにしています。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。