• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/05/21(Mon)

処女作

しかしなんなんでしょうね、今日のこのお天気は。


昨日は山の上で凍えながら、雲がじゃまよと嘆いていたのに


今日は我が家から すっきりな青空に北アがででで?ん。


でもまあ、実はあんな寒さも意外にも楽しんじゃってましたがね。


このところの忙しさで、寝る前に本を開いてもなかなかページが進まない。


昨夜なんて1ページで限界を感じ、本を伏せちゃう様でした。


 

強力伝・孤島 処女作で直木賞受賞作品。


富士山の強力が187キロ余りの石(方向掲示板ですね)を背負って白馬雪渓を登り白馬岳山頂に担ぎ上げるまでの事を書いた本です。(実在のモデルがいましたよ)


飾り気のない文章だけれど、飾り気がないからこそ、逆にストレートに心に迫ってくるものありでした。


先日亡くなった北穂高小屋の創業者 小山義治氏もすさまじい程の執念で木を1本1本担ぎ上げ北穂小屋を作った(この本は本当に感動しちゃいましたが)のですが、今私たちが気楽に登っている影には先人たちのまさに血の滲むような(表現があまりにも一般的ですみません)気迫に満ちた努力があるんですよね。


お勧めの本ですよ。

Home | Category : 本のお話 |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reテレマルカーさん

    了解です。
    で、リンク貼り直したんですけど、こんなもんでよろしいでしょうか。。。
    忙しいながらも、こまめに変更していちゃったりして、すごいですね。
    私も見習らなくちゃいけないんだけど。。。。
    トホホ。。。。

  • リンク先の変更をお願いします

    事情があって、私のブログの目次を修正しました。
    やまおんなさんは、今まで私のブログの「目次」にリンクをはって頂いていましたが、そのページは現在、「県外」のトップページに変わっています。
    ということで、私のブログのトップページか新しく作った山の目次のトップページにリンクをはり直して頂けるとうれしいです。
    よろしくお願いします。

  • Reロビンちゃん

    まあ私としましては、

    仕事は楽しまなくちゃあ・・・・
    掃除は時には見て見ぬふりまたは見なかったことにしよう・・・・
    私のHPが最近重いらしい・・・・

    どれもいいかげん・・・ってのがよろしいようでして・・・・。
    でも、これが簡単なようで意外と難しいのよね・・・・。

    5冊ですかぁ、溜まりましたねぇ。
    私は星野道夫をもっと読みたいけれど、なかなか手に入らん(安くってことですよ)のですよ・・・・。(アマゾンで購入作戦に出ようかな、とも思う今日この頃)

  • 家事・仕事
    パソコン
    読書
    ・・・・どれをとっていーやら。

    「絶対よむぞー!」の本が5冊たまってます v-406

  • Reテレマルカーさん

    あ、私も経験ありですよ
    子供より早くグーグーだったりなんてのも。。。。
    でもイイお父さんだなぁ、こんなお父さんほしいなぁ。。。

  • Reユージンさん

    本当にご苦労様です。
    えっとぉ~、私の分までよろしくでぇ~す。

    そんな後に歩く登山道は気持ちが良いでしょね♪

  • Reまきくまさん

    畑や花はまあストレスになったり、ストレス解消になったりですな。
    ほら、これからは虫の季節でしょ。。闘いが始まりそうよ。。。
    もうすでに我が家のイチゴはナメクジと私、どっちが早くゲットするかの争奪戦状態だし。。。
    でも、殺虫剤かけたくないですもんね。

    えっと、山を愛しすぎる人たちは、キチガイと紙一重の執念だなあってのが、本音の感想です。
    北穂小屋の創始者の小山氏ってお方はきっと世間の常識から言ったら完全に山キチガイでしょう。
    でも、一つのことにキチガイになれる人生って、すさまじいほどの苦難と、葛藤とそして、、、、幸せ なんでしょうね。
    と凡人の私は思うしかないでしょうね。

    白馬岳に180キロ!(18キロじゃあなく180キロですよ!)もの花崗岩を背負って登ったこの強力は亡くなってしまいました。

  • 8時30分

    最近私は寝る前の本を読んでいません。
    子どもたちを寝かしつけていると、一緒に寝てしまう癖がついたようです。
    昨日なんて8時30分には寝ていたと思います。
    先日、登山道の整備、ごみひろい、道標の整備をされている方のお話を聞く機会がありました。本当に頭の下がる思いでした。
    やまおんなさんのお勧めのこの本、読んでみたいと思います。

  • これ未読です。読まなくっちゃ。
    ほんと道や小屋、先人の努力があるから、安心して登れるんですよね。
    感謝感謝です。
    やまおんなさん、毎週絶好調ですねー。畑もちゃんと世話してるし…尊敬。。。

  • そうそう、私たちがこうやって気軽に山に登れるのは山を
    愛する諸先輩方のお陰ですよね。
    なので、時々山への感謝を言葉じゃなくて行動で示そう
    ということで、次の週末は登山道整備に参加する予定。
    でも、雨で中止にならへんかなとちょっぴり思っている自分
    がいる(なんちゅう奴だ)。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。