• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/03/28(Wed)

ちょっとお疲れモードなのについつい

年度末と新規取引の準備,が重なり、ヒーヒー言いながら、あっという間に一日が終わってしまう。(4月からは、またまた、忙しくなりそうだし、、、6月にはシステムの変更がありまたまたドタバタしそうだし、、、、)


まあ、あっという間に終わるってのは、なかなか良い感じではあるけれど、、、


ゆっくりくつろぎたい夜の時間が削られちゃうのはね、、、


そんなお疲れモードの時にも、ベットにもぐりこんでついつい、後10分、、、12時までよと時計をちらちら見ながら読んでしまう。


そして、気が付けば1時、、やばっ、っとあわてて、寝る日がついつい続いちゃう。


おもしろくない本の時には、読みながらコックリで5分ともたないのに。


 

4101122148.09._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg
今頃 八甲田?って感がないでもないが(古本屋でみっけ)、映画も見ていないし、とっても新鮮でした。


新田次郎って気象学を専攻し、気象庁に勤めていて、しかも山男でもあった人ですからね。


淡々と書かれている文章ではあるが、淡々と書いているからこそすごい迫力でせまってくる。


明治の時代のことではあるが、現代に置き換えても通用するし、けして古くはないよなと思いましたよ。


軍隊を会社に置き換えれば、リーダーや上司の判断力、決断力が問われるし、


遭難への道のりはまた、自然の猛威の前での人間の無力さを見せつけられるが、


装備、判断力のちがいで乗り切れるという人間の素晴らしさも、山のぼら?としては読み応えがありました。


 


そんなわけで、


今日は早く寝よっと。。。。


と、思うのではありますが


ちょっと重い本を読んだ後には、ワッハッハ本をチョイス、、、


5分で眠れるかな?


 


 

Home | Category : 本のお話 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reユージンさん

    私も大忙しです。
    といっても残業は今日の8時30分が最高ですから、前の職場に比べればなんちゅうことはないのですが。。。。(中身が濃い)
    とりあえずは明日、あさってが第一の勝負ってとこかな。


    週末、といっても日曜日だけど、お天気もいまいちのよう。
    春霞、黄砂(もう来つつあるみたいですね)で展望は全く期待出来そうにない・・・どこ行こうか・・・・迷いますね。

    PS・睡魔には素直に従いましょう。

  • Reテレマルカーさん

    読み応えのある本でしたよ。
    私は一応?ビンボーなので、本屋さんで買うことはここ数年ありませんよ(笑)
    図書館(最近は山遊びばっかで、行っている暇がないんだけどさ)または、ブックオフとかの古本屋さんを利用していますが。。。

    アマゾンでも結構安く手に入るみたい。。。お店に足を運ぶ手間が省けそうだし、ね。

    最近見つけたブログの
    豊後ピートさん(私のリンクにありです)のは、とっても参考になりますよ。
    http://blog.goo.ne.jp/bongo-pete/e/7ebfa81f999b495bdd4142562a6daf48
    これなんか、誰も教えてはくれないよな。

  • 毎週末は山だし、平日は仕事で忙しそうなのに、本を読む
    時間を確保できるんですね、立派です。
    私なんて、病院の待ち時間の時ぐらいしか読むこともなく
    なってしまいました。
    今週は年度末でずっと忙しいし、土日も出勤だし、花粉症
    で鼻も眼も痒いし、夜は薬が睡眠薬になってすぐ眠たく
    なっちゃうし、本当に大変です。
    今週末はこれまで続けてきた週一登山がついに途切れます。
    今週末、専属カメラマンはいませんが、どこかいいお山に
    お出かけ下さいね。

  • 偶然

    私もこの本読もうと思っていたんですよ。
    思っていただけで、本屋で探しもしなかったんですけどね(笑)。
    最近、ヤマケイなどを読んでいても、この手の記事がとても気になって、一番先に読むようになりました。
    冬山には行ったことがありませんが、知識だけはもっていたいと思っています。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。