• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/01/12(Fri)

スノーシューの素晴らしさを見せつけちゃおう企画その5

今日は久々に白馬村まで納品に行って来ました。


心配していた道路も白馬村の手前までは乾いていて、楽チン。


週末の雪で、白馬村も、雪の中でした。(40センチくらい?)


あいにく今日は曇り空で、白馬の山は姿を見せてはくれませんでしたよ。


気温も高めだった(白馬村で0度)ので、もやっとしていました。


いつもの納品先の他に今日は五竜スキー場のエスカルブラザにも納品したので


ついでにスキー場の様子を見たんだけど、積雪はたっぷりめ。


平日とはいえ、スキーヤー超少ないですね。


白馬村は特にオリンピックの後 (オリンピックの年には一般のスキーヤーが来なくて、大変だったようだし)深刻な程の不景気です。スキー人口の減少も追い討ちをかけていますがね。


今は中国とか、韓国のスキーヤーがとっても多いですよ。(団体さんですね)


と前振りが長くなっちゃったけれど


白馬ってことで、


白馬栂池&白馬乗鞍編


栂池スキー場のゴンドラリフトを乗り継いで行きます。


栂池はスノーシューにはもってこいのなだらかなところです。(自然園の上を歩くんだもんね)


天狗原エリアは確か3月ころにはヘリスキーが出来ると思います。


天狗原から、白馬乗鞍までの急斜面は雪崩の危険もあるようですが、天気が安定した頃だと大丈夫らしいですよ。

2004.2.24


自然園を左手に見下ろしながらなだらかに登っていきます。


でも暑くて、汗が吹き出ます


トレースもバッチリだけど、つぼ足ではズボズボですよ


     20070112211530.jpg


いまいち空の色が澄んでいなかったが、白馬三山の稜線からは雪煙が上がり風の強さを思わせます。


     20070112211606.jpg  


ボードを背に、スノーシューを穿いたボーダーや、シールをつけたスキーヤーたちが何人か登っていきました。


この一見なだらかに見えるところが、かなりきつかったですよ。


気温も高かったので、10m歩いては一休みでした。


     20070112211756.jpg


2004.4.6


4月とはいえ、ここはまだまだ冬の世界が広がってますよ。


栂池にテントがひとつだけぽつんとありました。


どんな夜を過ごし、どんな朝を迎えたんだろうかととても気になりました。


     20070112211854.jpg


    気象条件によっては魔の山になり牙をむく山もこの時は穏やかな姿を見せてくれました


    


     20070112212126.jpg


天狗原はとっても広く風の通り道のようだったが、まったり出来るほどの陽気でした。


かなりのスキーヤーたちが楽しんでいました。


右側の斜面を楽しみたくて、せっせと登ってましたよ。 


    20070112211945.jpg


無積雪期には岩だらけの山頂も、とっても歩きやすくなっていました。
でもさすがに風で雪も飛んじゃうんでしょうね、このエリアはとっても雪が少ないです。


    20070112212017.jpg


山頂からスキー場方面を見下ろす


真ん中の白いゲレンデあたりから歩いてきたことになります。


栂池までは圧雪車できれいに整備されていますよ、林道歩きがいやな場合は


ショートカットで、直登のトレースもあり(林の中のけっこうな急斜面です)


    20070112212509.jpg


 白馬大池の先の山がこんな姿になるなんて、思ってもいない景色にびっくり


この斜面に取り付いている登山者が蟻のように小さく見えました。


    20070112212317.jpg


    学生さんたちがワシワシと登っていきました


    20070112225845.jpg



つい先日この白馬乗鞍に山スキーに出かけた御夫婦が遭難し救助を要請(翌日無事下山で来てよかったですよね)したことがニュースでもやっていました。


悪天候のなか出かけるのは、自殺行為にも等しい程の厳しい山ですよね


山をなめちゃあいけませんよね。


自然の美しさはその厳しさと表裏一体ですから。


 


 


 


 





Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Reテレマルカーさん

    長野はお天気悪くても、中信は晴れているってこと、けっこうありますよね。山も北信がだめなら、中信とか東信に変更って良くあります。

    あの景色は山頂でも見えず、しばらく大池方面に歩いていったら、目の前に、大迫力でした。私もはじめてみる景色にしばし呆然。
    その斜面にソロで登っていく人を見たときには、感動でしたね。
    蟻のように小さかったけれど、着実に高度を上げていくのが良くわかり、頑張って!と声をかけたくなっちゃいましたよ。

    少しづつ、自分の世界を広げていけばいいんだと思いますよ。
    楽しみながらね。これが大事ですよね。

  • なるほど

    初めてここの雪がある写真を見ました。
    スキーヤーが行きたくなるのが分かります。
    下から2番目の写真なんか最高です。なんておいしどうな斜面なんでしょう。でも私にはまだ知識も装備も技術ないので、いつかのお楽しみですね。
    本日は大町スキー場に行っていました。朝自宅を出るときは雪でしたが、スキー場は快晴。分からないものですね。

  • まあ、天狗原から乗鞍への斜面が問題なようですよ
    ボーダーやスキーヤーが斜めに滑りますからね。
    雪が締まる頃には大丈夫ですよ。
    実際かなりの人が(ほとんどスキーヤーだけど)登ってました。
    でも、かなり歩き応えありました。(雪が腐っていたので)


    朝雪が舞っていましたね
    でも今日は風がとっても冷たく感じました。
    夜帰るときには満天の星空だったから明日は期待できそうですね。

  • このシリーズ、一体いつまで続くんだ?!

    ご苦労様です。
    次から次と絶景スノーシューコースが登場ですね。
    これだけ企画ネタありって本当にすごいです。でも、まだ秘蔵企画があったら
    披露しちゃってくださいね。
    冬の楽しみが本当に大きく広がりそうです。
    栂池の上って、確かに天気が崩れると遭難事故が起きるところですよね。
    天気・状況を的確に判断して決断しないといけないですね。

    昼から用事があったので、早起きして午前中でちょこっと大雪後の里山探検の
    つもりでしたが起きたら外は雪。今日は止めて明日に賭けます。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。