• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/11/26(Sun)

2006年最後の北アはまたまた爺ガ岳だった

25日土曜日は会社の忘年会が早々にありました。(12月は大忙しか?)


みなさんの飲みっぷりのよさに恐れをなしつつも私もしっかり頂いてきやしたよ


前の勤務先は若い人たちばっかだったので、オトナな方々との会話は、これまた新鮮で、楽しいひと時でもありましたよ。


ついつい楽しく過ごしたら、ありゃまあ日付けが・・・!


明日は山行ですよ、やば?。


でもそこは、ほれ まだ私にも残っているだろう若さってもんがあるはずさ。。。。

25日はど快晴でしたよね。


仕事をしながら、つぶさに北アを眺めると、フムフム けっこう下の方は雪がなさそうじゃん


立木さんから仕入れた情報じゃあ 燕岳山頂小屋付近で50センチの積雪だっていうし


去年最後の北アの爺ガ岳では積雪に阻まれ途中撤退したけど


今年は行けそうな感じだよ。


緊急会議っていうよりほぼ私の押し付けで、爺ガ岳に行って来ましたよ。


わがまま聞いてくれてありがとサンでした。


心配していたお天気も何とかもってくれ(夜には雨になっていた)


曇り空ながらもずら?と北アを堪能できましたよ。


この曇り空の下、八ヶ岳やかすかに富士山まで見えるなんて最高の御馳走でした。


これで心置きなく里山が楽しめるってもんです。


 

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment7  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 立木さん こんばんはー
    早速 GPS見させていただきましたぁ
    やまおんなさんの言うように ずい分下の方から
    道が分かれてるんですね。
    でも、夏道より全然安全ですもんね。ちょっとキツイかな?
    あの夏に見た爺の上からの景色を 冬に見れたら
    ステキでしょうねぇ 。 剱もカッコイイですねー
    いつか必ず 行けるようになりたいです!
    どうもありがとうございました。

  • Re立木さん

    確かに柏原新道ができたおかげで、いろんな世代の方が楽にあの稜線からの景色を堪能できたんでしょうね。
    前に80歳をとうに越えたと思われる方も歩いていました。

    私もGPSとマップをにらめっこしてしまいました。
    28日にはガレ場手前の小さなガレ場(最初に雪渓が残っている所です)を直登したような足跡があり、ひょえ~きつそう!って思ったんですが、GPSを見ると、かなり手前から登るんですね。
    まあ、私にはこれからの時季は無理でしょう。
    根子あたりで、遊ぶことにします。

  • こちらに柏原新道の経緯があります。
    http://www.kasimayari.jp/annai.htm

    冬道は…トレースがあれば、それほどキツクないです。
    もちろん尾根を忠実に登っていきますが、GPSを見てると夏道と平行しながら高度を稼ぐようですね。

  • なにが うわわわわわぁぁぁ ざんしょ。
    ものすごい世界に行って来た人の言葉にはとても思えませんよ。
    なんか、一気にグレードアップしちゃって、もはや山のエキスパートですよ。
    しかも、仏像なんか見て、心もグレードアップを図っているし。
    冬山を走破するには、悟りの境地も必要なのかな?

  • Re立木さん

    情報提供ありがとうございました。
    直前の北アの情報はとっても心強かったです。
    登山道を歩きながら(前から思っていたんですけどね)なぜ、トラバースの登山道を作ったんだろうかと。
    南尾根に登れば、景色もいいだろうにな と思えますよね。
    なんか問題ありなのかしらね。
    でもその冬道ってのは、やっぱり尾根に直登? 
    あの沢をテレマークで降りちゃうなんて、空恐ろしいことの出来る立木さんじゃなくちゃ、無理なんでしょうね。
    青空の下を歩けて、うらやましいなあと、ちょっと僻み気味(それも、燕に続いちゃって)。
    テレマークの世界ももうすぐですね。

  • うわわわわわぁぁぁ v-276
    なんて羨ましいこっちゃ。
    いいですねー いいとこいっちゃいましたねー
    タイミングもグーでしたね

    冬道ってのは直登ですが やっぱキツイでしょうね。
    鹿島槍まで行っちゃう人って どんなんでしょう。
    爺頂上まで行かなくっても 充分素晴らしい景色に
    会えますよね。 もう満足でしょうねー グヤジィ~

  • こんにちは。
    やっぱり爺ヶ岳に行ったんですね。

    学生さんが夏道のトレースを作りました。
    学生さんと八つ見ベンチでお別れして南尾根から登りましたが、冬道のほうが早いようです。山頂で話す機会があったんで夏道の状況を伺った所、問題なさそうだったので下山は夏道経由で戻りました。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。