• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/02/12(Sun)

久しぶりの雁田山

日本海側の大雪で各地で被害が出ているようですが、

北信でありながらも
長野の平地はこの時季にしては、雪は本当に少ないです。

しかし、一歩山に向えば、ここ二三日でかなりの降雪と思われ、、、


1ヶ月ぶりの山歩き、

鈍った体にはきつすぎるわ。



そんな時にピッタリなのが、里山 雁田山(759.4m)


昔、山頂で出会った「コーヒー牛乳男」

雁田山をプチ八ヶ岳と言っていたのを思い出した。

まあ、多少の無理はあるが・・・

強引に当てはめれば、そうかもね、と思えてくるのもロマン。

確かに、赤岳のようなピーク、そして姥岩辺りが横岳の岩場か。

採掘場となり崩れている辺り が硫黄岳かな。。。

プチ縦走が楽しめるのも里山にしては優れもの。

ちょっと、この角度では雰囲気伝わらなくて、すみません。

家の近くから見える雁田山は

たしかに

鳥(雁かどうかはともかくとして)が翼を広げているように見えなくもない

これも古の人のロマンかな。


           2012_020520120205karitasann0001.jpg

葛飾北斎で有名な岩松院を取り囲むような感じで、

楽しい山歩きが出来ます。

我家から車で20分足らずの気軽さです。 
スポンサーサイト
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。