• プロフィール

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/03/29(Tue)

シマシマ模様に惹かれて黒斑山に

3月27日

寒波がやって来ました!

チャンス!! 
 
春霞の世界から戻れるのね♪

とばかりに、家を出るものの、上空は青空でも、周りの山はみんな雲の中!
さてさて、どっちに行こうか、、
家を出るものの、厚い雲に向ってるジャン私!


市内をぐるっと回り、軌道修正し、、
なぜか出発点に戻り、高速に乗る。

まったくね、なにやってんだかね。。。

あいかわらずだわな。。。。

 
で、向った先は

        20110327kurohuyama0002.jpg

八ケ岳、そしてかすかに富士山も見えました(この時だけでしたけれどね)
北アは残念ながら雲の中
でも、こっちの山を選んで正解だったわね。
まだまだ雪山でした、それもふかふかの。

久しぶりにキーンとした空気を思う存分楽しんできました。
東京では桜が開花したらしいけれど、、、
まだまだ雪山を楽しめる長野です。

そして、あのシマシマも見頃でしたわ♪

                
スポンサーサイト
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
2011/03/20(Sun)

雁田山のカモシカくん

今回の想像を絶する地震、津波にはただただ、TVの前で唖然とするばかり。
ありきたりの言葉では空々しくなってしまうけれど、

多くの亡くなった方の無念な思いに哀惜の念でいっぱいです。

そして、助かった方々のこれからの人生に幸あれと願うばかりです。

思いは多々あれど、、
自分の非力さのできる範囲でエールを送りたいと思っています。

私ごとですみませんが、、、
人間、生きているっていうだけで、幸せなんですよね。
そんな思いを
悠久から変わらぬ姿であり続ける山々にふれると、とくに感じます。
生意気なようですが、、、
人間って素敵だよねと、いとおしくなってきます。
まっ、下界に戻れば、その流れに飲まれちゃっている情けない自分ですがね・・・

こんな時にと、山に行く気にもなれずに謹慎していましたが、

交替休の某平日
ここならまっ、自分的に許容範囲でしょ(っていうわけわからん自分に対するイイワケで)
里山をお散歩して来ました。


登り始めて、すぐ、
落ち葉をかさこそいわせ、
2頭のカップルが(そうカップルこれは私的には珍しいわね)背後を通り過ぎて行きましたわ。。。
で、次に遭遇したこの写真のお方、一瞬私に視線を合わせた後、何事もないかのように、、去っていきました。



             2011_0315雁田山0008
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/03/10(Thu)

またまた戸隠スノーハイク

3月6日

お天気なら八方尾根に行こうかと思っていたが・・・

どうやら天気は下り坂模様で、午後からは曇り。
それなら、行ってもおもしろくないわね。

ならばと、姉たちを誘って記憶に新しい戸隠高原スノーシュハイクです。
風もなくおだやかで、雪面を気持ちよく歩きました。

ゴルフ三昧の姉たちは、大自然の中をただ歩くっていうことはめったにないからね。。
常にボールの行方、距離に神経を集中しているから、、、


自然の息吹を感じながら歩くっていうことが新鮮だったみたいです。

しかし、、、

「良いトレーニングだったわぁ?」
「気持ちよかったわ?、ジムに行くよりよっぽどいいわ?」

はい、私的には、???
感覚の違いなり?

でも、まあ、とっても喜んでくれたから、ヨシよね。



鏡池の真ん中で、
約1名が立ち枯れの木に登ろうとしましたが、、

ハイ、高いところにすぐ登りたがる約1名であります(笑
あまりの木の腐れように、やむなく断念でありました(笑


            2011_030620110306戸隠0041



で、

前回気になっていたんですが、、、

本院岳の背後に
ピラミダルなひときわ白い山?どこの山?



         2011_030620110306戸隠0044


前回のアップ画像ですわ。
槍ガ岳の小槍にしては、ちょっぴり間が開いてしまってますが、、
なかなか奥ゆかしげに輝いていますわね。


          20110220togakusi00055.jpg


で、やっと今回わかったのです!

っていうほどオーバーではなくて、あれなんですけれど・・・

西岳だったのです!


あれ?登った時には感じなかったけれど、表から見ると奥側になっちゃっているのね、、、
標高は、西岳2053m・本院岳2030mなんだけれど・・・
本院岳の堂々とした姿につい眼が行っちゃっていたんですね?。
実際、長野から見ても本院岳ばっかりに気をとられていました。

でも、西岳の登りのきつかったこと、そして、これでもかってくらいグイ?ンと下った事が思い出されて、、
納得也!

まあ、ジモラ?って言えないわよね、な再発見でありましたわ(笑


       


            2011_030620110306戸隠0029


                             戸隠高原にも春が少しづつやってきています
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/03/03(Thu)

信濃の春

平日の休日
天気が悪いものとばかり思って諦めていたら、朝から青空だ。

それでも、もうモードは変えられないのよね。
ゆっくり朝寝をし、掃除洗濯を済ませ、 、、、

わずか10分ほどで登山口着が10時、ホホホ。
超お手軽、例のお○い山ですね。


            20110227tarouyama0014.jpg

陽が長くなりました。
この時季出かける人はいない様で、のんびり稜線を楽しみながら歩きます。
ホカホカな早春の陽を浴びながら、汗ばむことさえ気持ちいい。


           20110227tarouyama0040.jpg
 壇香梅 (ダンコウバイ)の蕾もはちきれんばかり。

ところどころ残雪あり、ところどころ凍りあり、チョッピリな岩場は慎重に。。。
だあれもいない稜線歩きは、これまたいいもんだわ。


           20110227tarouyama0003.jpg


と思っていたら、あらま、おじ様が休んでいたので、逆にびっくり。
残雪にも足跡なかったし、どこから登ったのかしらね。。

お話を聞いて、またビックリ!

わざわざ、栃木から、、、!!!

前日独鈷山(ここも、よい山ですわ)に登り、、、
松代の国民宿舎(ここの温泉イイのよね)に泊まり、若穂太郎山(お○山ね)にお出でなさったらしい。

そう、わざわざ、前夜泊してのこの山!

かたや、私はというと
この時間じゃ、しかたないわね、ここしかないわよね、
あの岩の上でモーニングコーヒーだわ♪

意気込みが違うのでありますわ。

            20110227tarouyama0030.jpg

     だって、しょうがないじゃん、我家みえてますも?ん(ほれ、川の向こう側のあそこなりよ!)

                                    眼の前にはちょっぴり霞んだ北信五岳、春です。

まあ、この山には意気込みはいらないのよね。
おじ様ものんびり信濃の早春を感じたかもしれないし。 

ぽかぽかなお日様を浴びながら、岩の上でまったりし、、

まだ、凍りついた急斜面をドキドキ気分で下り、
家に着いたらまだ1時、昼食に間に合ったわ。

翌日は、冷たい風に雪が舞っていた。
春に行ったり、冬に戻ったり、、、

それでも長野の春はもうすぐそこ♪

  寒い寒いといっていた
 キンキンに冷えた朝が逆に恋しい今日この頃也。
Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。