• プロフィール

    kumi

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/04/27(Sun)

春爛漫、でもこれをやっちゃわないとね

200804270008.jpg
我が家の庭も一週間あたふたとしている間に
どんどん花の種類が増えちゃっていて、びっくりです。
このビックリは
一週間の間いかにあたふたとしていて、庭をゆっくり眺める時間がなかったのね
ってことですが・・・
鈴蘭がもう蕾になっていたのには本当におみそれしましただった。
200804270004.jpg
ライラックも、もうこんなになっていたのね。
スポンサーサイト
Home | Category : つぶやき |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/04/23(Wed)

春なのに

長野もやさしい春の色に包まれています
2008042200066.jpg

春霞の山の奥の方にはまだ白さを残した根子岳が見えます(見えるかな?)
2008042200055.jpg

さすがに24度近くまで気温が上がった昨日は半袖でも車に乗っていると暑かった。
ちょと仕事をサボってパチリでした。
Home | Category : 本のお話 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2008/04/20(Sun)

北信州も春爛漫

春ですね?。
長野の桜も満開、そして千曲川の土手は菜の花の黄色がとってもきれいですよ。
我が家の庭も春がやって来ましたよ
2008042000155.jpg

スノードロップ
まるで○○のように清楚なところが好きです
(○○にわたしなんて入れたらきっと後ろからケリを入れられそうだな、ヤバイヤバイ)
20080420000400.jpg


Home | Category : つぶやき |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/04/15(Tue)

今年お初のお花見山行

先週は、まだまだ冬の雪山の大迫力にご満悦。
そりゃ仕事が忙しくたって、ニンマリの一週間だった。

そして、また日曜日がやって来た。
本当になんて一週間って早いんでしょ。。。(う?ん、歳を取ると、崖を転がり落ちるようだぞ)
まあ、私の場合前回、または前々回(う?ん、歳を取ると、回顧的になるようだぞ)の山行の余韻に浸りながら週の前半をやり過ごし、、、
金曜日、又は土曜日になって、、、、
当日の朝になっちゃうなんてこともありだけれど(行きたい山が絞れない!)
さぁ?て、今度は何処いこうか、っていうまことに計画性の無い我が人生を
性懲りも無く歩んでおります。


今日の天気は朝の内は晴れだが、どうやら長野県全般的に曇り、夕方より雨。
昨日の予報では北の方から崩れる。

そっか、北を逃れれば天気は持つのね。。。。。。

今朝の天気予報は南から崩れる。

おいおい、どっちやねん!



まあ、南に行くほどの根性はないのですが。。。


そうだ!
福寿花が咲いているかもしれないぞ!

ってことで、まだ記憶に新しい山にまたまた行ってしまいました。
駐車場にやって来ると、あら、車が一台も無いわ。
この時期、登る人がいないんだろうか、、、
それとも8時にして私が一番乗り?



Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
2008/04/07(Mon)

今年も出会う事ができた、この景色に

えっと、売れない週刊誌なみにHPのレポアップが週遅れになってしまっている今日この頃でありますが・・・・・・・






私、生まれも育ちも長野であります。

そして、大人という言葉の広い広い範囲の後半。、
と言えば先輩方のひんしゅくをかっちゃうかもだけど。
う?ん、深く考えると、大人って定義は難しいなぁ。
いい歳こいているのに、っていうか、歳だけは怒涛のごとく積み重なっちゃっているのに、
いまだに未熟で、大人になりきれていないよな。
そんな困った私ではありますが。。。。。。。。。。。。。。。


まあ、人生いろいろってことで
冬季オリンピックの終わったあとに長野に戻ってきました。

そして、初めて登った山が唐松岳でした。
その衝撃は今でも忘れる事ができないんでありますが・・・・
その人その人の山の原点っていうのがあるとすれば
私の場合はやっぱり唐松岳ってことになるんでしょうかね。
それから今日まで季節を追う様に20回近くは足を運んでいる。
恐いめにもあいました
雨の日には、足元の花を愛でながら楽しんだこともある
ピークからの あの、景色が見たいだけに歩いたこともある
唐松山荘の裏手から見える剣岳が見たいだけで行ったこともある
唐松岳という山頂には全くこだわらず
こんなに楽しませてくれ、飽きない山も私の中では珍しいのよね。
山には人それぞれ相性があると思うけれど
やはり私の場合は好きな山の一つであります。

そして、2008年今年もこの山とどんなお付き合いが出来るか楽しみでもある。

2週間前に私の中の幕開けは曇りのモノトーンの八方池で始まった。
淋しげな雰囲気の山の表情を充分楽しんできた。

そして、4月6日の日曜日
って昨日じゃん。。。(呆けたんかいな)

あ?今年も、この山の晴れ姿に出会う事ができた。

もう、ありがとうって言うしかないのであります。



Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。