• プロフィール

    Author:kumi
    HPのプロフィールをどうぞごらんください

  • 最近のトラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/01/31(Wed)

武田菱ですよ

今日は棚卸があり(といっても私はなあんもしなかったけれど)会社でお弁当が出たので


遅く帰ったが、いつもより早めにゆったりできますね。


昨日は長野もとってもいいお天気でポカポカ


車のヒーターももちろんOFF。窓を開けて走ってました。


でもこのまま春に突入なんてことになると非常にヤバいですよね。


山のぼら?関係に限ってみても今年の夏山が大変なことになりそうですよ


山小屋の水がないんじゃあないかと心配ですね(もちろん下界もですけど)


もう春霞の日々になっちゃっているしさ


まだ1月これからに期待したいところですが・・・。


 

スポンサーサイト
Home | Category : つぶやき |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0
2007/01/28(Sun)

二日酔いの山歩きにならなくて、よかったなぁ

昨日は会社が終わってから、菅平まで行って来ましたよ。


3人がそれぞれ何気なく会社を出る(私は普通にですがね)


Aさんはいつも遅くまで残業する人なので、皆に訝しがられながらもうまくでて来た


ところが最後のKさんがなかなかでてきやしないじゃないの


社長に捕まったか?まずいんでないの?


と どたばたしながらも、会社の駐車場の暗がりにおばんとおっさんが集まり暗闇に消えていったのであります。


12月に定年退職されたOさんの送別会をやろうってことだからして


闇に消えても そこにはサスペンスのかけらもないんでありますがね。


自分たちで勝手に四天王と呼ぶ我がチームはなかなかの個性者ぞろいで


抜群のチームワークで仕事をこなし、おかげさまで私も楽しく仕事をすることが出来、感謝しておりますよ。


その四天王の一人、鬼クマ(サン)が12月で定年退職。


(四天王が3人になっちゃうとさ、三羽烏が3バカトリオになっちゃうんでないかという危惧もあるが)


でも鬼クマさんとは知り合ってわずか1ヶ月しかいっしょに仕事をすることが出来なかったのは本当に残念ですよ。もっともっと若いときから いっしょに仕事をしたかったですよ


仕事のできる、本当の大人なお方は、時には鬼にもなるのです。


でもごめんなさ?い!


 鬼クマなんて命名しちゃって。鬼でもかわいい鬼ですからぁ。


節分でもぜったい 鬼はぁ?外ぉ?!!!なんていいませんから!


いやあ?楽しいひと時でしたね?。


会社に何年勤めていたってこういう素敵な出会いは早々あるもんじゃあないですよね。


すてきなオヤジたちに乾杯!ですね。


そんなこんなで 気がついたら1時。


こりゃマジやばいぞ、と速攻で寝る(っていうか速攻で寝られるほどヨッパーになっていたってことか)


翌朝7時 宿の窓から根子岳の裾野に上がる大きな朝日に感動しながら


ヨシヨシ 二日酔いになっていないぞ!


気分は爽快だぞ!


キンキンの朝の菅平高原をお散歩する余裕ですよ。


 


 


 


 

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
2007/01/25(Thu)

今更ではありますが、気になるお年頃でもあります

今週は(っていうより、いつもかな)仕事が忙しく、連日残業で、筋肉痛も忘れて動き回っていたら


筋肉痛は完全にどっかへ行っちゃったようです。


筋肉痛は治るからいいけど、治らないものもあるのです。


1年を通して、お肌にとっては過酷な状況に自ら飛び込んでいっているので(ホントお肌に悪いよね)


シミ、そばかすが増えちゃって、困っちゃう。


ホンとは もうね、この歳だからさ、今更気にしたって遅いのよねと 開き直っていますが。


前の商売柄 マッサージクリームもクレンジングクリームも、パックもそしてお肌のマッサージの技術も一通り持っているのではありますが


まったくもって自分には活かしておりませんね。(宝の持ち腐れか)


でも唯一やっていることがありますよ(と威張ることもないけどさ)

Home | Category : つぶやき |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback0
2007/01/24(Wed)

ヤバいよ

筋肉痛がやって来た(平地でのスノーハイキングにもかかわらず)


仕事が忙しくレポUPに時間がとれず、こんな時間になってしまった。


しかも明日は休日出勤だ。


大丈夫ですか?私。


あっ でもいつもより30分オーバーなだけだった。


そんなにヤバくもないわけね。


安心して寝よっと。


ってことで


超手抜きブログでしたぁ。

Home | Category : つぶやき |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
2007/01/21(Sun)

スノーシューハイクの醍醐味を味わってきました

山のぼらーの方なら誰でもが同じ思いでしょうが


今度のお山のターゲットです


当初 日曜日の天気予報 雪マーク 


雪かあ、じゃあ展望より雪の降る中でも楽しめるあそこ(戸隠の奥社?自然園or近場の里山+温泉の二箇所を候補地に)


天気予報はやがて曇りマークからなんと晴れ間もでそう


そっか雪降らないんなら飯綱山をいつものコースではなく違う方から攻めるのもいいですよね


とりあえず戸隠方面に向かい天気を見ながら最終決定しましょ。


ということで会議はお開きになるはずだった


ところが


土曜日の夕方の天気予報では なんと 一日晴れマークが並んじゃった!



それじゃあ あそこに行くっきゃないでしょ!

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
2007/01/17(Wed)

いまこの本がおもしろい

ベッドに入って、寝る前のひと時 本を開かないと落ち着きません。


っていうか、何でもいいんだけど(山道具のカタログでもいいんだけど)


長年の習慣とは恐ろしいもので、枕元に本がないと 眠る体勢への序盤からつまずいてしまう。


まあベットで読むので、あまりにおもしろいと、


後1ページ、あと1ページだけってな調子でついつい夜更かしになっちゃいますが。


まあ最近はもっぱら山関係ですけどね


沢木耕太郎の「凍」を読んで、じゃあ本人の山野井泰史はその場面で何を感じていたのか


にとても興味を感じました。


                                                      140050


自らのクライミングを振り返った初めての自伝的記録!2002年秋、山野井泰史は、ヒマラヤの難峰ギャチュン・カンに単独登頂後、下降中嵐につかまり、妻・妙子とともに決死の脱出を試みて奇跡的に生還した。この衝撃的な生還を機に、自らのクライミングの半生を振り返り、難ルートから挑んだ高峰への思いを綴る。すさまじい登攀への思いと「日常」の生活も著わした、氏の再起への物語でもある。(山と渓谷社より)


 人生そのものがクライミングのためにあるような人ですが


自分の人生を突きつめていく姿はすさまじいばかりです。


そしてどんな過酷な状況でも 生きて帰ること に対する執念が心を打ちます。


 


それと対極のような本 


「梅里雪山」 メイリーシュエシャンと読みます (読めなかったよ) 


1991年、京都大学と中国の合同登山隊が、中国のチベット自治区と雲南省との境にそびえる梅里雪山(メイリーシュエシャン)6740メートルの初登頂を目指した。しかし、17人の隊員全員が死亡するという登山史上最悪の遭難となってしまう。日本の登山史上最悪の海外遭難をあらためて振りかえると共に、この遭難を通して見た梅里雪山、そしてその山を聖山と敬う山麓に住む人々の写真と文章で描きます。これまでの、そして、これからの海外遠征登山のあり方を考えさせられるエポックな1冊。(山と渓谷社より)


                    280650


山には登ってはいけない山がある。人間が踏み入れてはいけない領域がある。


おすすめ本です。(私の中のヒット作)


そんなわけで、最近睡眠不足です。

Home | Category : 本のお話 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2007/01/14(Sun)

今日は企画編じゃあないですよ


スノーシューの楽しさを これでもか、これでもかと連続企画でUPした後に


またまたスノーシューかよ!って声が聞こえてきそうな気もしますが


(ん?そんなことないって? よかった、よかった)


 


お正月に怒涛のごとく4日連続で行った後、ぱったりと途絶えてしまい


どうも体の調子が・・・、心の調子が・・・。


10日ぶりの山行はワクワク、ソワソワですね。(山中毒かしらん)


冬は特に北信が曇っていたり雪でも、中信や南信は晴れている可能性が大です。


今日も予報で確実に晴れだという東信を狙ってみました。


今年初めてキンキンに凍った空気をいっぱい吸ってきましたよ。


とっても寒かったけれど、気持ちのいい山歩きができました!

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
2007/01/13(Sat)

スノーシューの素晴らしさを見せつけちゃおう企画その6

さていよいよ最終回です。(ネタ切れ?)


まあ良く遊んでいるもんだとお思いでしょうが


3年間の記録を一挙公開しただけですから。


 


最後はやっぱり私の大好きな場所ですよ


1年を通して何時行っても、新たな感動をくれます。


そう


ってもうお分かりと思いますが


白馬八方編


私の少ない語彙では現せない程の絶景です

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2007/01/12(Fri)

スノーシューの素晴らしさを見せつけちゃおう企画その5

今日は久々に白馬村まで納品に行って来ました。


心配していた道路も白馬村の手前までは乾いていて、楽チン。


週末の雪で、白馬村も、雪の中でした。(40センチくらい?)


あいにく今日は曇り空で、白馬の山は姿を見せてはくれませんでしたよ。


気温も高めだった(白馬村で0度)ので、もやっとしていました。


いつもの納品先の他に今日は五竜スキー場のエスカルブラザにも納品したので


ついでにスキー場の様子を見たんだけど、積雪はたっぷりめ。


平日とはいえ、スキーヤー超少ないですね。


白馬村は特にオリンピックの後 (オリンピックの年には一般のスキーヤーが来なくて、大変だったようだし)深刻な程の不景気です。スキー人口の減少も追い討ちをかけていますがね。


今は中国とか、韓国のスキーヤーがとっても多いですよ。(団体さんですね)


と前振りが長くなっちゃったけれど


白馬ってことで、


白馬栂池&白馬乗鞍編


栂池スキー場のゴンドラリフトを乗り継いで行きます。


栂池はスノーシューにはもってこいのなだらかなところです。(自然園の上を歩くんだもんね)


天狗原エリアは確か3月ころにはヘリスキーが出来ると思います。


天狗原から、白馬乗鞍までの急斜面は雪崩の危険もあるようですが、天気が安定した頃だと大丈夫らしいですよ。

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
2007/01/11(Thu)

スノーシューの素晴らしさを見せつけちゃおう企画その4

さて、第4弾ともなると皆さんはちょっと食傷気味でしょうが


ガンガンいっちゃいますよ


だってHP更新するよりブログの方が楽チンなんですもん


おかげでHPのレポ(レポにはなっちゃあいないけどね)UPがはかどっちゃって・・・


ロビンちゃんじゃあないけど ウッシッシですね。


 


上高地編


このエリアはあまりにも有名ですよね


でもどうしても行きたくなっちゃいますよ


バリバリ山屋さんはそこがスタート地点なんでしょうが


私は一目奥穂の冬山ってものを感じたくて行きました。


ただアクセスがね


夏場でも気の抜けない道路を冬に行くってのはどうも二の足を踏んでしまって。


新島々から路線バスを利用しようと1月にいってきたが


あいにく長野は朝から大雪になり高速もスピード制限になり、着いたときにはバスは10分前にでた後でした。


それならと2月、南岳小屋管理人の坂本氏の「いっしょに行きましょう」ツアーに参加


このレポはHPにありますのでそちらをご覧くださいな。



Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2007/01/10(Wed)

スノーシューの素晴らしさを見せつけちゃおう企画その3

なんか見せつけちゃおうと思っていたのに


だんだんとこの際だから面倒になってほったらかしていた


過去の山行のHP更新をしちゃおっと(企画便乗ね)という要素が強くなってきちゃいました。


そうなるとこの企画はどこまでいくんだあ?って気がしますが。。。。。


まっ なんせB型ですから。


湯の丸山編


スキー場のリフトを使って(500円)超お手軽で、アプローチも短いまあ半日コースってところでしょうか。


そのわりには展望は素晴らしく、北アはもちろん、北信の山々、浅間山も眼の前だし、絶景の山といってもいいでしょうね。


スキーのついでに、登ってくる人もいました。


ただし、山頂直下はかなりの急斜面で、息があがります。


 

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
2007/01/09(Tue)

スノーシューの素晴らしさを見せつけちゃおう企画その2

久々に厳しい冷え込みでしたね


運転もスリップしないよう慎重に行きましたよ(昼頃には道路は融けていましたが)


明日はもっと冷えるみたい。


まあ時期的にはこれが普通なんですが。


さてさて、好評につき(勝手に決め込んじゃってるよ)


第2弾は戸隠編


このエリアは根子みたいな開放感や絶景の展望ということはありませんが


ほとんどアップダウンのない林の中を手軽にお散歩感覚で歩けるというコースです


牧場から奥社、鏡池、戸隠自然園、越水が原がコース整備されていて、(クロスカントリースキーのコースでもあります)大きな唐松の木に目印があるので初心者でも迷うことはありません


 

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment7  |  Trackback0
2007/01/08(Mon)

スノーシューの素晴らしさを見せつけちゃおう企画その1

スノーシューの話題でこのところ盛り上がりを見せているので


過去のスノーシュー山行から写真を引っ張り出してきました。


そして、雪船号でこれから楽しもうっていう人や(誰やねん?)


ワカンでバリバリ冬山挑戦か?でも雪山遊びも楽しそうっていう人(誰やねん?)


そんな方々にお送りしますよ


 


ぬくぬくなお部屋で楽しんでくださいね

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
2007/01/07(Sun)

ツルツル、テカテカですよ?

PC遊びをしていたら、たった今家の外で


ドカ?ン!というけたたましい音と供にクラクションの音が鳴り響いて止まらない


あわてて2Fに駆け上がり窓を開けたら、事故ったようですね


外に行ってみたら、どうやら隣の兄ちゃんちの壁に激突したらしく、


フロントが逆くの字に大きくえぐれていました(廃車だなあ)


兄ちゃんがボンネットをこじあけ、ようやくクラクションは止ったけど・・


怪我がなくて何よりだった。


兄ちゃん家の壁もかなり壊れていました


兄ちゃん家は今、改築の真っ最中で(兄ちゃんが仕事の合間に自分でやってます、内装から、大工仕事、車の修理まで、何でもこなすオールマイティな頼りになるお方)


壁も新しくなったばかりなのに・・・・大変だよな


今日は雪が、霙に変わり夕方には雨になっていた


冷え込んでツルツル、テカテカになっていますよ


明日の朝はかなりやばいですね


皆さんもこれからの時季運転には気をつけましょうね


私は明日は仕事だけど、納品はないのでよかった!


どうやら、警察がきたようです。。


 

Home | Category : つぶやき |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
2007/01/07(Sun)

へえ?知らなかったよ

坂本さんのブログより


白馬岳から唐松岳へと縦走して不帰の嶮(かえらずのけん)を通った人も多いと思います。
白馬鑓から天狗の頭、大下りを越えて ?峰・?峰・?峰 と続く不帰の嶮、
なんで ?・?・? なのか知ってますか?
確かに天狗の頭側から向かうと順番に ?・?・? なのですが、
実はその順番じゃなくて、形から名前が来てるんですよね。


ここクリックすると知らない人でもよ?くわかりますよ


ひとつお勉強になりましたよ


でもすごい絶景が広がってますね


私もまた行きたくなっちゃあうじゃあありませんか。


スノーシューでも楽しいんだよな


でも確かに坂本さんが言っているように、天気を選ばないとひどい目にあうところですよ


青空が出ていても強風で地吹雪状態


立っているのがやっとで、吹き飛ばされそうになり、、、トイレ小屋からっ撤退した経験アリですよ


 


 

Home | Category : つぶやき |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
2007/01/07(Sun)

やっと冬が来ましたね

すごい雪ですね。


まあ雪を待っていた方々は喜んでおられるかと思いますが


そう一時にどかっと降らなくてもいいのになあ って言うのが本音ですよね


5日に久々に息子が帰ってきて、雪のない長野にびっくりしていたのに


まさか雪かきをする羽目になるとは思ってもいなかっただろうな


戸隠では1度目の雪かきをしてからまた新たに40センチも積もったようですよ(小鳥の森情報)


 


 

Home | Category : つぶやき |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2007/01/04(Thu)

山三昧のお正月第4弾

ん?


暴走ってだれか言った?


とんでもない!


ほんの里山を楽しんでいるだけですよ。


でも昨日は本当に楽しかったなあ


あんなことは単独じゃあなかなか勇気が要りますからね(あのオバンあほかいなって)


一人の時はね、自然と一体になった気分で、しみじみと素晴らしさを味わっております(笑)


 

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
2007/01/03(Wed)

山三昧の正月第三弾

お餅を食べたら歩いてカロりーを消費しなくちゃいけませんよ!


でも今日は雲上散歩だったから、消費できたかしらん


ほんと、雲の上は素晴らしく、おとぎの世界に迷い込んだようだった。


20070103nekotake0002.jpg


スノーシュー最高!!!


パフパフ、がりがり、ホッホホホー!




Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment7  |  Trackback0
2007/01/02(Tue)

山三昧のお正月第2弾

昨日の飯綱山ではちょっとへばりました。


暑さのせいか?


う?んそれだけじゃあないような・・・


このところ会社でも以前のように運動(?)してないからなあ


これを解消するには歩くに限るとばかりに行って来ました。



大いばりは出来ませんが、


我が家から一番近い新規開拓したばかりの里山のこしき岩まで。


もう一度、登山道の確認(麓から眺めた時の、田子峰やだるま岩、こしき岩の位置とかね)もしたかったし。


久々の単独でもありました。


二人で歩く楽しさとはまた違った山歩きを楽しんできました。


大きな収穫もありましたよ。


山行のひとつの楽しみでもある、素敵な出会いですね


ユージンさん、前回私たちが下山に使った蓮台寺コースは実は恐ろしいコースだったんですってさ。


何事もなくてよかったですよオ?。


と引っ張っといてこれからHP作成です。

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
2007/01/01(Mon)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます


今年もよろしくお願いしますね


20070101.jpg


2007年 穏やかな元旦でしたね


山のぼら?の皆さんはどこでどんな初日の出を迎えたことでしょうか


私は・・・・・


どこで2007年の幕開けを迎えたっていいのさ!と


まあ手抜きを元旦早々しちゃいました。

Home | Category : 山行 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。